エゼルロハール

概要

カテゴリー地名
スペルEzellohar
その他の呼び名緑の築山(つきやま)(Green Mound)、コロルライレ(Corollairë)*1、コロン・オイオライレ(Coron Oiolairë)*2

解説

ヴァルマールの西門の前にある緑の築山。二つの木が生い育っていた場所で、近くには審判の輪があった。
二つの木が枯死した後も、その幹は今もここに残されているという。

The War of the Jewels』によると、エゼルロハールの名はヴァラール語のEzellōχārに由来する。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 二つの木の下に湖サイズのヴァルダの泉がいくつも置かれていたということは…この築山は庭園にあるようなものではなく、丘陵地帯くらいの規模があるのでしょうね。 -- 2018-10-18 (木) 00:54:33
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: