エステル

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルestel

解説

シンダール語で「望み(hope)」の意。
裂け谷で養育されていた頃のアラゴルン二世の幼名。彼の母ギルラインリンノドにも見える。アルウェン妃が今際のエレスサール王(アラゴルン)に呼びかけた最後の言葉でもある。

また、エアレンディルの星はギル=エステルと呼ばれた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アルダの叙事詩はこの語で始まりこの語で閉じられると言っても過言ではない。 -- 2015-01-14 (水) 04:26:34
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: