エケト

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルeket

解説

あやめ野の凶事の時に、イシルドゥアがベルトに携行していた短剣の一種。何の言語の言葉かは不明。

これはエケトと呼ばれ、一フィートから一フィート半*1の長さの先の尖った、突きさすための短く幅の広い剣の一種であった。*2

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おそらく短めのグラディウスのようなものがイメージされている記述。 -- 2016-02-16 (火) 21:10:31
    • つまりプギオ(pugio)ですね -- 2016-02-16 (火) 22:25:15
お名前:
Last-modified: