エオムンド

概要

カテゴリー人名
スペルÉomund
その他の呼び名東谷のエオムンド(Éomund of Eastfold)
種族人間ロヒアリム
性別
生没年不明~†第三紀3002年
不明(先祖にエオフォール
配偶者セオドウィン
エオメル(息子)、エオウィン(娘)

解説

ブレゴの三男エオフォールの子孫である、ローハンの軍団長。セオドウィンと結婚し、エオメルエオウィンの父となる。
マークの東部国境を任されていたが、大の好きかつオーク嫌いなため、国内に侵入して馬を殺したり盗んだりするオークのこととなると、怒りに身を任せ、危険を顧みずに突出する傾向があった。その結果、オークの小規模な一団を追ってエミン・ムイルの国境まで来たところを岩陰に隠れていた強力な部隊に奇襲され、殺された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • …もしかして、カッとなりやすいお方…?その後の奥方と子供達の二転三転する人生を考えると、もっと慎重になるべきでしたね、ダンナ☆ -- ぼめこ
    • 後に息子の方もカッとなって宮中でグリマを斬ろうとして逆に牢に入れられたりと、これはもう血筋だろうね。 -- 2020-09-07 (月) 13:00:09
  • 三國志とかでいう、猛将タイプの人だったんじゃないだろうか。 -- 2014-02-26 (水) 22:37:44
    • 馬超か -- 2020-09-07 (月) 20:25:27
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: