エオセオド

概要

カテゴリー種族地名
スペルÉothéod*1
その他の呼び名北方の騎馬民族(Horsemen of the North)

解説

ロヴァニオン北方にある、アンドゥインの水源付近の地名。またその地に住んでいた人間の民族で、ロヒアリムの祖先。北国人の生き残りであり、ロヴァニオン王家の末裔を自称していたという。
エオセオドの国主がレオド、またその息子のエオルであった。さらに祖先にはフルムガールフラムがいた。

エオセオドの国土

終わらざりし物語』によると、その国土は闇の森の北にあり、東西は森の川霧ふり山脈の間、南はアンドゥインの源流であるグレイリン長き源の合流点にまで及ぶ地域で、グレイリンと長き源の合流地点には、エオセオドが持つ唯一の城市が存在した。
ポーリン・ベインズが製作した中つ国の地図では、トールキンの指示でその場所にFramsburg(フラムスブルグ)と記されている。

エオセオドの歴史

第三紀1851年から56年にかけての馬車族の侵略によって、北国人は闇の森の東にあった故郷を失い、マルフウィニに率いられてアンドゥインの谷間に移住した。これがエオセオドの始まりであると言われている。エオセオドは1899年にカリメフタール王が馬車族を破った戦いや、続く1944年の馬車族の再襲来をエアルニル二世が破った野営地の合戦においてゴンドールの同盟者として戦い、その勝利に貢献した。*2
以来エオセオドはアンドゥインの谷間の中間地方(カーロックあやめ野の間)に暮らしていたが、人口の増加によって国土が手狭になったことと、伸長するドル・グルドゥアの影のため、アングマール滅亡後の1977年に族長フルムガールに率いられて、アンドゥインの水源の付近、霧ふり山脈灰色山脈が合流する一帯に再移住する。だが、それから500年あまり経ったレオドの時代には、この北方の国土も手狭になるほど人口が増加していた。

レオドの息子エオルは2510年のケレブラントの野の戦いにゴンドールの援軍として馳せ参じ、危機を救う。この返礼としてエオセオドはゴンドールからカレナルゾンの地を割譲され、そこに移住。ローハン(リダーマーク)を建国し、ロヒアリムと呼ばれるようになった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: