エアルニル二世

概要

カテゴリー人名
スペルEärnil II
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1883)~2043年(享年160)
シリオンディル(父)
エアルヌア(息子)

解説

ゴンドールの王
第31代
オンドヘア
1936~1944
第32代
エアルニル二世
第三紀1945~2043年(98年間)
第33代
エアルヌア
2043~2050

テルメフタールの子孫であるシリオンディルの息子。ゴンドールの将軍であり、後のゴンドール32代目の王。剛勇の人物だが、思慮分別を持ち合わせる賢明な人物でもあった。

ゴンドールが北から馬車族、南からハンド人とハラドリムに攻撃された時、南軍の将軍であったエアルニルは1944年に南イシリアンポロス川を渡ってきたハラド軍を粉砕してから軍勢を北に反転。既に勝利を収めたと思って油断していた馬車族の本営を襲ってこれを撃破、ゴンドールを救った。

当時のゴンドール王オンドヘアはこの戦いで息子達と共に死んだため、オンドヘアの娘フィーリエルを妻としたアルセダインアルヴェドゥイがゴンドールの王位を要求した。しかし当時、アルセダインの国威がゴンドールに比べると非常に小さなものになってしまっていたため、アルヴェドゥイの要求は執政ペレンドゥアを中心としたゴンドール人によって拒否された。結果、ゴンドール王家の出であるエアルニルが王位を要求し、これにゴンドール国内のドゥーネダインが同意、1945年にエアルニルはゴンドール32代目の王エアルニル二世となった。
だがエアルニル及びゴンドールと、アルヴェドゥイ及びアルセダインの関係が険悪だったというわけではなく、エアルニルは自分がゴンドールの法と必要に従って戴冠したことをアルヴェドゥイに知らせた。そしてその際に以下の言葉を伝えた。

『しかし予はアルノールの王権を忘れるものでもなく、またわれらの血族関係を否定するものでもない。またエレンディル両王国が疎遠であることを願う者でもない。予は貴国が必要とされる時には、可能な限り、援軍を送るつもりである。』*1

この言葉通り、エアルニルはアングマールに攻撃されて滅亡寸前だったアルセダインとアルヴェドゥイを救援するため、息子のエアルヌアが指揮する軍勢を灰色港に派遣した。彼らがアルセダインとアルヴェドゥイを救出するには到着が遅すぎたが、この軍勢のお陰でアングマールエリアドールより駆逐された(フォルンオストの合戦)。

ゴンドールの王冠は、エアルヌア魔王との一騎打ちに旅立つとき、エアルニルの亡骸の膝の上に置いていったという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この人がアルヴェドゥイに王位を譲っていれば、一体どうなったのだろう・・・ -- 2010-12-07 (火) 03:15:32
    • 全デュネダインが団結してアングマールを打ち破り、一時的な平和が訪れる。しかし数百年でまた王国が分裂してしまうのではないでしょうか。魔王も斃すことはできないでしょうから。 -- 2011-07-31 (日) 04:55:17
    • 結局原作と同時期にサウロンが復活し、指輪戦争が起こることは避けられないように思います。 -- 2011-07-31 (日) 04:57:07
      • それでも原作よりかは北方王国や南方王国のドゥネダイン達にも力が残されていてより強力にフロド達を支援で来たでしょう。 -- 2011-08-02 (火) 10:39:01
    • アルヴェドゥイに後のアラゴルンほどの才覚と人望あるいは長期的視野がなければ、一時的には統一国家の王にはなれてもすぐにまた分裂したと思う。実際アラゴルンの王位継承に抵抗したのは事実上デネソール1人だけでその後は国民に大いに支持されたのに対し、この時はペレンドゥアだけではなくゴンドール国民の大半が拒否している。仮にエアルニルが辞退していたとしても長くはもたなかっただろう。そもそも実績もなく単にフィーリエルの夫と言う立場を利用して棚ぼた式に王位を要求した点が戦勝将軍エアルニルに劣ると国民に判断されたのであり、先にサウロンを滅ぼして実績をあげた上で王位に就いたアラゴルンと比較しても小物臭を感じる。 -- 2015-08-08 (土) 01:58:45
      • マルベスは「ドゥネダインは一つの選択をすることになりましょう。その時かれらが見込みがうすく思われるほうの選択をすれば、その時はお子がお名を変えられ、大王国の王となられましょう。もし然らずば、その時は多くの悲しみが生じたくさんの人命が失われることになりましょう。」と予言したわけですから、アルヴェドゥイが上級王位を復活させていれば上の方が仰るように北方王国が荒廃し南方王国の王統が途絶える事態は避けられたと思われます。王位を要求した状況を理由にアラゴルンとの優劣を論ずるのは不適切でしょう、アラゴルンは空位を要求したのであり時間に余裕がありましたが、アルヴェドゥイは新王選出も北方滅亡も逼迫した状況だったのですから。 -- 2015-08-08 (土) 02:21:20
  • 結局この人の家系も2代しか続かなかったことになるのか・・ -- 2015-02-17 (火) 15:53:27
    • いわゆる「エアルニル朝」も僅か105年。こんなことなら最初から王位を譲っていれば・・と後世からみると思ってしまう。 -- 2015-12-08 (火) 15:34:19
  • 果たして長い間交流が絶たれた二つの国が何の問題も無く一つにまとまるのだろうか・・・いつの時代もゴンドールは東夷や海賊、ハラドリム達の為に東と南を注視する必要があったというのに北のアングマールまで対策を採る余裕があったのだろうか。仮にエアルニルが提案に同意したとしてもあまり良い未来があったようには思えない。 -- 2018-12-17 (月) 00:54:44
    • 上の人の意見に同意。マルベスの予言はあくまで北方王国から見たときの視点(悲しみや虐殺の回避)ではあってゴンドールの為のものではなさそう。アルヴェドゥイが統一王国の王になっていたとしても北方政策に耽溺した結果、不満を覚えたゴンドール人が担いだエアルヌアあたりに反乱を起こされ、更なる悲劇が近いうちに起きそう -- 2018-12-17 (月) 06:54:55
    • ゴンドールの一派遣小隊で駆逐できるほど、アングマールの国力はゴンドールと比べれば小さかったわけですから、仮に即位したアルヴェドゥイが北方政策に注力したとしてもゴンドールのさしたる負担にはならなかったでしょう。 -- 2018-12-17 (月) 15:11:42
      • 実質的な負担になる、ならないという問題よりも、「よそ者」が自分達の上に君臨し、更に自分達の税金や軍隊、国力を費やして自分達には関わりがない(と思われる)北方政策をすることにゴンドールの支配層も被支配層も決して納得しないのでは?という話です。事実、叡知と武勇を兼ね揃えたエアルニルが、「一派遣小隊」を派遣するのにすら30年かかっています。しかも友邦の滅亡は防げませんでした。これは当時のゴンドールにも解決または対応しなければならない国難が山積みであったことを意味します。そんな状況で、先ほど書いたアルヴェドゥイの支配と政策を受けることになるゴンドールは間違いなく「反乱」を起こすでしょう。エアルニルが即位を受けたのも、そうした決定的な分裂を避けるためだったのでは。 -- 2019-10-23 (水) 08:00:17
  • 史実のローマは共和政時代から巨大な国という認識があったろうし、東方・西方両正帝が1つのローマを支配しており、2人いるのは負担を減らすためである(事実1度は1つの皇帝にまとまっている)という認識があったようだけどこの2つは違うしなあ……ぶっちゃけキプチャク・ハン国の王族を元の皇帝に据えようとしているのと同じでは? -- 2019-11-10 (日) 04:05:21
  • ゴンドール有能ランキングを作ったら、間違いなく最上位ランクに食い込む凄いお方。でもその彼の約100年にわたる統治をもってしても、友邦アルセダインの滅亡は防げなかった事からしても、予言者マルベスには悪いがアルセダインの最期は不可避だったとしか思えんわ。 -- 2020-12-16 (水) 14:21:40
  • 中つ国の歴史では珍しい有能な統治者。なお息子。 -- 2021-01-15 (金) 07:56:54
  • 彼と息子の物語はマヌエル2世パレオロゴスを彷彿とさせる。しかし、彼ほどの賢明な人物が息子の器を見誤るとも思えないから(自らの事後王朝がどうなるかは危惧していたはず)、彼が王位を要求したのは余程苦悩した上でやむ無しとの決断だったのかもしれないな。案外、アルヴェドゥイの王位要求を聞いて「なんでそんな下手くそで最悪な分裂を決定づけるようなやり方をするんだよ」「俺があんたならもっと上手くやるぞ」と頭を抱えていたりして。 -- 2021-02-13 (土) 09:52:14
  • 彼が息子に「魔王には手を出すな」と遺言しなかったのが惜しまれる。もしかしたら上記のマヌエル2世のように息子の気性については諦めの境地に至っていたのかもしれないが...。(マヌエル2世も生前は自国である最末期ビザンツの延命のために最善をつくし、トルコとの宥和と謀略に努めたが武断派の息子には「(私が死んだら)お前の好きなようにやりなさい」と諦めとも取れる遺言を残しています) -- 2021-02-13 (土) 09:58:45
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: