エアルウェン

概要

カテゴリー人名
スペルEärwen
その他の呼び名アルクウァロンデの白鳥乙女(the swan-maiden of Alqualondë)
種族エルフテレリ-ファルマリ
性別
生没年
オルウェ(父)
兄弟男兄弟が複数いたようだが詳細は不明
配偶者フィナルフィン
フィンロドオロドレスアングロドアイグノール(息子)、ガラドリエル(娘)

解説

名はクウェンヤで「海の乙女」の意。オルウェの娘。エルウェ(シンゴル)の姪にあたり、星の光のような銀の色(starlike silver)*1と形容される銀髪を持つ。フィナルフィンの妻となってフィンロドオロドレスアングロドアイグノールガラドリエルの母となる。
フィンロド及びその弟妹は、エアルウェンの子供であったがゆえにシンゴルにとっては縁者(姻族)となる。そのため「同族殺害」の事実が判明した後も、彼らはノルドールの中では例外的にドリアスへの往来を許された。

コメント

コメントはありません。 Comments/エアルウェン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: