ウルク=ハイ

概要

カテゴリー種族
スペルUruk-hai
その他の呼び名ウルク(Uruks)
大オーク(Great Orcs)
戦闘部隊ウルク=ハイ(the fighting Uruk-hai)

解説

暗黒語で「オーク族」の意*1。だがこの語は普通、第三紀に現れた大型の兵隊オークのことを指す。普通のオークよりも大柄で、太陽の光に対する耐性があり、力も強かった。
モルドールサウロンの軍勢と、アイゼンガルドサルマンの軍勢とにそれぞれ見られたが、どちらかが起源なのか、あるいは別種なのかは不明。

「夜明けがどうした?」かれらは嘲っていいました。「おれたちは戦闘部隊ウルク=ハイだ。おれたちは夜であろうと昼であろうと、天気がよかろうと嵐になろうと、戦いを止めないぞ。おれたちは殺しに来た。日の光だろうと月の光だろうとかまうことねえ。夜明けがどうした?」*2

モルドールのウルク=ハイ

「大力の黒オーク(black Orcs of great strength)」「モルドールの黒いウルク(black Uruks of Mordor)」とも呼ばれる。
かれらは第三紀2475年、執政デネソール一世の時代にモルドールから初めて現われてゴンドールを襲った。この戦いでオスギリアスは廃墟と化した。2901年にはウルクの襲撃を受けて、イシリアンから住人の殆どが逃げ去った。

モリアマザルブルの間指輪の仲間を襲撃したオークにはモルドールのウルクも混じっていた。また、フロドサムはモルドール国内でオークの行軍を指揮するウルクの奴隷監督や、バラド=ドゥーアから来た重武装のウルクの部隊と遭遇した。

アイゼンガルドのウルク=ハイ

「アイゼンガルド組のオーク(Isengarders)」「白の手組のオーク(Orcs of the White Hand)」とも呼ばれる。
彼らの武装は通常のオークとは全く異なるもので、広刃の短い剣と、人間の物と変わらない大きさの水松樹の弓*3で武装し、盾と兜には白の手や白いルーン文字のSといったサルマンの印を帯びていた。

その存在が外部の者にはじめて確認されたのは大いなる年(3018年)に入ってからのことで、ウグルクに率いられた部隊がサルマンの密命を帯びてパルス・ガレンにて指輪の仲間を襲い、ホビットアイゼンガルドへ連れ去ろうとした。
かれらの姿はアイゼンの浅瀬の合戦角笛城の合戦でも見られたが、おそらく他のオークと同様フオルンによって殲滅されたものと思われる。

木の鬚などは、太陽の光に影響されない彼らをサルマンによって堕落させられた人間か、妖術でオークと人間を掛け合わせた存在と推測した。
半オークとの関係は不明だが、同一の者として扱われていると思しき箇所もある。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

主にアイゼンガルド軍のオークとして登場。アイゼンガルド地下の泥の中から膜に包まれた状態で生み出される。肌は赤黒く、筋骨隆々で大柄。
アイゼンガルドで製造された武具を帯び、白い手形(白の手)を甲冑や顔に付ける。盾や旗印にも白の手が描かれている。
映画オリジナルキャラクターであるラーツが登場する。

グッズ

ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

樽に入った泥の中で培養され、大量に生み出されている事が示唆されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ウルクがウルク=ハイと同一なのか別モンなのかハッキリしないんでしたっけ -- 2019-07-08 (月) 00:19:04
  • 教授本人の草案だと半オークやオーク人間をヒントにウルク=ハイをサルマンが考案したと思われる節があるが ウルクがモルゴスの頃からいる事も匂わせており SOW等ではモルゴスのアーチャー等 そういった設定を反映したウルクも出てくる 半オークやオーク人間が オークとウルクどちらと人間の混血なのかはハッキリしない -- 2019-09-29 (日) 10:39:03
    • ウルクがモルゴスの頃からいるって、ソースは何ですか?教授はそんなこと書いてないと思いますけど。 -- 2019-11-25 (月) 22:03:17
  • 第三紀に現れたか 結局 個人的にはシャドウオブウォーみたいにモルゴスの頃からウルクはいたって派だけど -- 2019-10-20 (日) 16:37:28
  • その他の呼び名の所にホブゴブリンを追加してはどうかな? -- 2019-10-20 (日) 16:39:06
  • シャドウオブウォーの所にモルゴスの弓みたいに第一紀からいたという設定は本作独自のモノなのか それとも教授の談的にそういう受け取り方もできると見るべきか -- 2019-11-25 (月) 02:48:42
    • 教授の書いたものにそういう記述はないです。SoWのオリジナル設定かと。 -- 2019-11-25 (月) 22:03:31
      • HoMe10巻 -- 2019-11-26 (火) 00:53:47
    • モルゴスの頃にウルク=ハイの原型となる存在は既に至って解釈くらいの方が良さそう ウルク=ハイを創ったのはオログ=ハイと同じくサウロン サルマンはそれをアイゼンガルドで更に改良しただけと -- 2019-11-26 (火) 03:18:37
      • モルドール(サウロン)の黒ウルクと違ってサルマンの創った白ウルクは人間ベースなんだっけ? サウロンに完全には従わないウルク=ハイが造りたかったのか -- 2020-03-06 (金) 11:38:27
  • 映画でも樽から産み出されて無かったか? -- 2019-11-25 (月) 02:50:27
  • オログはサウロンが作ったと断言してるんだから ウルクも普通に考えてサウロンだと思う -- 2019-12-04 (水) 09:12:08
    • オログでなくオログ=ハイね -- 2019-12-04 (水) 14:42:05
    • オログって普通に作品でも呼んでるがな -- 2019-12-04 (水) 17:40:09
  • 原作の、「俺たちは戦闘部隊ウルク=ハイだ!」というあったま悪そうなセリフが体言する、彼らの自分達への子供じみたプライドが地味に好きだ。ラーツが代表する映画版のウルク=ハイのおどろおどろしいカッコよさも良いものだけどね。 -- 2019-12-04 (水) 13:04:12
  • ホビットの冒険にてホブゴブリンという表記で既に先行投入?されてたみたいですけどね 死人占い師(サウロン)の息のかかったモリアのゴブリン(オーク)軍大柄の指導者ボルクとその屈強な親衛隊(bodyguard of bolg)とかまさに ガンダルフの発言やモリアにウルク=ハイがいるの知ってて言ってますし -- 2020-03-06 (金) 11:36:21
  • 既にやってたとかそうとも取れる文がHomeにあるにせよ メルコールがオークの改良に乗り出さなかったのは失敗作であるが故に事が成せば皆殺しにする気だったのと当時はバルログや竜といった強大な配下 人間の大半を支配下に収めており ウルク=ハイ作らなくても人間で事が足りた事とか 何より自分が強大な力を持ってたという事が大きそうですね 勢力的な 最盛期と 単純な力の最盛期の時期はむしろ逆とはいえ -- 2020-03-12 (木) 06:20:22
    • そもそも第一紀で相手にしなきゃならないのって上のエルフとか人間の英雄達とかノルドールの大軍だしなー。オークを多少強化しても第三紀みたいな活躍は望めないでしょうしね。それくらいならこの方の意見のように精鋭はバルログや竜に任せて、オークはオークのままひたすら大量生産する方が効率良さそう。 -- 2020-03-12 (木) 08:17:25
      • 映画版みたいなメスを必要としない生産法ならむしろこっちの方が効率良さそうな...ウルク=ハイは日光の元で活動できるとか 精神的にもガイジな山賊みたいな不利になれば逃げ出すのから死を恐れない北欧戦士同然の屈強な戦士達をになってるよで多少所ではないとは思ますがね。やっぱり竜とか最高傑作に比べるとオークだとかトロルだとかは半ば失敗作でしかなく 事が成就すれば絶滅させる気だったと教授が書き残してるので効率どうこう以前にやる気がなかったと見るべきでは?ウルクハイの代わりなんて人間の属国兵や奴隷にやられせりゃ良さそうですし -- 2020-03-12 (木) 09:53:25
      • まあ、あの面構えを見れば、敵味方問わず、殺意を抱かずにはいられない訳だし(笑) -- 。 2020-03-12 (木) 22:12:13
お名前:
Last-modified: