イルーヴァタール

概要

カテゴリー人名
スペルIlúvatar
その他の呼び名エル (Eru)
唯一なる神、至上神 (the One)
種族唯一神
性別
生没年不明
なし
兄弟なし
配偶者なし
エルフ人間

解説

クウェンヤで「万物の父(Father of All)」の意。唯一神エル*1のこと。繋げてエル・イルーヴァタールとも呼ばれる。全能神であり、万物の創造主。
アイヌアは彼の思考から生まれた者達で、またエルフ人間彼の子らにあたる。アルダ(地球)は彼が示した主題にアイヌアと子らが参画することによって創造され、紡がれているものである。

「すでに汝らに明かせし主題により、われは汝らが調べを合わせ、大いなる音楽を作らんことを望む。われは汝らに不滅の炎を点じたり。故に、汝らそれぞれに、思いを尽くし、工夫を尽くし、持てる力を尽くしてこの主題を飾るべし。われはここに坐して聞き、汝らの力により、大いなる美が目覚めて歌となるを喜ばん」*2

万物の父

世界が始まる前、イルーヴァタールは時なき館においてアイヌアを生み出して不滅の炎を与えると、かれらに「主題」を示して創世の音楽(アイヌリンダレ)を奏でさせた。メルコールが起こした不協和音のために音楽は三度の変更を余儀なくされたが、その度ごとにイルーヴァタールは新たな主題を示し、三つ目の主題は不協和音をも取り込んで一つの音楽となって終わった。

するとイルーヴァタールは、音楽が実はアルダ(地球)の姿とその歴史を形作るものであったことを明かし、虚空不滅の炎を送り出してエア(世界)を創造する。そしてアイヌアの中で望む者はエアに入って実際にアルダを創造することを命じた。(ヴァラールマイアール

さらにアルダで生を受ける存在としてイルーヴァタールの子らを生み出し、エルフには世界の圏内で最高の美を案出する能力(「不死性」)を、人間には世界の運命に束縛されない自由(「死すべき運命」)を、それぞれ贈り物として与えた。これにより、アルダの創造は細部に至るまで完遂されるのだと言われている。
世界が終わり、子らも参加して第二の音楽が奏せられた暁には、全ての者達の思いに対して不滅の炎が与えられるという。

アルダへの介入

エアの創造以後、アルダの管理と発展はヴァラールの采配と子らの働きに委ねており、アルダの内側にいる者達からはイルーヴァタールの意図は隠されている。だがヴァラールの内でマンウェのみは、自らの心の奥深くに呼びかけることでイルーヴァタールの声を聞くことができた。

ドワーフの誕生】
子らの目覚めを待ちきれないアウレが独断でドワーフを作り出した時、イルーヴァタールは自らアウレに語りかけてその真意を問い質した。アウレが恭順を示してドワーフの父祖たちを打ち壊そうとし、それに父祖たちが怯える様子を見せると、イルーヴァタールは憐れを催してアウレを赦し、ドワーフをアルダの住人として嘉納した。そのためドワーフは「イルーヴァタールの養い子」とも呼ばれる。しかし「最初に生まれた者たち」であるエルフより先にアルダで生を受けることは許さず、しかるべき時が来るまでドワーフたちは眠りに就かされた。
「天地創造の時、アイヌアの考えにわれが存在を与えし如く、われは汝の願望を取り上げ、世界の中に場所を与えたり。されど、汝の製作物にわが手を加うることはせず」*3
エント大鷲の到来】
ドワーフの一件を知ったヤヴァンナは、彼女の愛するオルヴァール(植物)ケルヴァール(動物)子らにほしいままに虐げられるのではないかと危惧し、マンウェに相談した。マンウェが黙想していると、イルーヴァタールはマンウェの心の内に語りかけ、再びアイヌアの歌の光景を幻視させると、子らが目覚める時にはエント大鷲もまたアルダで生を受けることになっていると告げた。
「汝ら、ヴァラたちよ、汝らの中には、かの歌声のすべてを、いと小さき声に至るまで、われが聞かざりしと思う者ありや」*4
エルフの救出】
中つ国エルフ族が目覚めると、メルコールはかれらをウトゥムノに連れ去ったり、影の精を送り込むなどして害をなした。このことをオロメの報告で知ったヴァラール審判の輪に集い、いかに対処すべきか合議した。最後にマンウェが心の内に問いかけると、イルーヴァタールは以下のように答えた。これにより力の戦いが起こった。
「われらは、たとえいかなる犠牲を払おうと、もう一度アルダの支配権を手に入れ、クウェンディをメルコールの影より救い出すべきである」*5
ベレンルーシエンの復活】
ベレンが死んだ時、ルーシエンは彼の後を追ってマンドスの館に至り、子らの受難を哀歌にして歌ってマンドスの心を動かした。マンドスはマンウェに相談し、マンウェは心の内にイルーヴァタールの啓示を求めた。結果、ルーシエンにはエルフ人間いずれの運命に殉じるか選択が与えられることになり、ルーシエンはベレンと共に人間として生きて死ぬことを選び、共に中つ国へ戻って暮らした。この二人の結びつきから半エルフの血脈が生じた。

ヌーメノールにおける崇拝と没落

ヴァラールから直接教えを受けた上のエルフを除けば、イルーヴァタールの存在とその意味を正しく理解している者はほとんどいない。中つ国の民にとってはヴァラールの方がより身近かつ崇拝すべき対象であり、しばしばヴァラールは「神々」と誤って呼ばれる。
一方、ヌーメノール人はヴァラールが遣わしたマイアール上のエルフから教えを受けたため、ヌーメノールではイルーヴァタールが唯一神として崇拝されていた。メネルタルマの頂上はイルーヴァタールに捧げられた聖所とされ、そこでは年に三回、国民が集まって礼拝が行われた(エルキエアメエルライタレエルハンタレ)。

だがヌーメノールが堕落するにつれて祭祀はなおざりにされた。やがて島にやってきたサウロンはイルーヴァタールの実在を否定し、メネルタルマへの参上を禁ずる。とはいえサウロンといえどもイルーヴァタールの聖所をあえて穢すことはできなかったという。

第二紀末、堕落の極みに達したヌーメノール人は人間には与えられていない「不死」を奪い取るためにアマンへ侵攻する。この事態にヴァラールアルダの統治権を返上し、それを受けてイルーヴァタールはアルダの構造を根本から作り変えた。平面であった地表は球形となり、ヌーメノールの島は覆されて大海に没し、アマンは地上から取り除かれて世界の圏外に移された(世界の変わる日)。

指輪物語』において

「その背後には、指輪の造り主の意図をも越えた、何か別のものが働いていたじゃろう。こういえば一番はっきりするだろうか。ビルボはその指輪を見つけるように定められていた(﹅﹅﹅﹅﹅﹅﹅)、ただし、その造り主によってではないと。そうだとすれば、あんたもまたそれを所有するように定められている(﹅﹅﹅﹅﹅﹅﹅)ことになる。ことによるとそう考える方が元気づけられるかもしれない。」
「そんなことないです。」と、フロドはいいました。「もっともわたしには、あなたのおっしゃることがよくわかってないのかもしれませんが。」*6

終わらざりし物語』によると、第三紀ヴァラールイスタリ中つ国に派遣する際にも、マンウェはイルーヴァタールの言葉を仰いだのだと言う。

また、本文で明確にされているわけではないが、山頂の闘いで力尽きたガンダルフを「白のガンダルフ」として蘇生して送り返したのはイルーヴァタール自身であったという。

備考

トールキンは敬虔なカトリックであり、イルーヴァタールはキリスト教の神と同一の存在だとしている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 少なくとも人間もう駄目だって言って洪水で帳消しにするような神ではない。 -- 2017-07-14 (金) 10:07:09
    • 作者的にはその神と同一の存在なんだが。 -- 2017-12-27 (水) 22:27:46
    • ヌーメノールを沈めてるんだが。第一、その洪水だって人間を罰するためであって自分の行いを帳消しするためにやったことじゃない -- 2018-03-20 (火) 00:44:50
  • 旧約聖書から -- 2017-12-27 (水) 21:12:12
  • トールキンはカトリックですが、主とイルヴァタールを同一視していました。ですが神の他に神なしといった保守的な思想の持ち主ではなく、様々な役割を持つ力ある神々や精霊たちは存在すると思っていたのでしょう -- 2018-02-25 (日) 19:41:47
    • 時代を考えれば、割と柔軟な考えを持ってたのね -- 2018-02-26 (月) 04:17:46
    • え?イルヴァタール以外の全ては神のように見えるが神ではないという設定なんでしょ? これは多神教に見えるものは人間の思い込みで、真実は一神教なんだよ、と言う多神教否定以外の何者でもないしょ -- 2018-12-27 (木) 01:45:49
      • 本当の意味での神ではないかも知れないけど、個々のアイヌアの神性は否定してないよ。「神じゃないから敬わなくていい」とは言ってないし、むしろその逆で神でなくても高位の存在ならばそれは尊ぶべきものだって考えてたように感じるが -- 2019-01-13 (日) 20:16:34
  • 最後の備考欄はどこからの参照かわかる方いますか? -- 2018-03-19 (月) 22:35:57
    • 『或る伝記』からそう読み取れたと思います -- 2018-03-19 (月) 23:16:06
    • 「ミルトン・ウォルドマンへの手紙」からもそう読み取れますね。 -- 2018-03-20 (火) 18:27:50
  • アレ?結局 ヒューマンはドワーフの前でエルフに継ぐ2番目なの? -- 2019-08-11 (日) 09:31:47
  • え?ドワーフの後だと思う(シルマリル) -- . 2020-04-13 (月) 23:08:10
  • 人間はイルーヴァタールの実子としては二番目、途中にドワーフが養子として組み込まれたため厳密には違うけどイルーヴァタールの子としては三番目ですね。 -- 2020-08-30 (日) 21:28:10
    • ヴァラールが直に作った種族までカウントしちゃうとエントや鷲までイルーヴァタールの子になっちゃうのでは? -- 2020-09-01 (火) 02:46:29
      • これ書き込む前にかなり悩んだんですよね。ドワーフはエルフと人間の目覚めを待ちきれなかったアウレが自分にとっての「イルーヴァタールの子」として作り出し、「養い子」と明記されてるのに対して、エントと大鷲はあくまで願いのみから生まれている(大鷲のページでは精霊と動植物の交わりにより生まれたとも)ことから区別できると判断しましたが確証はありません -- 2020-09-01 (火) 19:59:06
      • 細かく云えば、エルフと人間は肉体的にはほぼ同じで霊的な部分のみ差別化されているそうです。(自分は翻訳者ではないので完全な確認は勘弁)ハーフエルフの事例など見るに不死などはイルーヴァタールとの契約(エルフとして生を受けるか人間として生を受けるか)によるところ大な様子。なので生物種としてのイルーヴァタールの子はエルフと人間の2種が基本なのかも知れないと考えました。 -- 2020-09-01 (火) 20:21:48
  • エル・イルーヴァタールはなぜ人間やエルフを創造したんでしょうか。アイヌアだって自分の子に等しいんだからわざわざ作る必要なかったよね? -- 2020-10-24 (土) 10:11:02
    • 全体的には音楽を作ろうとしているっぽいけどなぜアイヌアでは足りないのかはよく分かりません。ただ、メルコールの反乱すらエルの計算のうちみたいなので、一般にアイヌアはエルの予想の範囲内にとどまり、人間はそれを超えるの自由意志があるのかも(エルフはどういう立ち位置なのか) -- 2020-10-24 (土) 11:51:29
      • 悠久の時を持て余してて暇つぶしに作ったとか? -- 2020-10-24 (土) 12:15:59
      • エルは全知全能なので、アイヌアの音楽を越えてゆける人間も含め、全ては手の内です。そもそも人間はエルの第3主題から発生した存在ですし。 -- 2020-10-24 (土) 21:00:30
    • アルダ(地球)は彼が示した主題にアイヌアと子らが参画することによって創造され、紡がれているものである。って解説に書いてあるじゃない。ちゃんと読もうよ。 -- うああ 2020-10-24 (土) 12:27:30
  • そもそもアルダを創造しようとした理由が知りたい -- 2020-10-24 (土) 14:10:39
    • 考えてみたのですが、(1)繁殖のため(人間→胞子として虚空にまいて運良く育ったら儲けもの。 ヴァラール→幼生としてある程度発生が進んだやつらで出来の悪いのは間引き。) (2)大叔母様など身内を喜ばせるため。 (3)アルダを創造しようとした夢を見ていて今さっき目が覚めたところ 。-- 2020-10-25 (日) 00:06:15
  • ホビットって人間ではないんですよね?イルーヴァタールによって創られたのでしょうか? -- 2020-11-05 (木) 21:06:23
    • 人間の一氏族なのは確定しているんだそうです。詳しい経歴は不明だとか。個人的な推測ですが特殊な才能か特徴のあった人間から徐々に別種族化していったのがホビットだとか? -- 2020-11-05 (木) 21:15:47
      • ありがとうございます! -- 2020-11-05 (木) 21:46:14
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: