イルマリン

概要

カテゴリー地名
スペルIlmarin

解説

クウェンヤで「空高く聳える館(mansion of the high airs)」の意。ヴァリノールオイオロッセ山頂にある、マンウェエルベレスの宮居。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Tolkien Gatewayの情報だが、書籍『The Road Goes Ever On』の教授自身の解説によるとイルマリンはdomed hallsであるらしい。恐らくだか全ての館のオリジナルにあたるエルの時なき館のメインホールが屋根が丸い円形の広間なのではないか。。それが模倣されてヴァラール式の建築様式に丸屋根が多く見られるのでは。 -- 2019-03-21 (木) 22:24:31
    • イルマリンの場合の丸屋根は蒼穹を表現したものではないかと思います。 -- 2019-03-22 (金) 17:40:49
    • 第一期末にエアレンディルがマンウェの御前に出頭した際に通され、その後ヴァラールが半エルフらの処遇について会議していた場所が、マンウェとヴァルダの玉座の間である大広間であり、そこの天井がドーム状になっているというイメージです。(フェアノールとフィンゴルフィンが和解した、祝祭を催していた会場は宴会用の別の広間と推測。) -- 2019-03-22 (金) 21:57:58
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: