イムラゾール

概要

カテゴリー人名
スペルImrazôr
種族人間ヌーメノール人
性別
生没年第三紀(1950)~(2076)(享年126)
配偶者ミスレルラス
ガラドール(息子)、ギルミス(娘)

解説

ベルファラスに定住していたヌーメノール人ドル・アムロスの最初の領主ガラドールの父。
ドル・アムロスの大公家の伝承によると、ニムロデルの連れの一人であったシルヴァン・エルフミスレルラスが、エゼルロンドへの旅の途中で道に迷った時、イムラゾールは彼女を保護し、妻とした。二人の間には息子のガラドールと娘のギルミスが生まれたが、ミスレルラスはある夜に姿を消し、それきりイムラゾールの前に現れることは無かった。

別の伝説では彼が娶ったのはニムロデルとしているが、トールキンは明らかに有り得ないとしている。

コメント

コメントはありません。 Comments/イムラゾール

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: