アーケン(いし)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルArkenstone
その他の呼び名スラインのアーケン石 (Arkenstone of Thrain)
山の精髄(せいずい)、山の(おお)みたま (Heart of the Mountain)

解説

山の精髄と言われる、白く輝く大宝玉。スライン一世エレボール(はなれ山)の底根で発見したもので、トーリン二世曰くその価値は、山の下の王国の財宝全てを合わせたよりもなお貴重であるという。

「アーケン石、ああ、アーケン石よ!」とトーリンは、夢みるようにひざの上にあごをのせて、くらやみのなかでつぶやきました。「千の切りだし面をもった大きな球じゃった。火をうければ白銀のごとく、日の光にかざせば水のごとく、星々の下で見れば雪のごとく、月の光をあびて雨のごとく、かがやいたものよ。」*1

スマウグがエレボールを占拠したときに、数多くのエレボールの財宝と共に、スマウグによって奪われた。
そのまま財宝の山の上に埋もれていたが、ビルボ・バギンズが発見し、その美しさに魅せられてつい独断で自分のポケットに入れてしまう。トーリンは山の下の財宝の中でも何よりもアーケン石に固執しており、その心の激しさを知ったビルボはなおさら自分の行いを打ち明けることができなくなった。
やがて山の下の財宝を巡ってトーリンとバルドエルフ王との間で争いが起こると、ビルボは密かにアーケン石を持ち出してバルドとエルフ王にもたらし、状況を打開して交渉を進めるための材料として使うよう助言する。ところがこれを知ったトーリンはかえって態度を硬化させ、ダイン二世の援軍を待ってアーケン石も財宝もことごとく自分のものにしようとした。

五軍の合戦でトーリンは財宝への執着を断ち切り出撃したが、致命傷を負い命を落とす。戦いの後、アーケン石はバルドによってトーリンの胸に置かれ、彼と共にエレボールの底根にある墓所に葬られた。

映画『ホビット』における設定

スロールの時代に発見されたことになっている。「王の宝石(King's Jewel)」とも呼ばれる。
この石を持つ者が全ドワーフの王と見なされるため、ドワーフの軍勢を召集するのに必要という設定が付け加えられている。これを手に入れるために忍びの者であるビルボ・バギンズが仲間に選ばれたということになった。

劇場公開版ではこの石の顛末は描かれていないが、エクステンデッド・エディションでは原作通り、トーリンの遺体と共に葬られる場面が入っている。

画像

『ホビット』におけるアーケン石

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ビルボがアーケン石を盗んでバルドに渡してトーリンがブチ切れて追放されるくだりは映画は原作と一緒ですか? -- 2017-06-14 (水) 07:21:20
    • ほぼ同じですが、映画のほうがトーリン激おこです -- 2017-07-09 (日) 17:00:10
  • ここはあまり深く考えてはいけないのかも知れませんが、何故この石を取り戻すことが必須であったのかがどうしても分かりません。映画では理由付けの強化を図って設定が追加されましたが、返って説明が付かなくなる事が増えた様な気がします。バーリンも石は見つからない方が良いのかもしれないと言っていますし、単にトーリンが固執していたに過ぎないのかも知れないとも思いました。しかしそうすると、全軍の招集に必要だという映画の設定と話が合わなくなります。どなたか納得のいく解釈をお持ちでしたら、教えて頂ければ幸いです。 -- 2018-01-24 (水) 00:04:47
    • アーケン石はトーリンの生家であるドゥリンの一族の宝玉です。ドゥリンの一族はドワーフの七氏族のひとつで、映画ではトーリンの祖父スロールの時代に発見され、ドワーフ族最強の王が持つべき宝という意味合いになってます。したがってこれを持つことはドゥリンの一族の正当なる後継者であることをドワーフ族全員に示すと同時に各氏族の王より位の高い立場、つまりエルフや人間で言うところの上級王のような立場となることを示しています。それはドワーフ族全員の総意でもあったので、ダインはトーリンの軍勢の要請にも応えられなかった。当初の彼らは山からこれだけを盗み出して軍を召集し大軍で竜を撃滅しようと画策していたため、ビルボを雇いました。バーリンの言葉は、トーリンの目的意識が竜の病によって変わってしまったからでしょう。最初は竜を倒すためだけに求めていたもので、しかもそれはドワーフ族にとっての宝でもあるのに、トーリンは竜の病によって同胞のドワーフにさえ猜疑心を向けるようになった。この状態でトーリンがアーケン石を所持したら、バーリンの言葉通り更に悪化して自滅していたでしょう。だから見つからない方が良いとビルボに説いたのです。 -- 2018-10-14 (日) 09:29:34
  • アーケン石の魅力って結局の所、美しさ、希少価値において比類が無いお宝という一点に尽きるのではないですか?万馬券や1等くじに備わっている様な魅力がもっと大きくなった物だと思います。 -- 2019-05-02 (木) 06:37:35
    • そもそもドワーフ族の王たちは七つの指輪の影響で強欲さと所有欲を増大させていったため、竜の病に罹患しやすく、またそれがドラゴンを呼び寄せるというあっk -- 2019-05-11 (土) 21:21:53
  • 指輪と違って魔力はないのだろうけど、これ一点だけで凄まじい富が得られるから少なくともドワーフにとっては指輪並みの影響力がある、と思ってる -- 2020-05-07 (木) 17:58:17
  • この石を、魔力で加工したらえらいことになるのか? -- 2021-02-17 (水) 21:03:24
  • 美しい、ただそれだけの石だが、その美しさはあのビルボすら誘惑し蕩かした。そこからもこの石の恐ろしさはよくわかる。
    ただ美しいだけの男や女でも、時には歴史を狂わせることすらあるからなあ。 -- 2021-02-18 (木) 07:50:44
  • 映画では、魔力の石というよりもでかい貴重なダイヤモンドの類として描かれていたが、それだけに価値が分かりやすかった。そりゃもめるって。 -- 2021-02-18 (木) 21:25:21
  • このアーケン石を真っ先に発見して魅入られ反射的に秘匿したビルボと、後年オルサンクで蛇の舌が投げ落としたパランティアを真っ先に拾い上げたため好奇心に駆られて石を覗き込んだピピンには、何か符合めいた物を感じる。 -- 2021-03-29 (月) 18:02:10
  • 映画の方だと、アーケン石の美しさにも全く惑わされず、狂気のトーリンにも怯まない勇気の持ち主だからこそ、ひとつの指輪を自ら手放せた。そんな風にも解釈できるかな。 -- 2021-04-01 (木) 09:53:39
  • フェアノールがこの石を見たらどう思ったのだろうか。 -- 2021-04-01 (木) 13:15:05
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00045.jpg 938件 [詳細]
Last-modified: