アンヌーミナスの(おう)(しゃく)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルSceptre of Annúminas
異訳アンヌミナスの王笏
その他の呼び名アルノールの(おう)(しゃく) (sceptre of Arnor)

解説

アルノールの王位を示す銀の王笏(アンヌーミナスはアルノールの王都)。ゴンドールの王位を示す翼ある王冠に対応する。
第三紀末の中つ国に現存する人間の手による品の中で、最も古いものであったと言われる。元々はヌーメノールの領国アンドゥーニエの領主位を示す笏杖で、エレンディルによってヌーメノールの没落を逃れて中つ国に運ばれ、そのままアルノールの王笏となった。

アルノール滅亡後もこの王笏は失われず、他の北方王国の宝器(折れたナルシルバラヒアの指輪エレンディルミア)と共に裂け谷に預けられて保管されていた。
第三紀3019年(大いなる年)に亡国の民の王国の合一が達成されると、王笏はエルロンドの手によってミナス・ティリスに運ばれ、エレスサール王アルウェン妃の結婚式において王に手渡された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画でも一目見ることができたら良かったのにと思う。
    • ぜひエルロンドから手渡されるのを見たかったです。
    • 映画でちゃんと出てきてるよ。最後にエルロンドとアルウェンが持ってきてるよ -- 2013-12-27 (金) 01:36:44
  • ヌーメノール人の作ったもので中つ国に現存する最古の品物、だったはず。 -- 勇者ああああ
  • LotROで、プレイヤーをホビットにして裂け谷まで進めていったら、ピピンが「散歩用の杖」としてこれを持ち出し、なくしてしまったので探す羽目になるというクエストがありましたw -- 2015-08-27 (木) 01:27:15
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: