アンドゥーニエ

概要

カテゴリー地名
スペルAndúnië
異訳アンドゥニエ

解説

クウェンヤで「日没(sunset)」の意。ヌーメノール西部アンドゥスタールの港湾都市。ヌーメノール4代目の王タル=エレンディルの長女であるシルマリエンの息子ヴァランディルを祖とする一族によって統治された、ヌーメノールの領国。
シルマリエンが生まれた当時、女にヌーメノールの王位継承権はなかった。そのため、長子であったシルマリエンにも王位継承権はないが、彼女の一族であるアンドゥーニエ領主は代々エルロスの血を引いていた。

アンドゥーニエの領主は王に次ぐ名声を持ち、王の会議の最高顧問の一人として仕えた。彼らは常にエルフへの愛情とヴァラールへの尊敬の念を忘れず、ヌーメノール人からヴァラールエルフへの愛が消えてゆく中でもそれを保った(忠実なる者)。

アンドゥーニエの領主はその位を示す銀の笏杖を帯びた。これが後のアンヌーミナスの王笏となる。またバラヒアの指輪も、タル=エレンディルからシルマリエンへと渡され、アンドゥーニエの宝として代々受け継がれ、後の世に伝えられた。エレンディルミアもアンドゥーニエに由来を持つものだった。

ヌーメノールの没落と共にアンドゥーニエも消滅したが、最後の領主となったアマンディルの息子エレンディルおよび、その子イシルドゥアアナーリオン忠実なる者たちと共に生き残り、中つ国亡国の民の王国であるアルノールゴンドールを創建した。

アンドゥーニエの領主

名前
初代ヴァランディル
2代~14代不明
15代エアレンドゥア
16代不明
17代ヌーメンディル
18代アマンディル

コメント

コメントはありません。 Comments/アンドゥーニエ

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: