アングロド

概要

カテゴリー人名
スペルAngrod
種族エルフノルドール
性別
生没年不明~†第一紀455年
フィナルフィン(父)、エアルウェン(母)
兄弟フィンロドオロドレス(兄)、アイグノール(弟)、ガラドリエル(妹)
配偶者一説ではエルダローテ
オロドレスの可能性あり。後述

解説

フィナルフィンエアルウェンの三男。フィンロドオロドレスアイグノールガラドリエルの兄弟。
アマンでは弟のアイグノールと共に、従兄弟であるフィンゴンに同調する傾向があった。兄弟と共に中つ国に帰還すると、アングロドはフィンロドの使いとしてノルドールの中で初めてメネグロスに赴いてシンゴルにノルドールの帰還を伝えた。だが彼はフェアノールの四男カランシアとの確執から、後にフェアノールの一族による同族殺害についてシンゴルに訴えた。
アングロドはフィンロドに臣下として仕え、弟のアイグノールと共に少数の民を率いてドルソニオンの北の斜面を防備していた。だがダゴール・ブラゴルラハでアイグノールと共に討ち死にした。

オロドレスとの関係について

The Peoples of Middle-earth』によると、『シルマリルの物語』の元になった原稿よりも後にジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンが書いた原稿では、オロドレスはアングロドの息子とされている。クリストファー・トールキンは、こちらの設定の方が正しいであろうとしているが、どちらを正史とするかについてファンの間では意見が分かれている。

名前について

以下の名前及びその説明は『The Peoples of Middle-earth』の「The Shibboleth of Fëanor」による。

Angaráto(アンガラート)
フィナルフィンが与えた父名クウェンヤの名だがテレリ語の語形であり、よりクウェンヤらしい形はArtanga(アルタンガ)。"anga"は鉄、"aráto"は恐らく高貴(noble)の意味。初めは兄のフィンロドと同じくAráto(アラート)だったが、区別の為に"ang-"の語が加えられた可能性がある。
後世では主にこの名のシンダール語形であるアングロド(Angrod)の名で呼ばれる。
Angamaitë(アンガマイテ)
クウェンヤで"iron-handed"(鉄の手をした)の意味。早くから手の力が強かったので付けられたエペッセ

コメント

コメントはありません。 Comments/アングロド

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: