アングマール

概要

カテゴリー地名
スペルAngmar
その他の呼び名魔国 (Witch-realm)

解説

シンダール語で「鉄の家」の意。分裂したアルノールを滅ぼすために魔王が創建した国。首都はカルン・ドゥーム
その領土は霧ふり山脈北端の東西にまたがり、西側ではエテン高地よりも北にあった。その国民は凶悪な人間オークをはじめとする邪悪な者達だった。

北方王国への攻撃

第三紀861年にアルノールアルセダインカルドランルダウアの三国に分裂し、以後国境を巡って互いに争うようになる。これに魔王は北方のドゥーネダインを滅ぼす望みを抱き、1300年頃に北の地にやってきてアングマールを建国した。

アングマールはルダウアと結託して残りの二国と敵対、1356年にはその攻撃でアルセダインの王アルゲレブ一世が戦死した。アルゲレブの息子アルヴェレグ一世はカルドランとリンドンの援助を得て風見丘陵から敵を駆逐し、以降アルセダインカルドランの両国はルダウアとの国境に武力を配置して警戒にあたった。
この時、裂け谷も攻撃を受けたと言われているが、裂け谷、リンドン、ロスローリエンエルフは協働してアングマールを一時鎮圧したという。

しかし1409年、アングマールは再び攻勢に撃って出てアルヴェレグを戦死せしめ、アモン・スールの塔を破壊した。アルヴェレグの息子アラフォールは再びリンドンの援助を受けてフォルンオスト北連丘からアングマールを駆逐することに成功するが、カルドランの国土は荒廃し、その地のドゥーネダインは塚山丘陵古森に逃れることを余儀なくされた。ルダウアに残っていた数少ないドゥーネダインもまた殺されるか西へ逃れ、ルダウアは完全にアングマールに占領された。

1636年に猛威を振るった悪疫によってエリアドールの人口は希薄化し、塚山丘陵に逃れていたカルドランのドゥーネダインも死に絶えた。以後、塚山にはアングマールとルダウアからやってきた悪霊の塚人が巣食うようになった。

1974年の冬、アングマールは大攻勢に打って出てアルセダインを席捲、フォルンオストは陥落し最後の王アルヴェドゥイも死ぬ。魔王はフォルンオストを占拠して邪悪な輩で満たし、王権を簒奪した。かくしてアングマールによって北方王国は滅ぼされた。

アングマールの滅亡

第三紀1975年、ゴンドールからの援軍が遅ればせながらリンドンに到着し、その下にはアルノールの残党も集結した。フォルンオストの合戦においてアングマールの軍勢は敗退して殲滅され、魔王は北方から姿を消した。こうしてアングマールは滅亡した。

1977年、アングマール滅亡の報せを聞いたエオセオドアンドゥイン源流域に移住、その地に残っていたアングマールの残党を追い散らした。

映画『ホビット』における設定

直接は登場しないが、キャラクターの会話にたびたびこの土地の名が登場している。
それによると、かつて魔王を含めたナズグールらアングマールの勢力は倒され、ナズグールはルダウアの塚に葬られて封じられたという。
またアングマールとの戦いでグンダバドも戦場となり、闇の森のエルフも戦ったらしい。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

原作では、第三紀末にはアングマールは存在していないが、『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン アングマールの影』(最初期の実装)は霧ふり山脈の西側のみが舞台となっている(モルドールが登場しない)ため、代わりにアングマールが敵勢力の拠点として表現されている。
アングマールは、ナズグールの代わりにモルディリスが支配している。

領域

ラム・ドゥアス(Ram Dúath)
南西部の地域で、北連丘と接するアングマールの玄関口。迷路のように入り組んだ道や裂け目、尾根で構成される黒い岩の山地。南西部の山腹にはドレイクや長虫がはびこり、蜘蛛が峡谷を徘徊している。他にも多くの忌まわしい生き物が生息しているが、その先に待つ他の地域と比較すれば危険性はまだ低い。人くい鬼の友好的な部族がLehmä-kotiという村を築いている。アングマールの軍勢やが南方の土地を侵略するための行軍経路であるものの、攻撃は成功していない。
アングヘイレ(Aughaire)
池の岸辺や小島を橋で繋いだ家々が建ち並ぶ、アングマール南西の村。RamDúathの北、Fasach-larranの南に位置し、友好的な山岳人トレヴ・ガルロルグ(Trév Gállorg)とその首長クラノグ(Crannog)が住まう。彼らはここを拠点にしてアングマール内を行き交う敵勢力を襲撃している。冒険者がアングマール内で出くわす最初の主要な居住地で、魔術が他のエリアへの進出を妨げているため、プレイヤーは住民の依頼を解決して、境界を越える方法を探さなければならない。
マレンハド(Malenhad)
アングマール南部の領域。Malenhadはシンダール語で黄色い地を意味する。全体に硫酸の沼と噴気口が点在する湿地帯で、Western MalenhadとEastern Malenhadという二つの領域に細分されている。東はGorothlad、北はImlad Balchorthに接している。
バイル・ボグラク(Bail Boglakh)
Malenhad西部と北のImlad Balchorthを繋ぐ関所。3つの尾根に築かれた塔を橋で繋いだ構造の砦が、その下の三叉路を監視している。
バイル・ローヴァ(Bail Róva)
Ram DuathとWestern Malenhadを繋ぐ関所。アングマールの軍団が外部に進出するために橋頭堡。
ドゥヴイネン(Duvuinen)
Malenhad東部の中心に横たわる硫酸湖。表面的に透き通った水で覆われている。シンダール語で愛されし夜の帳(Beloved Nightfall)を意味し、アングマールの影が同地を覆うまでは、夕日を反射して美しく輝く湖だった事を示している。湖の大部分は1フィート程の深さだが、Gabilshathûrの採掘前哨基地に通じる南岸は比較的深い。周辺地域には、火炎長虫、コウベサセムシ、ナメクジなど水質に影響されない生き物が多数生息している。湖の中心には巨大なカメ、ガエルアン(Gaeruan)が巣を作っており、ドワーフたちに目撃されている。
ガビルシャスール(Gabilshathûr)
Malenhadの南にあるドワーフの採掘基地。クズドゥルで大いなる雲(Great-clouds)を意味する。近隣のオークによる襲撃が頻発しているが、監視者の石の結界に阻まれて逃れることも困難で、孤立無援の状態にあるドワーフたちは沼地の忌まわしい生き物でどうにか食い繋いでいる状況にある。
ランマス・デュロン(Rammas Deluon)
Malenhad西部と東部及びアングマール西部と東部を隔てる境界。多くの悪意を持った彫像が建っており、東西を往来しようとする者を監視している。通り抜けようとするとダメージを受けるため、それを軽減するための方法を探索する必要がある。
ゴロスラド(Gorothlad)
Eastern Malenhadの東にある峡谷地帯。北はNan Gurthに通じている。シンダール語で恐怖の谷(Valley of Horror)を意味する名で、その名の由来となった亡者を彷彿とさせる枯れ木の森に覆われ、空は血のように赤く染まっている。内部にはオークの基地が点在し、兵器の建造や燃料に必要な木材を伐採している。
マエサド(Maethad)
Gorothlad内にある闘技場。円形の窪地の縁に沿って多数のトロルが対戦相手を待ち構えており、それらを倒すと彼らの長であるクルラーク(Khurrákh)と窪地の中心で対決する。
クルースル・ランナン(Krúslë Lannan)
アングマールの南東の端に位置する旧アルノールの兵器庫。塔は王を象った7つの彫像に囲まれている。かつて7人の王の足元の台座に置かれていた剣は、何者か(おそらく山岳人)によって持ち去られ失われている。野伏の伝承家ネスロー(Nethraw)が、剣を取り戻して武器庫の中に入る方法を探っている。
ファサハ=ララン(Fasach-larran)
Angmar南西部の地域。Aughaireの北に位置する、南と西を山腹に囲まれたこれらの不毛な原野。道に沿って東に向かうとMalenhadの沼地に出る。北に向かうとFasach-falroidに出る。
ファサハ=ファルロイド(Fasach-falroid)
アングマール西部、Fasach-larranの北の地域。北東にはカルン・ドームの要塞の塔が見える。
名誉の石塚(Cairn of Honour)
Donnvailへ通じる道の途上にある石塚。山岳人の部族が新たな支配者を決定する為の決闘の儀式を行う場所。
ドゥンヴェイル(Dunvail)
Fasach-falroid東部に位置する山岳人の町。Trév Duvárdainに占拠され、潜伏する僅かなTrév Gállorgが抵抗を続けている。
ドゥーン・コヴァド(DûnCovád)
Fasach-falroid西部の山の斜面に築かれた大きな町。モルディリス直属のオングブルズ族(Ongbúrz Tribe)とアングマーリムに占拠され、友好的な市民は残っていない。オークとウルク、山岳人それぞれの指揮官が駐屯する地で、彼らの配下が巡回している他、町中に散らばる監視者の石が近づいた冒険者に恐怖を与える。北西の門からカルン・ドゥームに通じる長い道が延びている
イムラド・バルホス(Imlad Balchorth)
アングマールの中央にある死者の谷。北をHimbar、南をMalenhad、東をNan Gurthに囲まれている。墳墓や廃墟が点在する地域で、全体が濃い霧に覆われ、死霊が跋扈している。カルン・ドゥームから流れてくる河川の水は毒々しい黄緑色に染まっており、近づき触れようとするものを蝕む。アングマーリムの中でも最も邪悪な者たちがこの地で活動し、徘徊する死霊や悪霊を使役している。
ヒンバール(Himbar)
Imlad Balchorthの北、Nan Gurthの西に位置する。すぐ東にはカルン・ドゥームがあり、都に入る前の最後のステージとして機能する。
ナン・ガルス(Nan Gurth)
アングマール北東の地域。Imlad balchorthの東に位置する。岩肌の露出する荒れ地で、他の地域で辛うじて見られた植物も全く見られない。

Angmar.png

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • あんま気にした事なかったが人間とオークが一緒に暮らしてんのか... -- 2019-09-28 (土) 08:07:43
    • あくまで普段の居住区は別で、戦争時に一つところに集まってたんじゃないのかな。ただ、ゴロツキや流れ傭兵みたいな奴等はカルン=ドゥームでオークに混じって暮らしていたのかも。んで、最終的にはそんなやつらしか残らなかった的な。アングマールの建国目的からしたら農奴すら最終的には不要だろうし。 -- 2019-09-28 (土) 21:16:29
    • オークやウルクを喰わせる為には農奴は必要なんじゃない?サウロンはモルゴスと違って用済みになったら始末するつもりでなかったろ -- 2019-09-28 (土) 23:42:19
    • そういうのぜんぜん気にならないようなごろつきや山賊じみたやつらしかいないでしょうしね…。 -- 2020-08-17 (月) 22:01:37
  • モルドールは属国からの貢物と奴隷で国力維持してたらしいが ここはどうしてたんだろ -- 2020-05-17 (日) 11:52:06
    • 基本的に旧アルノール領からの略奪でしょ。長期的に支配を確立させるなら、略奪なんて百害あって三利くらいしかないんだが。アングマールの場合は、敵領で略奪しまくる→敵領の住民が逃亡したり、生産力が減る→新しく土地を占領してもならず者達を食わせるには不足→更に新たな略奪先を荒らす、のコンボで北方荒れまくり、人口減りまくり、最終的には使い捨ての部下たち含めて北方には誰もいなくなり、サウロン大笑い。 -- 2020-05-17 (日) 14:07:46
  • これはアングマール時代が好きな奴の妄想の続きにすぎないんだけど、サウロンは憎っくきイシルドゥアにより縁が深いアルノールをより憎悪していたと思う。そんな彼からしたら、エリアドールには自分の味方や従属国になる勢力すら残す気はなかったんじゃないかと思う。そんな国が成り立つ余力を北方に残すより、そんな国すら起こり得なけ谷や灰色港もあるし、変に国を残すとその影響で正義派が今度は台頭しないか恐れたんじゃないかな。かといって徹底的に北方の全てを討伐しようとすると、南がおろそかになりゴンドールに足元を掬われかねない。北方のドゥーネダインを壊滅させ、更に副次的にゴンドールの王まで葬ることが出来たこのアングマール事業ほど、サウロン流の戦略の冴えはないと俺は思う。 -- 2020-05-17 (日) 14:16:58
  • なんか文字化けしてる -- 2020-05-17 (日) 14:17:33
  • 嫌だなぁ。スペック低いスマホで長文頑張って打ったのに...。 -- 2020-05-17 (日) 14:18:12
  • よくこんな歪な形態で千年もったよな 大抵の国はそんな長く存在してないのに -- 2020-05-17 (日) 15:55:52
    • むしろ、歪だから長く持ったんでしょう。だって、首領は不死だもん。絶対の力を持ち、「北方のドゥーネダイン滅亡以外興味がない」この世ならぬ指導者に率いられた、目先の事しか考えないヒャッハーども。逆に、マトモに国家を経営しようとしたら分解すると思います。 -- 2020-05-17 (日) 16:24:59
  • サウロンにはエリアドールを再度攻撃する計画があったのですよ。当初のサウロンの計画では、ドル・グルドゥアで戦力を集結して先ず北の山道を奪い返し(これは明らかに旧アングマール領のことを意味している)、裂け谷とロリアンを攻撃するつもりでした。そうなればゴンドール攻めの半分の兵力で両方とも陥としていただろうとガンダルフは推測しています。五軍の合戦と白の会議によりこの当初の計画は実現せず、サウロンの攻撃の主力は南のゴンドールに逸らされることになったわけですが。もしフォルノストの合戦でアングマールが滅ぼされなければ、魔国は当然このサウロンの最終プランの重大な足がかりになっていたでありましょう。 -- 2020-05-17 (日) 17:15:59
    • 映画でそんなこと言ってたな 単なる囮だろうけど -- 2020-05-17 (日) 19:11:57
    • でも一々努力しなくても、ゴンドール落とせば自然と北方は落ちるしなぁ。(原作でそう言われてる) アルノール滅ぼした時点で戦略的目標は大完遂なので北方は落とせたらラッキー、な牽制攻撃で十分では? -- 2020-05-17 (日) 20:30:15
  • 歴史上為した悪行は物凄い凶悪なんだが、当時のエリアドールから推測するに恐らく最大兵力でも一万せいぜいの弱小国家のはずなんだよな。(ゴンドリンやローハンのような精鋭による一万人ではなくオークやごろつきの寄せ集めだし) そう考えると魔王は魔力だけではなく軍の指揮能力や統治能力でもずば抜けていて、ナズグルの中でも重宝されていたのだと推測される。 -- 2020-08-15 (土) 09:24:29
  • アングマールって響きは非常になんというかその、いい。如何にも中身がなくかつ歴史上他国に迷惑だけかけて、後には何も残さない空虚な感じと堅牢な響きがたまらない。軍事国家っぽいのに大国ではなさそうな格落ちした字面がその魅力を増している。 -- 2020-10-28 (水) 21:40:11
  • アングマールが無くても北方で分割と内紛が続いていた場合、ルダウアまたはその後継国家がモルドール陣営に堕ちる事は想像に難くないので、案外無人地域を裂け谷に踏破した史実よりなお困難や血生臭さが増す旅になったかもしれんな。フロド達を無事に送り届けるため、アモン=スールを越えて自ら率いる護衛隊や囮の軍勢を送り込むアルセダインのアラゴルン王とかが見れたかも。 -- 2020-12-03 (木) 08:02:06
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileAngmar.png 1300件 [詳細]
Last-modified: