アルヴェドゥイ

概要

カテゴリー人名
スペルArvedui
異訳アルヴェデュイ
その他の呼び名最後の王アルヴェドゥイ(Arvedui Last-king)
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1864)~†1975年(享年111)
アラファント(父)
配偶者フィーリエル
アラナルス(息子)他*1

解説

アルセダインの王
第14代
アラファント
1891~1964
第15代
最後の王アルヴェドゥイ
第三紀1964~1974年(10年間)
北方王国の滅亡
(王統は野伏の族長に続く)

アルセダイン15代目にして北方王国最後の王。名はシンダール語で「最後の王」の意味であり、これは予見者マルベスによって名付けられた。

アルヴェドゥイはその名の示すとおり、事実最後の王となった。この名はかれが生まれた時、予見者マルベスによって与えられたといわれている。かれはアルヴェドゥイの父にこういった。『このお子をアルヴェドゥイとお呼びなされ。と申すのもこのお子はアルセダイン最後の王となられましょうから。もっともドゥネダインは一つの選択をすることになりましょう。その時かれらが見込みがうすく思われるほうの選択をすれば、その時はお子がお名を変えられ、大王国の王となられましょう。もし然らずば、その時は多くの悲しみが生じたくさんの人命が失われることになりましょう。いつかふたたびドゥネダインが勃興し、一つに合わされるまでは。』*2

ゴンドールとの同盟

第三紀1940年、アルセダインの父王アラファントとゴンドール王オンドヘア北方王国南方王国の同盟を結成し、アルヴェドゥイはオンドヘアの娘フィーリエルを娶った。

1944年、オンドヘアとその息子たちが馬車族との戦いで死ぬと、アルヴェドゥイはイシルドゥアの直系の子孫として、またフィーリエルの夫として、ゴンドールの王位を要求した。だがアルセダインの国威はゴンドールに比べると非常に小さなものになってしまっていたため、要求はオンドヘアの執政であるペレンドゥアを中心としたゴンドール人から拒否された。1945年にゴンドール王家の血を継ぐエアルニル二世がゴンドール王に即位したが、アルヴェドゥイはそれ以上自分の要求を押し通そうとはしなかった(その力もなかった)。

滅亡と死

1964年にアルセダインの王位を継いだが、1974年にアルセダインはアングマールに急襲されて王都フォルンオストは占領された。アルヴェドゥイは最後まで北連丘に踏みとどまって防戦に努めていたが、やがて北へ逃亡し、青の山脈の外れにあるドワーフの廃坑に逃げ延びた。その後アルヴェドゥイと彼の僅かな供回りは、飢えに襲われて廃坑から出てきたところを、フォロヘルロスソス族に救われ、彼らの元で助けを待った。
1975年、キーアダンが救援のために派遣した船がフォロヘル湾に現れた時、彼はロスソス族の族長にバラヒアの指輪を謝礼として渡して別れ、船に乗った。この時に族長は夏まで待つようアルヴェドゥイに警告していたが、彼はそれを無視した形となった。果たして船はフォロヘル湾で悪天候に見舞われて難破し、アルヴェドゥイは滅びた。彼と共にアンヌーミナスアモン・スールパランティーアも海中に没した。

アルセダインは再建されることなく、長男のアラナルス野伏の初代族長となった。こうして予言された通りアルヴェドゥイは北方王国最後の王となった。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

フォロヘル湾の氷の中にある難破船のそばで、亡霊となって中つ国に囚われているアルヴェドゥイと会うことができる。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアルヴェドゥイの亡霊と彼の難破船

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このとき北方王国と南方王国が一つに統べられていれば・・・・ -- anduril
    • もはや小国になって風前の灯の北方王国の王家で、実績も知名度もないアルヴェドゥイ。対抗馬はゴンドール王家の確かな血筋であり、偉大な将軍で救国の英雄エアルニル二世。分が悪すぎますね。エアルニル二世に王位がいくのが普通でしょうね。 -- 2008-04-26 (土) 00:50:17
    • しかしそのすぐ後、エアルヌアの死によって南方王国の王家も断絶。どちらもそれほど悪意があったわけではないのに、野心とプライドの張り合いによって両方に不幸な結果となった・・・ -- 2010-12-07 (火) 03:18:25
    • こうみると、エアルヌアが後継ぎを作ろうとしなかったことや、自殺に等しい魔王との戦いに臨んだのは、アルヴェドゥイの死に責任を感じていたのではないか、とも思えてくる -- 2010-12-07 (火) 03:21:10
      • 魔王「悪い、それはないわ笑」 -- 2019-03-19 (火) 10:55:13
  • すごいマイナーな人物だけど、モンゴルのリンダン・ハーンという人物が似てると思う。リンダン・ハーンはモンゴルの正統なハーン位を継承しながら、勢力で他の部族に劣るチャハル部に生まれた。満洲人(清朝)がモンゴルに侵攻する中で内外モンゴルの再統一を主張したものの、結局モンゴルの統一は叶うことなく病死し、モンゴルは清朝に征服されることとなった。 -- 2014-02-25 (火) 23:57:13
  • よくよく考えれば、ドゥネダインが「見込みがうすく思われるほうの選択」をしたとしても、「お名を変えられ、大王国の王とな」るとは言われてても、別にサウロンが滅びるとか指輪がなんとかなるとかそういう話は一切されてないんだね。サウロンはどれほどの大帝国でも軍事力でなんとか出来る相手ではないし、最終的にはもっとまずい事態になってたのかも -- 2020-02-13 (木) 05:45:28
お名前:

添付ファイル: fileScreenShot00657.jpg 508件 [詳細]
Last-modified: