アルヴェドゥイ

概要

カテゴリー人名
スペルArvedui
異訳アルヴェデュイ
その他の呼び名最後の王アルヴェドゥイ(Arvedui Last-king)
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(1864)~†1975年(享年111)
アラファント(父)
配偶者フィーリエル
アラナルス(息子)他*1

解説

アルセダインの王
第14代
アラファント
1891~1964
第15代
最後の王アルヴェドゥイ
第三紀1964~1974年(10年間)
北方王国の滅亡
(王統は野伏の族長に続く)

アルセダイン15代目にして北方王国最後の王。名はシンダール語で「最後の王」の意味であり、これは予見者マルベスによって名付けられた。

アルヴェドゥイはその名の示すとおり、事実最後の王となった。この名はかれが生まれた時、予見者マルベスによって与えられたといわれている。かれはアルヴェドゥイの父にこういった。『このお子をアルヴェドゥイとお呼びなされ。と申すのもこのお子はアルセダイン最後の王となられましょうから。もっともドゥネダインは一つの選択をすることになりましょう。その時かれらが見込みがうすく思われるほうの選択をすれば、その時はお子がお名を変えられ、大王国の王となられましょう。もし然らずば、その時は多くの悲しみが生じたくさんの人命が失われることになりましょう。いつかふたたびドゥネダインが勃興し、一つに合わされるまでは。』*2

ゴンドールとの同盟

第三紀1940年、アルセダインの父王アラファントとゴンドール王オンドヘア北方王国南方王国の同盟を結成し、アルヴェドゥイはオンドヘアの娘フィーリエルを娶った。

1944年、オンドヘアとその息子たちが馬車族との戦いで死ぬと、アルヴェドゥイはイシルドゥアの直系の子孫として、またフィーリエルの夫として、ゴンドールの王位を要求した。だがアルセダインの国威はゴンドールに比べると非常に小さなものになってしまっていたため、要求はオンドヘアの執政であるペレンドゥアを中心としたゴンドール人から拒否された。1945年にゴンドール王家の血を継ぐエアルニル二世がゴンドール王に即位したが、アルヴェドゥイはそれ以上自分の要求を押し通そうとはしなかった(その力もなかった)。

滅亡と死

1964年にアルセダインの王位を継いだが、1974年にアルセダインはアングマールに急襲されて王都フォルンオストは占領された。アルヴェドゥイは最後まで北連丘に踏みとどまって防戦に努めていたが、やがて北へ逃亡し、青の山脈の外れにあるドワーフの廃坑に逃げ延びた。その後アルヴェドゥイと彼の僅かな供回りは、飢えに襲われて廃坑から出てきたところを、フォロヘルロスソス族に救われ、彼らの元で助けを待った。
1975年、キーアダンが救援のために派遣した船がフォロヘル湾に現れた時、彼はロスソス族の族長にバラヒアの指輪を謝礼として渡して別れ、船に乗った。この時に族長は夏まで待つようアルヴェドゥイに警告していたが、彼はそれを無視した形となった。果たして船はフォロヘル湾で悪天候に見舞われて難破し、アルヴェドゥイは滅びた。彼と共にアンヌーミナスアモン・スールパランティーアも海中に没した。

アルセダインは再建されることなく、長男のアラナルス野伏の初代族長となった。こうして予言された通りアルヴェドゥイは北方王国最後の王となった。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

フォロヘル湾の氷の中にある難破船のそばで、亡霊となって中つ国に囚われているアルヴェドゥイと会うことができる。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるアルヴェドゥイの亡霊と彼の難破船

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • このとき北方王国と南方王国が一つに統べられていれば・・・・ -- anduril
    • もはや小国になって風前の灯の北方王国の王家で、実績も知名度もないアルヴェドゥイ。対抗馬はゴンドール王家の確かな血筋であり、偉大な将軍で救国の英雄エアルニル二世。分が悪すぎますね。エアルニル二世に王位がいくのが普通でしょうね。 -- 2008-04-26 (土) 00:50:17
    • しかしそのすぐ後、エアルヌアの死によって南方王国の王家も断絶。どちらもそれほど悪意があったわけではないのに、野心とプライドの張り合いによって両方に不幸な結果となった・・・ -- 2010-12-07 (火) 03:18:25
    • こうみると、エアルヌアが後継ぎを作ろうとしなかったことや、自殺に等しい魔王との戦いに臨んだのは、アルヴェドゥイの死に責任を感じていたのではないか、とも思えてくる -- 2010-12-07 (火) 03:21:10
      • 魔王「悪い、それはないわ笑」 -- 2019-03-19 (火) 10:55:13
      • エアルヌア「よく分からないけどとりあえず筋トレしようぜ」 -- 2020-11-05 (木) 13:03:54
  • すごいマイナーな人物だけど、モンゴルのリンダン・ハーンという人物が似てると思う。リンダン・ハーンはモンゴルの正統なハーン位を継承しながら、勢力で他の部族に劣るチャハル部に生まれた。満洲人(清朝)がモンゴルに侵攻する中で内外モンゴルの再統一を主張したものの、結局モンゴルの統一は叶うことなく病死し、モンゴルは清朝に征服されることとなった。 -- 2014-02-25 (火) 23:57:13
  • よくよく考えれば、ドゥネダインが「見込みがうすく思われるほうの選択」をしたとしても、「お名を変えられ、大王国の王とな」るとは言われてても、別にサウロンが滅びるとか指輪がなんとかなるとかそういう話は一切されてないんだね。サウロンはどれほどの大帝国でも軍事力でなんとか出来る相手ではないし、最終的にはもっとまずい事態になってたのかも -- 2020-02-13 (木) 05:45:28
    • ゴンドール国民からしたら「は?怒呆」×国民数みたいな感覚でしょうからね。アラゴルンが王として迎え入れられたのは友邦ローハンだけでなくゴンドールを滅亡寸前から颯爽と救い出した功績と鮮烈な印象があるからで、血筋はその次でしょうからね勿論血筋の意味も重さも現代とは遥かに違いますが…。 -- 2020-10-28 (水) 21:45:15
    • 少なくとも、アルノールが健在でゴンドールに王がいるというだけでも指輪戦争におけるフロドの旅はかなり楽になったのは間違いないと思います。ナズグルはエリアドールまで来れず、ボロミアの裏切りはなく、モルドールの攻撃により大きな兵力で対抗できてサウロンの目はより釘付けになったでしょうから。 -- 2021-02-12 (金) 18:39:21
      • ほんとですね。そういう意味でもアルヴェドゥイの行動は極めて稚拙というか拙速というか…。なんかこうね、もう少し、根回しと言うかね…。気持ちはわかるんだけどね、うん。絶対悪い人じゃないし健気な悲劇の王なんですけど…。 -- 2021-02-13 (土) 13:20:38
  • アルヴェドゥイはそれ以上自分の要求を押し通そうとはしなかった(その力もなかった)。 の一文に何とも言えぬ滑稽さにも通じる悲哀さを感じるね。尤も、彼に罪はないとはいえ自国すら維持できない小国の主が超大国の王を兼ねてもろくな事にはならなかったろうが…。 -- 2021-02-12 (金) 08:03:24
    • 地位が人を作るって言葉もあるけど、実際のところはどうなのだろう? -- 2021-02-12 (金) 15:25:24
      • ゴンドールも超大国とはいえ、当時は未曾有の国難を迎えていたわけですからアルヴェドゥイがスムーズに王位に着くにはまずゴンドールを国難から救うなりの活躍しないと難しいんじゃないですかね。万が一、彼がいかにドゥーネダインの統合に相応しい器と器量の持ち主だったとしても、数値で人間の能力がわかるなろうワールドと違って現実には人は人のあらゆる能力を実績を通してしか評価できませんし...。 -- 2021-02-12 (金) 18:18:56
    • アルヴェドゥイが王になっていれば、少なくとも魔王の挑発を受けて王統が途絶えるという展開は避けられたのではと思います。 -- 2021-02-12 (金) 18:40:03
      • いや、それこそゴンドールの「叛乱」によって同族から殺される惨劇もあり得る。エアルヌアなんて悪い奴じゃないんだが失敗したトゥルカスみたいな脳筋だし、魔王や反北方陣営の流言で「父から奪った王冠を取り戻すぞ」と怒りの決起をやらかしかねない。少なくともエアルヌアがアルヴェドゥイに服属するにはアルヴェドゥイがエアルヌアを上回るか匹敵する武勲を上げないと難しいと思わない? -- 2021-02-12 (金) 20:03:59
      • エアルヌアは良くも悪くも武人気質だと思うので、そこまで王位に固執するイメージは自分はないですね。案外、血筋で王位に就いたアルヴェドゥイを武勲で支える将軍として、良い感じに収まる可能性も十分あると思います。 -- 2021-02-12 (金) 21:33:13
      • オンドヘアに対するエアルニルってエルダカールに対するカスタミアと同じで、王族の近親者ではあってもそれほど近くはないですからね(武勲がなければ微妙だった程度?)。アルヴェドゥイ自身主張したとおり、ヌーメノール以来の継承法ではオンドヘアの孫アラナルスのほうが血統的にはずっと近いですし。 -- 2021-02-12 (金) 22:22:24
      • エアルニアは死体すら戻ってこず、生死は不明だった。だから死ぬまで幽閉されていた可能性もある。その状態でアルヴェドゥイを王にしてしまった場合、敵がエアルニアを返してきたらどちらを王とするべきかでゴンドールが2つに分裂してしまう。 -- lotroスキー 2021-02-13 (土) 01:29:52
      • ↑ アルヴェドゥイがゴンドール王位を主張したのはオンドヘア王の死後であって、エアルヌア王が行方不明になった時にはアルヴェドゥイはとっくに死んでますからその心配はないのでは -- 2021-02-13 (土) 01:38:45
      • ↑エアルヌア失踪したからアルヴェドゥイが王位を要求したのと勘違いしてたわ。恥ずかしい -- lotroスキー 2021-02-13 (土) 03:38:15
      • ヌメノール以来の継承法だけを奉じれば国が保てなくなってきたのは、カスタミアの件からもゴンドール国民は見に染みてますからねぇ...。だからアルヴェドゥイの訴えは一蹴されたわけで。あとエアルヌアは魔王の件でも明らかなように「自分の武勇や誉れを最優先する男」ですからそんな彼から見たら魔王にいいようにやられている遠い親戚アルヴェドゥイには軽蔑はしなくとも尊崇して王に掲げるとは思えないんですよね。前も書いたように、アルヴェドゥイがごく僅かな手勢であろうが自らゴンドールの危機にアラゴルンのように駆けつけていたら、少なくともエアルニルやエアルヌアは彼を王に推戴したと思います。それができていたらなぁ。 -- 2021-02-13 (土) 06:55:52
      • 誤解しないでもらいたいのは俺はアルヴェドゥイもエアルヌアも貶めるつもりは毛頭ありません。ただ、本当にアルヴェドゥイが統一王国を作りドゥーネダインや自由の民、なにより南方から援助を引き出してアルセダインを救うには、己の血脈だけでなくそういう政治的な離れ業と偉大な勲に頼るべきであったという点です。子孫のアラゴルンはその使命を果たしたわけですからね。それが出来なかったのが彼の限界であり、西方世界の不幸であったと思います。 -- 2021-02-13 (土) 09:38:38
      • エアルヌアが武勇にのみ耽溺して王位に固執しなかったのは、彼の最大の特徴。そこから考えると別の王統も軽んじるであろう推測は容易。彼は自らの信念に非常に忠実かつ裏のあるような性格ではないのでアルヴェドゥイが尊敬に値する人物なら喜んで王冠を差し出すし、そうでないのなら血統の尊さなど見向きもしないだろう。王統に意味を見出すような人物ならそもそも魔王との決闘になんか赴かない。 -- 2021-02-13 (土) 13:09:52
      • 自分が王位に執着ないことと、王統を軽んじることは別では?武人気質なら、むしろ王など上官は重んじるものだと思いますよ。周囲の反対を押し切って一騎打ちに出かける時に(おそらく死出の旅になることもわかっていて)、王冠を父王の膝元に置いていった、という描写に彼なりの王というものへの敬意が現れていると思います。 -- 2021-02-14 (日) 15:03:53
      • 面白い。俺の場合、むしろそれはエアルヌアが王権より父への尊崇と愛情を強く持っていた証だと思ってました。死出の旅とわかっていたのなら王冠は後継者に譲るべきとも思えますし、指名しなかった事からも生還を期していたとも取れますし。実際にはただ、王であるより戦士に徹したってやつなんでしょうが。あと俺もエアルヌアがアルヴェドゥイに忠節を誓えば素晴らしく忠実な臣下になると思いますよ。ただ、彼の気質上から血統「だけ」に服属するのが考えづらいだけで。 -- 2021-02-14 (日) 16:04:42
  • 彼がゴンドールに露骨に王位を要求したことで、ゴンドール支配階級の態度が硬直化してエアルニルが援軍を送りたくてもその調整に一苦労した可能性はあるよね。
    彼の要求は後世の結末を知る俺からしても「そりゃ断られるだろ...」って主張とやり口だし、当時のゴンドール国民や貴族が憤慨しても仕方ないと思う。 -- 2021-02-27 (土) 20:28:42
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot00657.jpg 680件 [詳細]
Last-modified: