アルノール

概要

カテゴリー地名
スペルArnor
その他の呼び名北方王国

解説

シンダール語で「王の国(Land of the King)」の意。
ヌーメノールの没落を逃れた忠実なる者中つ国に興した亡国の民の王国のうち、エレンディルが築いた北方王国のこと(南方王国はゴンドール)。
首都はネヌイアル湖畔のアンヌーミナス

元来はイシルドゥアアナーリオンの父エレンディルの国であるため、アルノール王はゴンドール王に対し上級王の位置にあるとされていた。しかし、ゴンドールが国力を増大させる一方、アルノールはアルセダインカルドランルダウアの三国に分裂して次第に衰退。ゴンドールはアルノールの宗主性を認めなくなっていった。
やがて魔国アングマールの相次ぐ攻勢によって三国は次々と滅ぼされ、最後に残っていたアルセダインの滅亡によって北方王国は消滅した。以後、王の血筋はただ野伏の族長達の中にのみ受け継がれることとなった。

アルノールの領土

青の山脈霧ふり山脈の間のエリアドール一帯を領土としていた。ただしルーン川より西の地(リンドンの近く)と、灰色川鳴神川より東の地(裂け谷エレギオンの周辺)は、エルフの国として除外されていた。
東西街道(東街道)が、それら東西のエルフの国を繫ぐようにして通っており、南北街道緑道)がフォルンオストゴンドールを繫いで南北に通っていた。この両街道の交点にブリー郷があり、そのやや東に塔の築かれていた風見が丘がある。
領土のほぼ中央を流れるバランドゥイン(ブランディワイン)川と東街道が交わる地点にはブランディワイン橋が築かれている。
ブランディワイン川の西の一帯は肥沃な王の領地が存在したが、人口の希薄化で放置されていたのを後にホビットに与えられ、ホビット庄となった。
南端はミンヒリアスであり、灰色川を挟んでエネドワイスに接した。

その他の地名はエリアドールの項を参照。

アルノールの歴史

アルノール建国

エリアドールにはもともとギル=ガラドの統治するエルフの国リンドンがあり、ヌーメノール忠実なる者達との絶えざる交流があった。ヌーメノールで王党派が勢いを得ると、迫害された忠実なる者達はリンドンのギル=ガラドの許へ亡命する者が多かった。
第二紀3320年、ヌーメノールの没落を逃れたエレンディルの率いる四隻の船はリンドンに漂着し、そこでギル=ガラドの援助を得る。エレンディルはその地のドゥーネダインを糾合し、ルーン川を遡ってアルノールを建国した。
南方では彼の二人の息子イシルドゥアアナーリオンゴンドールを建国しており、アンヌーミナスに玉座を置くエレンディルはこれら亡国の民の王国上級王と見なされていた。

父子は没落から救われた宝である七つのパランティーアを分割し、そのうちの三つをエレンディルが取った。
北方のパランティーアの親石はアモン・スールの塔に置かれ、もう一つは王都のアンヌーミナスに置かれた。最後の一つは、海を望んで建てられたエロスティリオンの塔に置かれたが、この石はただ西方のみを向き、失われたヌーメノールを、さらにはその先のトル・エレッセアを視るために使われた。

最後の同盟

このようにアルノールにおいては、いまだエルダールエダインの間の強固な結びつきが保持されていた。
サウロンゴンドールに攻撃を加えたとの報せがイシルドゥアよりもたらされると、第二紀3430年、エレンディルとギル=ガラドは最後の同盟を結んで共にサウロンの脅威に対抗した。エルフと人間の軍勢は裂け谷に集結して霧ふり山脈を越え、長く熾烈な戦いの末にモルドールの軍勢を打ち破る。
3441年に滅びの山の中腹で行われた最後の戦いにおいて、エレンディルとギル=ガラドは共にサウロンに挑み、これを斃すが、二人の上級王もまたサウロンに斃された。
イシルドゥアは死んだ父の身体の下で二つに折れたナルシルの柄本を使い、サウロンの指から一つの指輪を切り取ってそれを自分のものとする。

ドゥーネダインの上級王位とアルノールの王国は、イシルドゥアが継ぐはずであった。だが彼はアルノールへの帰国の途上、あやめ野においてオークの残党に襲撃されて命を落とす。イシルドゥアと共に彼の三人の息子エレンドゥアアラタンキアヨンも命を落とした。
そのため母とともに裂け谷に留まっていた末子で幼年のヴァランディルが王位を継ぐことになり(第三紀10年)、以後アルノールはその家系によって統治される。

アルノールの分裂と内乱

だが、最後の同盟の戦いで命を落としたドゥーネダインの数はあまりにも多く、アルノールでは人口が希薄化し無人の地と化する場所が多かった。
さらに10代目の王であるエアレンドゥアの死後、その息子達の不和が原因で、アルノールは第三紀861年にアルセダインルダウアカルドランの三国に分裂する。これらアルノールの国々は、北方のパランティーアの要であるアモン・スールの石の帰属を巡って国境争いを繰り返した。

やがてエレンディルの血筋はカルドランとルダウアでは絶え、ただアルセダインの王家に残るのみとなった。そのためアルセダインのアルゲレブ一世は再び全アルノールの統治権を主張したが、ルダウアによって拒否される。
ルダウアは北方に出現したアングマールと結び、アルセダインとカルドランを攻撃するようになった。

アングマールとの戦い

第三紀1300年、霧ふり山脈の北に魔国アングマールが出現し、北方のドゥーネダインの大きな脅威となる。
ルダウアではもともとドゥーネダインの数が少なく、山岳人に実権を握られており、そのためアングマールとの結託を招いた。アングマールの傀儡となったルダウアはアモン・スール東街道を奪い取ろうしたが、アルセダインカルドランリンドンの援助を得てそれを長い間守り通した。

しかし1409年、アングマールとルダウアの大軍によってアモン・スールは包囲攻撃を受け、戦火によりその塔は破壊される。
塔にあったパランティーアは救出されてフォルンオストに運ばれたが、この時ルダウアに残っていたわずかなドゥーネダインは滅ぼされ、またカルドランの国土は荒廃に帰した。カルドランのドゥーネダインは古森ティルン・ゴルサドにかろうじて逃れて抵抗を続けた。
リンドンの助けを得たアルセダインは難を逃れたが、アルノールの国土は侵略され、それはリンドンと裂け谷エルフによってアングマールが一時鎮圧されるまで続いた。

1601年、アルセダインのアルゲレブ二世ペリアンナス(ホビット)の要望を受け入れ、人口が希薄となった土地への移住を許す(ホビット庄のはじまり)。

だが1636年、中つ国全土に広がった悪疫エリアドールにも甚大な被害をもたらす。これによってカルドランのドゥーネダインの残党も死に絶える。そしてティルン・ゴルサドの塚山には、アングマールとルダウアの悪霊が来たって棲みつくようになった(塚人)。ペリアンナスが蒙った被害も深刻なものであった。

アルセダインとゴンドールの同盟

第三紀1940年、一つの敵意が様々な手段で攻撃を加えていることに気付いた南北の王国は連携を新たにすることで同意を見る。この際アルセダインアラファント王の息子アルヴェドゥイは、ゴンドールオンドヘア王の娘フィーリエルを妻に娶った。
1944年にオンドヘアが戦死すると、アルヴェドゥイはイシルドゥアの直系の子孫として、またフィーリエルの夫としてゴンドールの王位を要求した。だがゴンドール側は両王国の独立性を主張してこれを拒否し、翌年にはエアルニル二世が王位を要求し、ゴンドール王に即位した。アルヴェドゥイもあくまで自己の主張を通そうとはしなかった。

そのためこの時は亡国の民の王国の再統一は果たされずに終わる。
だがアルヴェドゥイとフィーリエルの婚姻によって、南北両王統の血がアルセダインの王家に保たれることになった。

北方王国の滅亡

第三紀1974年、アングマールは勢力を盛り返してアルセダインを急襲し、都のフォルンオストは陥落する。なおホビット庄ペリアンナスはこの戦いに援軍として弓兵を送ったとしているが、ドゥーネダイン側の記録には残っていない。
最後の王アルヴェドゥイ青の山脈からさらにフォロヘルに逃れたが、魔王のもたらす寒波のためにフォロヘル湾に没した。彼とともにアンヌーミナスアモン・スールパランティーアも没する。かくして北方王国は滅亡した。

アングマールの魔王はフォルンオストを占拠してそこに居座ったが、1975年、ゴンドールエアルニル二世が派遣した援軍が、遅ればせながらリンドンに到着する。魔王はフォルンオストから撃って出てこれを迎え撃ったが、打ち破られ、カルン・ドゥームに遁走した彼の軍勢は裂け谷の援軍に阻まれて殲滅された(フォルンオストの合戦)。

かくしてアングマールも滅ぼされたが、北方王国は荒廃に帰し、エリアドールに生き残ったわずかな人々は以後細々と自治による生活を続けることとなった。

アルノールの残党の野伏

第三紀1976年、アルヴェドゥイの息子アラナルスは北方のドゥーネダインの族長となる。アルノールの宝器(アンヌーミナスの王笏バラヒアの指輪折れたる剣ナルシルエレンディルミア)は裂け谷に預けられた。
以後、北方のドゥーネダインは野伏に身をやつしてエリアドールを放浪し、残忍な獣やサウロンの手先の脅威から旧アルノール臣民を人知れず守る存在となった。

ブリー郷の人々は野伏の姿を認めたもののその目的は知らず、胡乱な目でかれらを眺めた。
またホビット庄ホビットたちは長い平和を享受し、かつてはおぼろげながら感じていた守護者の存在を全く意に介さなくなっていく。
とはいえかれらも王の権威を完全に忘れたわけではなく、たとえ日々の決まり文句の片隅にではあっても王への敬意を抱き続けた。

南北の王国の統一

第三紀3019年(大いなる年)指輪戦争サウロンが滅ぼされ、野伏の族長であるアラゴルン二世がエレスサール王として即位すると、彼はアルノールの王権の証であるアンヌーミナスの王笏と、ゴンドールの王権の証である王冠を受け取る。
エレスサールはアルノール、ゴンドール双方の王となり、北方王国と南方王国の再統一が達成された。

アルノールの歴代の王

彼らは初代王エレンディルより、亡国の民の王国上級王の位を継承していた。
しかしエアレンドゥアの後、アルノールは分裂して衰退していき、もはや上級王とは見なされなくなった。

名前在位
初代エレンディル第二紀3320~3441 (121年間)
2代イシルドゥア3441~第三紀2 (2年間)
3代ヴァランディル10~249 (239年間)
4代エルダカール249~339 (90年間)
5代アランタール339~435 (96年間)
6代タルキル435~515 (80年間)
7代タロンドール515~602 (87年間)
8代ヴァランドゥア602~652 (50年間)
9代エレンドゥア652~777 (125年間)
10代エアレンドゥア777~861 (84年間)

以後アルセダインの歴代の王へ続く

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 父自らが建設し都と玉座を築いた国だから正統性では上ということになるのでしょうが、ゴンドールは旧来からのヌーメノールの(節士派)勢力圏の上に築かれたわけですから、元々の(安定度含めた)国力が違ったのでしょう。空白地帯に広がって希薄化した北王国と、繁栄期に築かれた基盤の上に建って栄えた南王国と。 -- 2014-01-30 (木) 20:58:14
    • 納得 -- 2014-06-05 (木) 02:02:45
    • 一応、エルフ等の同盟国との近隣という場所を選んでいたのでしょうが……本拠地は南方におくべきでしたね。 -- 2014-12-31 (水) 14:38:14
    • Tolkien Gateway等の情報で真偽のほどに確証は持てませんが、エリアドールにはアルノール建国のかなり前から相当な数の節士派が暮らしており(忠実なる者たちがリンドンに多く亡命したことは上のwikiにもある通り)、上古の知識も当初はゴンドール以上に残っていたため空白地帯とは必ずしも言えないようです。おそらく目立った外敵がおらず、団結する必要性を失った事もゴンドールよりも早く分裂、滅亡する要因の一つになったのではないでしょうか -- 2014-12-31 (水) 15:47:49
  • アルノール=漢帝国、アルセダイン=魏、カルドラン=呉、ルダウア=蜀。魏と呉をどちらにするか迷いますがこんなところでしょうか。 -- 2014-06-01 (日) 11:42:03
    • 政治的には上記の通りだが、血統的にはアルセダイン=蜀、そのアルセダインと敵対するルダウア=魏と言った所だろう。実際には真っ先に滅亡したカルドランが蜀っぽいが。 -- 2015-01-14 (水) 22:06:26
      • 最弱のルダウアが同じ弱小国民蜀で決まりだと思ったんだが -- 2015-03-23 (月) 14:33:16
      • 地形的にも山間の小国(ルダウアと蜀)、大河下流域の開拓地(カルドランと呉)、広大な丘陵地帯(アルセダインと魏)で割りと合ってる。ブランディワインとグワスロが黄河と長江ね -- 2019-11-18 (月) 22:36:14
    • 三国で表現するのは無理があるな。西ローマとフランス三王国辺りが限度 -- 2017-10-11 (水) 11:31:33
      • ゴンドールを東ローマ、モルドールを東の異教国と見て滅びた時系列とか位置関係を考えるとそんな感じかねー。現実の歴史と無理に当てはめるのは限界があるけれどついつい考えてニヤニヤしてしまう -- 2018-01-05 (金) 01:51:22
  • 国を割るレベルの三人の王子の不和って、北斗の拳の終盤に出てきたサヴァ国のありえたかもしれない未来図とも思えた。サヴァ国の王子たちは最後は改心して和解したけど。 -- 2018-09-22 (土) 12:17:07
  • 地理的にはやはりフランス ドイツのフランク王国辺りでしょうかね -- 2019-09-10 (火) 06:24:51
  • 「塚山」「緑道」「風見ヶ丘の廃墟」など滅びた王国の名残が少しだけ残っていて、その近くで過去を忘れてしまった人たちが牧歌的に暮らしている、物語序盤のこの対比の雰囲気がすごく好き。山登りしたら崩れて消え去ろうとしている山城の石垣があったような、そんな感じ。 -- 2019-09-20 (金) 18:07:57
    • ものすごいよくわかる。 -- 2019-09-20 (金) 18:44:02
  • 東にはモリア、西には灰色港があるとはいえゴンドールに比べて地政的にはメチャクチャ劣る国だよなぁ。モリアやエレギオンが存続してたらまた話は別なんだろうが。唯一の利点はモルドールが隣に無いことくらいなのに、魔王様が余計なことをやっさってくれたしなぁ。 -- 2020-06-16 (火) 23:25:07
    • あの時のwitch kingは自分の意志でアングマール立てたの?迂闊に動けなくなったサウロンの差し金じゃないの? -- 2020-06-17 (水) 00:15:01
      • ↑書いた者だが、指輪の幽鬼に「自分の意志」なんてあるわけないよ。サウロンが命じた事や望むことをどう実現するか、には裁量権があるだろうけど。「北方王国とドゥーネダインを根絶やしにしろ」というサウロンの意志のままに魔王は北に行き、アングマールを興した。だがそれが彼の裁量の範囲で行われたことか、サウロンの意のままにしたことかは、彼自身にもわからんだろうね。彼の主しかそれは答えられないはず。 -- 2020-06-17 (水) 01:14:21
  • 最盛期すらわからん国。亡命してきた国父による建国時が国力と業績の絶頂期というかなり情けない国だよなぁ。 -- 2020-10-20 (火) 22:50:48
    • 後漢みたいなものか -- 2020-10-20 (火) 23:23:15
      • 開祖が半端ない英雄じみた人格者の名君で、次代が同じく名君ですがそれ以降はぱっとしないところは似てますね。 -- 2020-10-20 (火) 23:47:36
  • 国の周囲全てが大山脈や海や友好国に囲まれた、何とも発展性のない国。南方に比べて(どうやら元から)人口も希薄だし。防衛も出撃も容易な上、いざとなれば東や南への逃亡や拡散が可能であったモルドールや防衛しやすい海岸線と発展性、防衛力や文化的先進性に優れた国土を持つゴンドールに比べるとその限界性は明らか。 -- 2020-10-23 (金) 17:43:08
    • アルノール成立以前から節士派の亡命拠点があって、恐らく当初は堕落以前のヌーメノール文化の賜物で身体的側面で他の植民地より優れていたとは言え、ヌーメノール時代の植民地を基盤にしたゴンドールに比べるとどうしても地力に劣ってしまう印象。この上最後の同盟で消耗してしまったから三代目ヴァランディルの時点で既に限界で管理が行き届いてなかったかもしれません -- 2020-10-23 (金) 19:12:15
  • 人口の希薄さよりも、中央集権化に失敗したという方が実情じゃないか?モルドールから遠い分、先行する節士派諸侯の(利害関係も含めた)諸々のネットワークが既に完成されてて、そこに上手く入り込んで行けなかったとか。古今東西、外部から新しい支配者を迎え入れた場合には往々にしてそういう事が起きた。 -- 2020-12-25 (金) 00:30:28
    • あるあるやね。もしそういうシチュエーションならむしろ無理に中央集権化を進めようとした結果、分裂と離反が続いたのかも。エルフやホビットにドワーフ、山岳人といった異分子もいるしね。そもそも発展できたゴンドールも中央集権より封建社会寄りだし。シチリア王国みたく異民族もうまく取り込み、少数の支配階級派が調整弁を果たす国家体制ならワンチャンあったのかも...? -- 2020-12-25 (金) 07:35:36
      • ゴンドール王家は外敵と接する領域(イシリアン、ハロンドール、カレナルゾン他)を率先して統治する事で先住諸侯の信頼を得たんじゃないかな。戦時は率先して防衛を担うのと引き換えに、平時は貿易と税で得た収入を自由にできるといった具合に支配を磐石にしたのかも。 -- 2020-12-26 (土) 18:29:03
      • サウロンが滅びてもハラドや東夷といった外部の強敵に対して求心力を発揮できたゴンドールとは異なり、大山脈に挟まれて内側にしか敵を見いだせなかったが故の悲劇と見るべきか、人間の業と見るべきか…。 -- 2021-03-01 (月) 07:55:21
  • この国がたどった歴史からしても、現実だとアラゴルンがたとえここの国の末裔でもそれだけで尊敬されたり王位を継承するのは難しいだろうなあとしか思えん、中つ国国家の中でもとりわけひどい内紛劇の持ち主。
    もちろんアラゴルン本人の力量と人徳だけで十分王位に就くに値するわけだが。
    アルヴェドゥイのすぐ後にアラゴルンが生まれなくて本当に良かった。 -- 2021-03-24 (水) 07:47:42
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: