アラゴルンとアルウェンの物語

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルThe Tale of Aragorn and Arwen

解説

アラゴルン二世アルウェンの出会いと婚姻に至るまでの経緯、また二人にやがて訪れた、人間の宿命による別れを描いた物語。『追補編』にその一部が収録されている。

エレスサール王の崩御(第四紀120年)後しばらくして、ファラミアの孫バラヒアによって書かれたと伝えられる。指輪戦争以外の部分を要約した話がセイン本に付け加えられ、これが『追補編』に収録された話の元になったと思われる。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

この物語の描写の一部が、イメージとして『王の帰還』で映像化され使用されている。

備考

この物語のうち、アラソルン二世(アラゴルンの父)とギルライン(アラゴルンの母)の話に焦点を当てた、Born of Hopeという非営利映画が制作、公開されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんでバラヒアはアラゴルンとアルウェンの物語を書いたんだろうね -- 2014-06-24 (火) 21:19:16
    • この二人の昔話を直接聞ける立場で、なおかつ二人の死に関する記述を行える人物は第四紀以降に産まれた人間じゃないと無理。 -- 2014-06-25 (水) 00:16:41
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: