アモン・ルーズ

概要

カテゴリー地名
スペルAmon Rûdh
その他の呼び名シャルブフンド(Sharbhund)

解説

シンダール語で「はげ山(Bald Hill)」の意味。ブレシルの南の地にただ一つだけ立つ丘。小ドワーフはシャルブフンドと呼んだ。
ミームの住まいのバル=エン=ダンウェズと呼ばれる洞窟があり、トゥーリンガウアワイスの仲間と共にドル=クーアルソルの根拠地にした。
トゥーリンがこの地でベレグと再会すると予言し、事実再会した場所でもある。

というのもアモン・ルーズは、シリオンの谷ナログの谷の間に広がる荒れた高地の東の外れにあり、ヒースの()い茂る岩がちな麓のさらに上に千余フィートの(いただき)(そび)え立たせていたからだ。東側には、七竈(ななかまど)の群生や、岩場に根を張る茨の老木が茂るでこぼこした土地が、緩やかな登りとなって高い峰へと続いていた。アモン・ルーズに裾野にはアイグロスの茂みがあったが、しかし峻嶮(しゅんけん)な灰色の山頂は、岩を(おお)う赤いセレゴンの他には何一つ生えていなかった。*1

コメント

コメントはありません。 Comments/アモン・ルーズ?

お名前:
Last-modified: