アモン・ヘン

概要

カテゴリー地名
スペルAmon Hen
その他の呼び名視る山(Hill of Sight)

解説

シンダール語で「目の丘 (Hill of the Eye)」の意。トル・ブランディアの西にあるエミン・ムイルの山。
山頂には視る椅子があり、麓の林とアンドゥインの岸辺の間にはパルス・ガレンの草地が広がる。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

視る椅子をはじめとした遺跡が再現されており、ここでアラゴルンレゴラスギムリボロミアたちが、サルマン配下のウルクと戦っている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画版で、ホビットは生け捕りにしろって命令されてるのにもかかわらずメリーとピピンを鉞で真っ二つにしようとしてたウルクさんは何だったのか。 -- 2013-07-23 (火) 22:49:24
    • 演出として危機感を出したかったのでしょうが、矛盾してますよね -- 2013-07-24 (水) 04:20:46
    • まあどのクラスにも先生の話ちゃんと聞いてない子は必ずいますからねww -- 2014-06-13 (金) 12:43:57
      • 畜生!それじゃオークと同じレベルだぜ! -- 2014-06-13 (金) 15:05:39
    • 実はウルクは真っ二つにされても死なない生命力の持ち主で、ホビットもそうだと思っていた、という仮説はどうだろうかw -- 2014-06-13 (金) 23:40:00
    • ホビットが何なのか分からなかったから、とりあえず目の前の変なのは殺しとこう、的な思考だったとかwww -- 2015-09-02 (水) 14:33:52
      • 吹き替えだと“ホビット”だけど原語だと“Halflings(小さい人)”なんですよね。だから判別がつかなかったという事は無いはずなんですが…… -- 2015-09-02 (水) 16:36:28
      • ウルク=ハイさん「西方語わからん……」 -- 2015-12-27 (日) 16:18:56
      • とりあえず、ボロミアとあの鉞ウルクさんはグルだったということで落ち着かせよう。。。 -- 2015-12-27 (日) 20:18:08
      • ↑ 角笛で邪魔なアラゴルンを誘い出し、ラーツに殺させようと(をい -- 2015-12-28 (月) 10:07:41
    • 原作でも怪我させるは、へとへとになるまで走りまわすは、思いっきり蹴りは入れるは、ローハンの連中に捕まりそうになったら、殺してもかまわんと考えていたし、一応、命令には従ってはいたけど遵守する気はなかったみたい。 -- 2015-12-29 (火) 23:53:06
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileAmon Hen by John howe.jpg 2731件 [詳細]
Last-modified: