アモン・エレブ

概要

カテゴリー地名
スペルAmon Ereb
その他の呼び名エレブ(Ereb)

解説

シンダール語で「離れ山(Lonely Hill)」の意(単にエレブと呼ばれることもある)。東ベレリアンドラムダルゲリオン川の間にある丘。
ベレリアンド最初の合戦の時、デネソールが包囲を受けて死んだ地。
またダゴール・ブラゴルラハの際に敗北したカランシアアムロドアムラスは、ラムダルの南へ逃れた後、アモン・エレブ山頂に見張りを立てるようになったという。
マイズロス大敗を喫したあとに住んだことがある*1という記述があるが、実際にはマイズロスはニアナイス・アルノイディアドヒムリングを失った後は弟たちと共にオッシリアンドに住まっている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 14章「ベレリアンドとその国土のこと」にはマイズロスが大敗を喫した後に住んだことがあると書いてありましたが、実際にこのあたりに「大敗を喫した後に」住んだという描写があるのはブラゴルラハの後のカランシアとアムロド&アムラスです。マイズロスはブラゴルラハの後もヒムリングを保持していて、ニアナイスの後は他の弟たちと共にオッシリアンドに住まっています。もしかしたらドリアス襲撃後かシリオンの港襲撃後にはここに住まっていたのかもしれないですが。 -- 2010-05-13 (木) 07:17:54
お名前:
Last-modified: