アモン・エシア

概要

カテゴリー地名
スペルAmon Ethir
その他の呼び名間者山(Spyhill)

解説

シンダール語で「間者山」の意。ナルゴスロンドの城門から東に1リーグの地点(タラス・ディアネンの平原)にフィンロドが多大な労力をかけて作らせた、山のように大きな築山。頂上以外は木が生えており、木の生えていない頂上からは周辺の土地が一望できた。
ドリアスからナルゴスロンドに向かおうとしたモルウェンニエノールらがグラウルングに襲われ、ニエノールが記憶を奪われたところ。

コメント

コメントはありません。 Comments/アモン・エシア

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: