アムロド

概要

カテゴリー人名
スペルAmrod
その他の呼び名フェアノールの息子たち、Pityafinwë*1、Ambarto*2
種族エルフノルドール
性別
生没年~†第一紀(538)
フェアノール(父)、ネアダネル(母)
兄弟マイズロスマグロールケレゴルムカランシアクルフィン(兄)、アムラス(弟)
配偶者不明
不明

解説

フェアノールの六男。アムラスとは双子の兄弟で、共に優れた狩人。
アングバンドの包囲の間は後にエストラドと呼ばれる東ベレリアンドの南の地にアムラスと共に定住し、ほとんど北方に出ることはなかった。ダゴール・ブラゴルラハではアムラス、カランシアと共にその地から撤退。更にニアナイス・アルノイディアドの敗北の後は他の兄弟たちと共にエレド・リンドンの山麓に逃れて緑のエルフと交わり、森の国の暮らしを行うようになる。
その後アムロドは兄弟たちと共にドリアス襲撃に加わる。同様にシリオンの港エアレンディルの族の襲撃にも参加するが、その時に討ち死にする。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 母名Ambarto(Upward-exalted),父名Pityafinwë(Little Finwë)。ただし幼少期はAmbarussaの名を双子で共有していた。のちにフェアノールの求めに応じて名前を分けたが、その時片方の名をAmbartoにするかUmbarto(Fatedの意味)にするかフェアノールとネアダネルで意見が分かれたらしい。 -- 2011-05-05 (木) 10:55:07
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: