アマルシエル

記載されている内容はネタバレを含みますのでご了承ください。

概要

カテゴリー人名
スペルAmarthiel
異訳
その他の呼び名アングマールのチャンピオン(Champion of Angmar)、ナルメレス(Narmeleth)
種族エルフノルドール
性別
生没年~†第三紀3019
ライルダン
兄弟
配偶者なし
なし

解説

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』に登場するキャラクター。エピッククエスト『Volume I. Shadows of Angmar』後半の重要人物。
アマルシエルは、サラ・オークハート(Sara Oakheart)という人間の老婆の姿で、時折冒険者の前に姿を現していた。冒険者がゴロディアと共にカルン・ドゥームに侵入してモルディリスと戦ったとき、サラは突然姿を現して、パランティーアを奪っていってしまう。その後サラは、自分がアングマールのチャンピオンであると明かし、かつて失った魔法の指輪ナルクイルの争奪戦を、冒険者と行うことになる。

アマルシエルの正体と来歴

アマルシエルの正体は、リンドンノルドール・エルフであるライルダンの娘ナルメレスである。
ナルメレスは第二紀、正体を隠したサウロンの誘惑に乗り、魔法の指輪(力の指輪よりも下位のもの)を作った。その中にナルクイルがあった。やがてナルメレスはサウロンの力によって堕落し、アングマールのアマルシエルと化す。ナルクイルを手にしたアマルシエル(ナルメレス)の力は猛威を振るったが、彼女は第三紀1975年のフォルンオストの戦いによって倒される。ナルメレスの父ライルダンは、ナルクイルを2つに砕いて破壊し、今だ自分を取り戻せないでいるナルメレスをトロルの森のデロッサド(Delossad)に幽閉して、治療することにする。その時ナルメレスを世話していた者の中に、人間の老婆サラ・オークハートがいた。
だがデロッサドにやってきたモルディリスらがナルメレスを解放。ナルメレスは再びアマルシエルとなり、サラ・オークハートを殺してその姿を奪った。

モルディリスが冒険者に倒されると、アマルシエルはモルディリスに取って代わろうとする。アマルシエルはパランティーアを使ってナルクイルを捜索。また、まだナルメレス救出の望みを持っていたライルダンを捕らえ、彼の娘に対する愛情につけ込んで、ナルクイルの破片を持ってくるように仕向けた。
ナルクイルの破片を手に入れたアマルシエルは、エレギオンの鉱炉にてナルクイルを再生し、再びナルクイルの力を手にする。だがそこにモルディリスが舞い戻り、ナルクイルを引き渡すようアマルシエルに要求。アマルシエルはこれを断ってモルディリスと戦うが敗れ、モルディリスの配下モルドランボールに、手首ごとナルクイルを奪われる。

ナルクイルを失ったことと、瀕死だったライルダンのいまわの際の呼びかけにより、遂にアマルシエルはナルメレスとしての自分を取り戻す。一時裂け谷のエルフに捕らえられたナルメレスだが釈放され、冒険者と共にモルディリス、モルドランボールを倒すためにアングマールへと出発。ナルメレスは、ライルダンの最後の言葉に従い、ゴロディアの剣である折れたドゥナシャールを譲り受ける。
ナルメレスと冒険者は、ナルクイルを手にしていたモルドランボールを撃破。ナルメレスは、自らの手でナルクイルを破壊する。さらにナルメレス達はモルディリスと戦う。ナルメレスはモルディリスにドゥナシャールを突き立てて倒すが、自らも倒れた。

画像

アマルシエル ナルメレス

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • おお、アメゲーとは思えないほどに可憐な。Elendilmirサーバに放ってあるキャラ、移行して再開するかな… -- 2015-11-06 (金) 18:19:51
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileCTDq3zUVAAAp9yf.jpg 752件 [詳細] fileCN_OXXdVEAA8UdR.jpg 682件 [詳細]
Last-modified: