アゾグ

概要

カテゴリー人名
スペルAzog
種族オーク
性別
生没年不明~†第三紀2799年
ボルグ(息子)

解説

モリアオークの首領。残忍で奸智に長けたオークで、図体が大きく、大きな頭を鉄で被っていた。

「だが、今はだれがここの王なのか、もしやつの家族が知りたがったらな、やつの顔にその名が書いてあらあ。おれが書いたのよ! おれがやつを殺したのよ! おれがここの主よ!」
そこでナルは首をひっくり返し、その額にかれにも読めるドワーフ文字で、アゾグという名が焼きつけてあるのを見た。その名はその後かれの心に、またすべてのドワーフの心に消しがたい烙印となって残った。*1

第三紀2790年、単身モリア東門(大門)に入り込んできたスロールを殺し、その切断した首に己の名を烙印して、モリアは自分のものだと宣言する。そしてこのことを他のドワーフ達に伝えるよう、スロールの従者ナルに要求し、「駄賃」として小銭袋をナルへ投げつけた。

その結果、2793年よりドワーフとオークの戦争が始まる。ドワーフの連合軍によって霧ふり山脈のオークはモリアに追い詰められたが、最後の戦いである2799年のナンドゥヒリオンの合戦において、アゾグは彼によく似た姿の護衛兵達を引き連れて姿を現し、くろがね連山ナインと戦って彼を殺した。だがその最中に自陣が全滅したことに気づいてモリアに逃げ帰ろうとしたところを、後を追ってきたナインの息子ダインに討ち取られた。
その首は杭にさらされ、口にはかつて彼が投げつけた小銭袋が突っ込まれた。

それから142年後の2941年に、アゾグの息子ボルグ霧ふり山脈のオークを率いて五軍の合戦に参戦し、再びダインと相まみえることになる(『ホビットの冒険』)。

映画『ホビット』における設定

俳優マヌー・ベネット
日本語吹き替え吹き替えなし

原作では故人だが、映画では登場。グンダバド出身のオークで、モリアを占拠していたオークの首領。「穢れのオーク、穢れの王」*2の異名を持つ。
回想シーンにおけるナンドゥヒリオンの合戦ではメイスを武器に戦い、スロールを殺害。その後トーリンと戦い、左腕を切り落とされてモリアの中へ逃げ帰る(この時トーリンはの枝を盾にしたという、オーケンシールドの名の由来が登場。またアゾグはダインに討ち取られたことにはなっていない)。

その後もアゾグは生きており、左腕に鉤爪の義手を付け、白いワーグに乗り、エレボールに向かうトーリンとその仲間を追い回す。

『竜に奪われた王国』でもトーリン達の追跡を続けているが、死人占い師に呼び出されたためにドル・グルドゥアに戻ることになり、トーリンの追跡は息子のボルグに引き継がせる。その後、ドル・グルドゥアに潜入してきたガンダルフと対峙する。
『決戦のゆくえ』で、ドル・グルドゥアの軍勢を引き連れてエレボールデイル(谷間の国)を攻撃(五軍の合戦)。この時は、左腕の義手が刃になっている。アゾグたちは、トーリンたちをからすが丘に誘い出してフィーリを殺し、その後のトーリンとの対決ではオルクリストに刺され、相打ちになって死んだ。

画像

『ホビット』におけるアゾグ 『ホビット』における五軍の合戦でのアゾグ

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

アザルヌビザール(ナンドゥヒリオン)の合戦の回想などに登場。プレイヤーが戦うことはないが、ナルの回想によるスロール殺害の場面、アザルヌビザールの合戦でダインに討ち取られる場面などが再現されている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるモリア東門雨前での、アゾグと殺されたスロール 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるナンドゥヒリオンの合戦時のアゾグ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • イケメンなオークなんだけど、トーリンへのストーカー行為が激しかったせいなのか、氷の下で目を閉じるシーンがキス待ち顔に見えてしまったわ。すまんアゾグ。あと派手な傷痕をよく見せつけてるせいてドM疑惑が発生した。重ね重ねすまんアゾグ。 めちゃかっこいいのになあ。 -- 2019-03-09 (土) 01:49:01
    • 氷の下から飛び出してくるシーンの原理が知りたいわ -- 2020-07-31 (金) 23:34:17
  • あの青い瞳が好き -- 2019-03-27 (水) 11:38:32
  • お前もアゾグだ(っ•᷅ὤ•᷄)≡⊃)3゚)∵ -- 2019-12-02 (月) 21:34:02
  • 身長どれくらいだ? -- 2020-04-17 (金) 09:57:27
  • 普通のオーク(ウルク=ハイ)の倍くらい -- 2020-05-06 (水) 12:13:24
  • ゴブリンチャンピオン -- 2020-05-16 (土) 14:17:47
  • ゴブリンチャンピオンは原作2巻だと人間の約2倍 ゴブリンの約3倍てわ鉛色の肌ってなってる辺り恐らくアゾクを意識してる -- 2020-05-17 (日) 04:03:47
  • 映画のアゾグってトーリンと、ひとつの運命の表裏となるくらい硬く結びついてしまった存在に見える。戦の勝敗はどうあれ、片方の死はもう片方の死に繋がってしまう定めだったというか。 -- 2020-08-15 (土) 10:26:40
  • 映画オリジナルと言うと眉をひそめる人もいるけど、ホビットのアゾグは間違いなく最早実質的には映画オリキャラとして燦然と成功していたと思う。
    彼がいなきゃ、映画ホビットはもしかしたら退屈な作品になっていたかも。
    ぶっちゃけ、魔王を除いたナズグルよりよっぽど有能でしょ。映画版の彼は。 -- 2021-07-25 (日) 15:52:44
  • オンラインのアゾグ、映画に寄せすぎじゃね? -- 2021-07-25 (日) 22:46:22
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot_2021-06-30_123743_0.jpg 75件 [詳細] fileScreenShot_2021-06-26_211511_0.jpg 95件 [詳細] fileAzog2.jpg 772件 [詳細] fileAzog1.jpg 753件 [詳細]
Last-modified: