アグハン

概要

カテゴリー人名
スペルAghan
種族人間ドルーエダイン
性別
生没年第一紀
兄弟兄弟が少なくとも一人

解説

終わらざりし物語』に収録されている「忠実な石像」という伝説に登場する、第一紀ドルーグ(ドルーエダイン)の医者の名。ハレスの族の森人バラハの友人。

アグハンはドルーグに特有の、護衛の力によってバラハの一家を守っていた。だがある時重傷を負った縁者の治療のため、一家の許を離れなければならなくなった。彼は留守の間もバラハ達を守るため、制作した見張り石を残して行った。
はたしてバラハの家がオークに襲撃されそうになった時、この見張り石は動き出してオークを殺し、オーク達がつけた火を足でもみ消した。夜が明けてアグハンが帰ってくると、石像の足は焼け焦げて砕けており、アグハン自身の足にも火傷の跡ができていたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この魔法の技は指輪物語の時代には絶えてしまったのかな?  -- 2015-04-03 (金) 14:38:49
    • モルゴス時代の虐殺で失われてしまったのでしょう。 -- 2015-07-11 (土) 12:48:37
    • 生き残ったのはわずか数家族で女子供ばかりだったとあるから、技術の継承は、そこで途絶えてしまったと考えるのがやはり自然でしょう。 後世の者が祖先を偲び石像その物は再現はできたけど魔法の技は無理だったのかも。 -- 2016-12-17 (土) 13:45:43
    • 心清らかなる者ほど早く世を去っていくのだろう -- 2016-12-17 (土) 22:09:29
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: