アイリン

概要

カテゴリー人名
スペルAerin
種族人間エダイン
性別
生没年~†第一紀(496)
インドール(父)
配偶者ブロッダ

解説

ドル=ローミンに住むフーリンの親戚*1インドールの娘。
ニアナイス・アルノイディアドの合戦後、ドル=ローミンの地に東夷が侵入してハドルの族が奴隷にされると、アイリンは東夷のブロッダとの結婚を強いられる。ブロッダには奴隷ではなく妻として扱われ、アイリンのおかげでブロッダの屋敷では宿を乞う者を受け入れるなどの古き良き風習が保たれた。
アイリンは当時困窮していたフーリンの妻モルウェンを密かに援助した。このことでアイリンはブロッダから暴力を振るわれた。

過酷な冬の最中、グラウルングの呪縛によりフーリンの息子トゥーリンがモルウェンとニエノールを捜してブロッダの屋敷に乗り込んでくると、彼に二人がドリアスへ去ったことを告げる。呪縛が解け、激昂したトゥーリンがブロッダを殺害し、それを引き金に屋敷で東夷たちと蜂起したハドルの族の奴隷たちの殺し合いが起こると、アイリンは彼の短慮を諫め、直ちに立ち去ってモルウェンのもとへ行くよう進言した。
トゥーリンが生き残ったハドルの族を連れて逃亡すると、アイリンはブロッダの屋敷に火を放って自害した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この人はトゥーリンが来るのと来ないのではどちらが良かったのだろう… -- 2013-08-12 (月) 00:31:02
  • アイリンさん、ブロッダから暴力振るわれてかわいそう・・・。 -- 2021-11-30 (火) 23:33:00
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: