アイゼン(ぐち)

概要

カテゴリー地名
スペルIsenmouthe
異訳イセン口
その他の呼び名カラヒ・アングレン(Carach Angren)

解説

シンダール語で「鉄の(あぎと)(Iron Jaws)」の意であるカラヒ・アングレン西方語での呼び名。
エフェル・ドゥーアスエレド・リスイのそれぞれの支脈が接近する地点にある狭い峡谷で、ウドゥンゴルゴロスを隔てる。峡谷の間隙には砦が築かれており、モルドール国内からウドゥンへ向かう道はすべてここでいったん集中するようになっている。

突き出た二つの突出部には(とりで)や塔が建造され、篝火(かがりび)がたかれていました。また突出部の間の間隙には土を高く盛り上げた塁壁が築かれ、ただ一本の橋よりほかに渡れない深い(ほり)が掘られていました。
… かれらはもう平地の上に出ていて、ウドゥンの入口に近づいていました。その口より少し手前、橋の(たもと)にある門の前で西からの道は、南からのと、バラド=ドゥアからのと、他の二本の道路と合流していました。どの道路にも軍隊が動いていました。*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 地図を最初に読んだ時は「いせんろ」と読んでました。 -- カイト
  • アイゼンという言葉はアイゼンガルドやアイゼングリム・トゥックにも見られますね。でも、くろがね山脈はIronなんですね。 -- 2012-02-13 (月) 00:34:21
  • ここも砦や物見の塔などで堅固に要塞化されてるみたいです。 -- 2013-07-23 (火) 03:49:59
お名前:
Last-modified: