アイゼンガー・トゥック

概要

解説

トゥック翁ことゲロンティウス・トゥックの末の息子。ビルボ・バギンズの母方の叔父にあたり、フロド・バギンズペレグリン・トゥックメリアドク・ブランディバックの親戚にあたる。

追補編』に収録されているトゥック家の系図には若いころ船乗りになったと伝えられる*1とあり、事実であれば、基本的に水場や船を恐れるホビットにしてはきわめて稀な例である。
旅に出て戻らなかったというヒルディフォンズ・トゥックと並んでトゥックの変わり者として知られており、『終わらざりし物語』によればビルボは若い頃、彼らのような「飛びだしていった」ホビットのことでガンダルフを質問攻めにしたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 没年がちゃんと記録されているということは、やはり「海に去った」のではなく「海に行った(最終的には帰ってきた)」と見るべきなのでしょうね -- 2020-03-26 (木) 16:35:42
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: