アイゼンの浅瀬

概要

カテゴリー地名
スペルFords of Isen, Crossings of Isen
異訳イセンの浅瀬
その他の呼び名アスラド・アングレン(Athrad Angren)*1

解説

シンダール語のアスラド・アングレンの訳名。ローハン谷にあるアイゼン川の浅瀬で、南北街道が通る。
アイゼン川がローハン谷の中で西に曲がるところのすぐ上流に位置する。ここで川は広く浅くなり、川の真ん中にある裸の島(中ノ島)を挟むように流れ、上流から流れてきた石や砂利で浅瀬が形成されている。三列の平たい飛石の列が両岸と中ノ島を繋ぐように置かれ、列の間はを渡す浅瀬になっている。
アイゼン川はローハンの国境であり、この浅瀬はアイゼンガルドよりも南で大規模な軍勢が川を渡ることができる唯一の場所であったため、戦略上重要な地点だった。

指輪戦争時にはサルマンのアイゼンガルド軍とローハン軍の間で二度の合戦が行われた(アイゼンの浅瀬の合戦)。最初の合戦でセオデン王の息子セオドレドが討ち死にし、中ノ島の真ん中に築かれた塚に葬られた。合戦後には、他の戦死者もガンダルフの指示によって同じ塚に葬られた。

コメント

コメントはありません。 Comments/アイゼンの浅瀬

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: