たおやかな(ぶな)

概要

カテゴリー人名
スペルWandlimb
その他の呼び名フィンブレシル(Fimbrethil)、足取り軽きたおやかな(ぶな)娘(Wandlimb the lightfooted)
種族エントエント女
性別
生没年不明

解説

シンダール語での名はフィンブレシル。かつて木の鬚が愛したエント女
指輪物語』中で木の鬚は彼女との再会を望む心情を口にしている。

名前について

フィンブレシル(Fimbrethil)の名の意味は『追補編』の追補Fでslender-beech(ほっそりしたの木)*1と説明されている。だが『指輪物語』原著第二版(1966年)の索引でトールキンはその意味を"Slim-birch"(細い)としている。また他の固有名詞(ブレシルニンブレシル)でも、ブレシル(brethil)は樺の意味である。
この齟齬について『The Lord of the Rings A Reader's Companion』では、トールキンは追補Fの執筆時に、brethilを橅の木(beech-tree)の意味とするThe Etymologies(語源集)*2の内容を思い出したのではないかと推測している。

Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、Wandlimbの名はフィンブレシルの訳名ではない。

Wandlimbの邦訳名は「たおやかな橅娘」だが、原語には橅(及び樺)に相当する語は含まれていない。

コメント

コメントはありません。 Comments/たおやかな橅娘?

お名前:
Last-modified: