このページは鉄の王冠より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

(てつ)(かんむり)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルIron Crown
異訳鉄の王冠

解説

「世界の王」を称したモルゴスが、アングバンドで自分のために鍛えた巨大な鉄の冠。奪い取った3つのシルマリルが嵌め込まれていた。
耐え難いほど重かったが、モルゴスは絶対に頭上から取ろうとしなかったという。しかしルーシエンの歌によって眠らせられたモルゴスが玉座から崩れ落ちたとき、冠も頭上から落ちる。ベレンアングリストを使って、冠からシルマリルの1つを取り戻した。

怒りの戦いでモルゴスが敗北すると、残りのシルマリルも取り外され、冠自体は頸にはめる鉄環に打ち直されてモルゴスを拘束するために使われた。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

アングマールの権威やその力を示す言葉として使われている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • べレンが冠からシルマリルの1つを外し奪った後、モルゴスはそのことは悔やまなかったありますが、配下の者達は彼の前でそのことを話題にはできなかったでしょうね。 -- 2014-11-05 (水) 10:52:06
    • 考えてみたら相当気まずいですね -- 2015-01-10 (土) 10:59:39
    • シルマリルの熱が伝わって頭焼かれたりしないのかしら -- 2017-10-27 (金) 22:30:12
  • モルゴスの首の筋肉は、だいぶ鍛えられたでしょうね。 -- 2014-11-06 (木) 12:46:26
  • 英語圏コミュニティでは「iron clown of morgoth」と呼ぶ事が多い -- 2017-08-14 (月) 19:16:25
    • キリスト教の聖遺物である「ロンバルディアの鉄王冠(Iron Crown of Lombardy)」と明確に区別するためでしょうか…? -- 2017-10-28 (土) 00:11:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-28 (土) 00:11:25 (261d)