このページは再統一された王国より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

亡国の民の王国

概要

カテゴリー地名
スペルRealms in Exile
異訳亡国者の王国
その他の呼び名二つの王国(Two Kingdoms)、ドゥーネダインの諸王国(Kingdoms of the Dúnedain)、再統一された王国(Reunited Kingdom)

解説

三に三倍する数の 
  背高き船と、背高き王らが、
水に沈みし地から潮路烈しき海を越えて、
  持ち(きた)りしは、何々ぞ?
七つの星に、七つ石
  また一本(ひともと)白の木よ。*1

ヌーメノールの没落を逃れたエレンディルと二人の息子たち(イシルドゥアアナーリオン)が築いた、中つ国におけるドゥーネダインの王国のこと。北方王国アルノール南方王国ゴンドールに分けられる。

九隻の船に乗って破滅を逃れたヌーメノールの遺民によって、第二紀3320年に建国される。エレンディルと彼の率いる四隻の船はリンドンに流れ着き、ギル=ガラドの援助を得てネヌイアル湖のほとりにアルノールを建国した。一方イシルドゥアの率いる三隻とアナーリオンの率いる二隻はアンドゥインの河口に流れ着き、ペラルギア忠実なる者達と合流して大河の両岸にゴンドールを建国した。

ゴンドールはイシルドゥアとアナーリオンによって統治されたが、アルノールを統治するエレンディルが王国全体の上級王と見なされていた。かれらはヌーメノールから持ち来たった七つのパランティーアを分割し、王国の各地に配備することで緊密な連絡を保っていた。

彼らはギル=ガラドらと協力し、最後の同盟の戦いで一丸となって戦ったが、エレンディルとアナーリオンが戦死する。王国を引き継いだイシルドゥアは、北方の父の領地へ向かう途中あやめ野オークに襲われて行方不明になる。その後、ゴンドールではアナーリオンの息子で年長のメネルディルが、アルノールではイシルドゥアの息子で唯一生き残った最年少のヴァランディルがそれぞれ王位に就くことになり、王国の分裂がはじまる。
時を経るにつれて、ゴンドールはかつてのヌーメノールを偲ばせるほど国力を増大させる一方、アルノールがアルセダインカルドランルダウアの三国に分裂して内乱状態に陥り、衰退したことで、アルノールの宗主権低下は決定的になっていった。
戦乱によって使用可能なパランティーアが次第に失われていったことも王国の分裂と縮小の一因となった。

アルセダインの最後の王となるアルヴェドゥイは、ゴンドール王オンドヘアの娘フィーリエルを后に迎え、オンドヘアの死後ゴンドールの王位を要求して王国の再統一を図った。だがゴンドールの執政ペレンドゥアらは、南方王国はアナーリオンの男系の世継ぎによって統治されるべきであるとしてこれを退け、王家の血を引く将軍エアルニル二世を王位に迎えた*2。そのため再統一は果たされずに終わる。

第三紀1974年、アングマールによってアルセダインは滅ぼされてアルヴェドゥイは死に、アルノールのドゥーネダインは荒野をさすらう野伏となった。また2050年には魔王の策略によってゴンドール王エアルヌアは還らぬ人となり、王位を主張できるほどの王統近親者は現れず、ゴンドールの王座は空位となって執政が王の名の下に直接統治を行うようになる。

再統一された王国

アルヴェドゥイの息子アラナルスは、第三紀1976年に北方のドゥーネダイン野伏)の族長となる。アラナルスはイシルドゥアの直系であり、またフィーリエルを母に持つことから、ゴンドールのアナーリオン朝の血を引く者でもあった。以来エレンディルの世継ぎの血は、野伏の族長達によって連綿と引き継がれる。

第三紀3019年(大いなる年)、指輪戦争に勝利したアラゴルン二世がエレスサール王として即位したことで、エレンディルの王国の再統一が成し遂げられた(再統一された王国)。
彼はアルノール王権の証であるアンヌーミナスの王笏と、ゴンドール王権の証である翼ある王冠を共に帯び、中つ国の西方世界の盟主として西方の王と呼ばれるようになる。その下で王国は、中つ国における古の国土をほぼ完全に回復した。ただしカレナルゾンはあらためてエオルの誓いのもとローハンに割譲され、ドルーアダンの森ドルーエダインの、ホビット庄ホビットの自治に委ねられた。
谷間の国山の下の王国などもそれぞれの王を戴きつつ、西方の王の庇護下に置かれた。

第四紀120年にエレスサール王が崩御してアルウェン王妃がゴンドールを去ると、王位は二人の息子エルダリオンに継承された。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 「再統一」といいますが、そもそもそれ以前に南北が統一されていた時期なんてありましたっけ?もちろん建国当初は概念的には一体感はあったのでしょうが、あくまで別個の王国だったような・・・ -- 2014-06-05 (木) 01:40:23
    • この記事でも述べられていますが、エレンディル~イシルドゥアの時代には「ドゥネダインの王国」として一体のものと見なされていました。アルノール側の認識では、イシルドゥアはあくまで南方王国を甥に「委ねた」のであって「かれはゴンドールにおけるかれの王権を譲渡したのでもなければ、エレンディルの王国を永久に分割しようとしたのでもない」(追補編)とされています。この認識を裏付けるものとして、たとえばアンヌミナスの王錫、エレンディルミア、バラヒアの指輪と、由緒あるドゥネダインの王を示す品々は全て北方王国に属するものです。一方でゴンドールの王冠は、元来はイシルドゥアが戦場で帯びた兜だったものが後世に権威化されたものですから、つまり初期の南方王国には王位を示す特別な品がほとんど存在していなかった節がある。真の意味での王位(上級王位)はアルノールの側にあると考えられていた可能性が高いです。 -- 2014-06-05 (木) 09:43:21
      • 白の木は南方王国ですけどね。 -- 2014-06-05 (木) 18:03:14
      • 白の木は王家の運命と結びついた象徴ではありますが、「王が身に帯びる象徴」(レガリア)ではありませんからね。 -- 2014-06-05 (木) 19:58:12
      • その白の木も元々イシルドゥアが戦いで死んだアナーリオンの記念として植えたものだから、結局起源はイシルドゥアに由来する(そもそも、ヌーメノールのニムロスが伐り倒される前にその実を命がけで盗み出したのが彼だった)。 -- 2015-01-14 (水) 21:50:47
    • おそらく両国が初期には地理的に一体として繋がっていなかったからそう見えるんでしょうな。 -- 2015-01-05 (月) 10:45:11
      • アルノールとゴンドールの間の沿岸地方の存在感があまりにも薄いですし…… -- 2015-01-05 (月) 21:42:26
      • 再統一された王国の領土をネットで探してみたら、エネドワイスを含めて北方と南方が一体化していて感激した。 -- 2015-12-12 (土) 21:36:04
  • 片や王国は滅び去ったが王統は保たれた。片や王国は維持できたが王の血筋が絶えた。最後にはそれら(アラゴルンとゴンドール)が合体した。話がようできてますな・・ -- 2015-02-02 (月) 17:05:15
    • しかも王家の血統はイシルドゥア王家、アナリオン王家その両方ともエレスサール王には流れていますしな -- 2015-12-02 (水) 17:31:00
  • 冒頭の詞の翻訳はほんとに素晴らしい。僕は暗唱するぐらい好きです。誰が翻訳したのかわかりませんが、不思議なリズムがあって頭にしみこむように憶えられました。 -- 2015-12-02 (水) 22:40:24
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔 下』「十一 パランティアの石」 ガンダルフが歌う古い伝承の歌
*2 指輪戦争においてデネソール二世も同様の主張をしている

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-12 (土) 21:36:04 (801d)