このページは星々の時代より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

(ふた)つの()時代(じだい)

概要

カテゴリー歴史・
スペルYears of the Trees
異訳二本の木の時代
その他の呼び名二つの木の長い年月(the long Years of the Trees)

解説

灯火の時代の後、アマンテルペリオンラウレリンという二つの木が誕生してアマンを照らしていた、約15ヴァラール紀(約1万5千太陽年)の時代。
また、中つ国においては星々の光の下、エルフが誕生した時代でもあることから、星々の時代とも呼ばれる。

二つの木、星々、エルフの誕生

メルコールによってイルルインオルマルが破壊された後、アマンに撤退したヴァラールは、ペローリの山々を作ってメルコールに対する防壁とする一方、ヴァリノールに自分たちの都ヴァルマールを作った。そしてエゼルロハールヤヴァンナが歌うと、銀の木テルペリオンと金の木ラウレリンという二つの木が育って光り輝きはじめた。

一方中つ国では、ウトゥムノを居城とするメルコールが中つ国の北方から徐々に南へと暗黒、堕落、恐怖を振りまいていた。またアマンからの攻撃を阻止するため、中つ国の北西の海岸近くにアングバンドを築いて、自分の副官サウロンに統治させていた。

ヴァラールは、アルダエルフが誕生する時が近づいているのを、イルーヴァタールの示した構想により知っていた。ヴァルダ(エルベレス)は、エルフが中つ国の闇の中に生まれないようにと、空にテルペリオンの雫から新しい星々を創り、古い星々で印となる星座を作った。そしてヴァルダの仕事が終わると同時に、クイヴィエーネンのほとりにエルフが誕生した。

いち早くエルフが誕生したことを知ったメルコールは、エルフがヴァラールを恐れるように仕向けさせる一方で、一部のエルフを捕らえてオークを作り出したという。一方で、オロメはたまたま中つ国に狩りをしに行っていたときに、エルフを発見した。オロメから他のヴァラールのもとにこの知らせがもたらされると、ヴァラールは中つ国のエルフを守るため、メルコールを撃破することを決意。中つ国の北西部で緒戦が行われてこの地域は大きく破壊され、地形が変わった。だがついにヴァラールはウトゥムノを攻略し、トゥルカスがメルコールを捕らえ、アンガイノールの鎖で縛り上げ、メルコールを捕虜としてヴァリノールに連れ去った。(力の戦い

エルダールの大いなる旅、シルマリルの誕生

メルコールヴァリノールに連行され、三紀の間マンドスの砦に幽閉されることが決まると、ヴァラールエルフの処遇を討議した。多くのヴァラールはかれらと親しく交わることを望み、評議の結果エルフをアマンへ招致することが決まった。だがウルモなどはこれに反対したほか、マンドスは決定がなされるまで口を閉ざしていた。

オロメがヴァラールの先導者として遣わされ、エルフはアマンへの招致を受けたが、全てのエルフがこれに応じたわけでも、また旅に出た者の全てがアマンへ辿りついたわけでもなかった。招致に応じたエルフはエルダールと呼ばれ、アヴァリ「応ぜざるもの」とは区別される。

オロメの先導の下、エルフは三つの集団に分かれてアマンを目指す大いなる旅に出た。第一の集団はもっとも数が少なく、速やかに進行した、イングウェに率いられたヴァンヤールであった。第二の集団はフィンウェに率いられたノルドールであった。第三の集団はもっとも数が多く、足も留まりがちな、エルウェオルウェに率いられたテレリであった。

エルダールは行く先々で目にする事物や土地に名前を付けつつ旅を続け、大海ウルモの曳くエレッセアの島を渡し船としてアマンへ到達した。アマンへ到達したエルフは二つの木の光を受け、カラクウェンディ「光のエルフ」と呼ばれるようになり、ヴァラールの教えを受けたこともあり、中つ国に留まったモリクウェンディ「暗闇のエルフ」を大きく凌ぐ能力を獲得した。
テレリは旅を中断して中つ国に留まった分派が多く、アマンへ到達した者達はファルマリと呼ばれる。中つ国に留まった者達はナンドールファラスリムといったウーマンヤールである。エルウェも中つ国に留まり、彼の一派はシンダール「灰色エルフ」と呼ばれ、暗闇のエルフとは区別される。

アマンでは、イングウェフィンウェオルウェがそれぞれの氏族の上級王となり、ヴァラールの薫陶を受けてその才能と技能を開花させ、繁栄を迎えた。
フィンウェの息子フェアノールは、全エルダール史上で才能・技量ともに最も優れた者とされる。彼は二つの木の混じり合った光を不壊の器に封じ込め、世に類のない至宝シルマリルを作りだした。

メルコールの釈放と、そこからもたらされたヴァリノールでの不和

フィンウェの妻ミーリエルは、フェアノールを生んだ際に精神を消耗し尽くし、肉体をローリエンに横たえたまま、魂はマンドスの館に去ってしまった。フィンウェは嘆き悲しみ、やがて後妻としてインディスを娶り、彼女との間にフィンゴルフィンフィナルフィンらをもうけた。フェアノールは父の再婚を喜ばず、父の後妻にも異母弟らにもほとんど愛情を抱かなかった。

このヴァリノールの春に、メルコールが三紀の刑期を終えて、釈放された。メルコールは憎しみを隠して恭順と改心を示し、マンウェはメルコールの悪は矯正されたものと考えた。
メルコールはヴァリノールの繁栄と、喜び栄えるエルダールを激しく憎み、とりわけフェアノールシルマリルに垂涎の思いを抱いた。メルコールは本心を隠してノルドールに接近し、甘言と虚言でかれらがヴァラールに不満を抱くように、またフィンウェの息子たちが互いにいがみ合うように仕向けた。
その結果、ノルドールは薄闇に取り残されている広大で、未踏な中つ国へ憧憬を抱くようになり、ヴァラールがかれらを不当にアマンに閉じ込めているのだと次第に不平を漏らすようになった。
フェアノールフィンゴルフィンは、互いに相手が自分を排斥しようとしていると疑い、密かに武具を蓄え始めた。

とうとう公衆の面前でフェアノールフィンゴルフィンに剣を突き付ける事態におよんで、ヴァラールは調停に乗り出し、調査の末にメルコールの悪意が明らかとなった。メルコールはヴァラールの追跡を逃れて行方をくらませ、虚言に惑わされていたとはいえフェアノールは罪を問われて12年の間ティリオンから追放された。
追放されたフェアノールはヴァリノールの北方にフォルメノスの砦を築き、父フィンウェ七人の息子たち、そしてシルマリルと共にそこに閉じこもった。

二つの木の破壊とシルマリルの強奪、ノルドールの中つ国帰還

逃れたメルコールは密かにアマン南方のアヴァサールに赴くと、そこに巣食っていた大蜘蛛ウンゴリアントの助力を得る。ヴァラールの祝祭日に二人はヴァリノールを強襲し、二つの木を枯死させると、フォルメノスを襲撃してフィンウェを殺害し、シルマリルを奪って中つ国へと逃亡した。

マンウェの膝元ではフェアノールフィンゴルフィンの形の上での和解がなされようとしていたが、その最中に二つの木が失われ、ヴァリノールに暗闇が訪れる。この時にフォルメノスの使者より、父フィンウェが殺害されたこととシルマリルが奪われたことを知ったフェアノールは、メルコールをモルゴス「黒き敵」と呼び、タニクウェティルより走り去る。

やがてティリオンに再び現れたフェアノールは、全ノルドールを相手に演説を行い、ヴァラールを非難し、仇敵モルゴスへの復讐とシルマリル奪還のためあくまで中つ国へ帰還するよう説得した。フェアノールと彼の七人の息子たちはこの時、シルマリルを奪還することを誓った停止することのできない恐ろしい誓言を立てた

フェアノールに率いられたノルドールには中つ国へ帰還する船を必要としたが、アルクウァロンデテレリはかれらに船と水夫を貸し与えることを拒否する。この時の諍いが同族殺害にまで発展し、ノルドールはアラマンにおいてマンドスの呪いを受け、ヴァラールからの怒りと追放を受けることになる。
この時、フィナルフィンと彼の率いる一団は後悔し、進軍を取り止めてヴァリノールへ引き返し、ヴァラールの赦しを得た。だがフェアノールはあくまで進軍することを主張、フェアノールと和解した際、フェアノールに従うと誓言したために、フィンゴルフィンも進軍を止めなかった。またフィナルフィンの子供たちも、フィンゴルフィンの子供たちへの愛から彼らとともに進軍することを選んだ。

だが、進軍が遅れて不満分子が増えることを恐れたフェアノールは、フィンゴルフィンたちを裏切り、自分に忠実な者たち達だけ船で中つ国に渡ると、ロスガールで船を燃やし、フィンゴルフィン一同をアラマンで置き去りにする。
フィンゴルフィンの一同は引き返すこともできず、苦難の末にヘルカラクセの海峡を横断することになる。

その後、ヴァリノールで準備されていたがはじめて空に昇り、フィンゴルフィンの一堂は角笛を高らかに吹き鳴らすとともに、月を背後に背負い長い影を前に落として、中つ国への上陸を果たした。
そして月に続いて太陽がヴァリノールから飛び立った時、中つ国東方のヒルドーリエン人間が目覚め、太陽の第一紀の幕が上がった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • 二本の木が照らしていたのは、ヴァラールがいるアマンの地のみ。 中つ国は真っ暗闇の完全な置き去り状態。 エルフと人間が中つ国にその後、誕生しなければヴァラールとモルゴスはその状態のまま、うまく棲み分けてたかもしれない。 -- 斉藤チロン 2010-11-05 (金) 23:37:47
    • お互い、疑心暗鬼の状態。 すなわち、冷戦状態による平和というものでしょうかね。 確かに平和だったかもしれないけど、割を食ったのは、ペローリ山脈に二つの木の光を遮られた中つ国。 まさしく暗黒時代である。 -- 2010-11-05 (金) 23:51:40
      • 夜行性の生き物がいるのは、こんな暗黒時代に適応したからだろうな。 -- カンナ 2010-11-08 (月) 15:47:52
      • 暗黒時代といっても途中からたくさんの星が空の上に現れたのだから、晴れているときは、いつでもプラネタリウムのようなダイナミックな星空が拝めたのかもね。 -- 2011-11-29 (火) 05:09:34
    • たしかに人間とエルフがいなければ、そのまま平和な状態が維持できたわけだし -- 桃太郎 2010-12-09 (木) 16:09:30
    • 時折、オロメが狩と称して、中つ国を荒らしまくったみたいだけど(笑) -- 2011-11-29 (火) 05:12:08
  • ぶっちゃけた話、警戒的平和と言うよりもヴァラールとモルゴスがだらだらと慣れあっていた時代だったんじゃない。 -- けつ 2010-11-26 (金) 20:31:37
    • たぶんそんな感じ。まあマンウェが悪を理解できないひとなので・・・ -- 2010-12-07 (火) 01:29:57
    • ヴァラールはモルゴス対策にペローリ山脈を創り、モルゴスはヴァラール対策にアングバンドを構築。 お互いにむこうの出方を見ているだけで、攻める気は見られない。 エルフが中つ国に生まれなければ、ずっとこの状態が続いていたのは、間違いなし。 -- 口臭吐鬼 2011-03-24 (木) 23:14:01
  • 太陽と月があって中つ国を照らすきっかけは、モルゴスが二つの木を破壊してくれたから。 暗黒の権化であるモルゴスが闇に包まれていた世界に光をもたらしてくれたのだから、皮肉なものである。 -- 2011-11-29 (火) 05:03:48
  • まぁエルフと人間の誕生はエルのご意志だから仕方ない、それに人間の誕生の合図は太陽の誕生だから二本の木の時代の終末は明らかに最初から決められていた -- 2012-11-08 (木) 18:16:56
  • 「星々の時代」(ages of the stars)を二つの木の時代の別名とするのは間違っている。月と太陽の出現に対して、それ以前の全ての時代を指す(星自体は原初の時代から存在する)。 -- 2017-05-26 (金) 23:48:18
    • 出典をお願いします。 -- 2017-05-27 (土) 00:46:31
      • 星々の時代=二つの木の時代の根拠をお願いします。 -- 2017-05-27 (土) 01:04:14
    • 「長い時の流れる間、ヴァラールは、アマンの山脈のかなたで、二つの木の光に照らされ、至福のうちに暮らしていた。しかし、中つ国の全土は、星々の下の薄明に包まれて横たわっていた。」(エルフたちの到来と虜囚となったメルコールのこと)、他にも頻出。イルルインとオルマルの光は「すべては不変の昼間のように」(世の初まりのこと)地上を照らしていたため、星々の時代ではありえません。
      「月と太陽の出現に対して、それ以前の全ての時代を指す」とはトールキンがどこかに書いている事ですか?根拠もなしにそのような事を言うものではないと思います。 -- 2017-05-27 (土) 16:31:33
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 11:51:30 (225d)