このページはヴァラより転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

ヴァラール

概要

カテゴリー種族
スペルValar*1
その他の呼び名諸力、諸神、力ある者(Powers)
アルダの諸力、アルダの諸神(Powers of Arda)
西方の諸王(Lords of the West)
ヴァリノールの諸王(Lords of Valinor)
世界の守護神(Guardians of the World)
偉大なる者たち、大いなる者たち(Great Ones)
アルダの支配者たち、アルダの統治者(Rulers of Arda)
神々(Gods)

解説

クウェンヤ諸力(Powers)の意。ヴァラールは複数形で、単数形はヴァラ。女性形はヴァリエア(単数形ヴァリエ)であり、彼女たちは「ヴァラールの妃(Queens of the Valar)」とも呼ばれる。
エアが創造されたとき、アルダを築き、治める存在としてやってきたアイヌア。彼らは中つ国の民には神々と解釈されることも多いが、実際にはあくまで唯一神イルーヴァタールに仕える天使のような存在である。だが、イルーヴァタールがアルダにほとんど介入しなかったこともあり、ヴァラールのほうが(特にイルーヴァタールについての話を直接ヴァラールより聞いたことがない中つ国の民にとっては)身近な存在となっている。

ヴァラールには真の意味では肉体は存在しない。ただアルダの者に接するときなどに都合が良いため、普段は肉体の“姿”を装っている(そのためかれらには肉体的な性別は存在しないが、精神的な性別は存在し、男あるいは女の姿をとることによってそれが示される)*2

さてここで、ヴァラールは、地上の形と色を身に着けた。かれらは、かれらが望みをかけているイルーヴァタールの子らへの愛に引かれてこの世界に引き寄せられたのであるから、イルーヴァタールの示された幻の中でかれらが見たイルーヴァタールの子らの形を真似たのである。ただ、かれらの威厳と燦たる輝きは、イルーヴァタールの子らの及ぶところではなかった。さらに、かれらの形は、世界そのものというより、むしろ、目に見える世界についてかれらが懐いている知識から出たものである。
… しかし、この偉大なる者たちが装う姿は、必ずしもイルーヴァタールの子らの王たち、王妃たちの姿に似ているわけではない。なぜなら、時にはかれらは、自分たちの考えるあるものに合わせて身を包み、威厳ある恐ろしい姿をとって現われることもあるからである。*3

ヴァラールの一覧

マンウェがヴァラール(ヴァリエア)の指導者であり、また全アルダの長上王であった。
とはいえヴァラールはアルダを知悉する者としていずれも同格にあり(後述のアラタールにおいては特にそうであった)、アルダと自由の民の命運にかかわる重要な案件は審判の輪に集い、合議によって決定された。

冥王メルコール(モルゴス)もかつてはヴァラールの一員であったが、度重なる叛逆によってその座を追われ、もはやヴァラールの一人には数えられない。

アラタール

ヴァラールのうち、特に偉大な者たちはアラタール(Aratar)*4、すなわち「アルダのいと高き者たち(the High Ones of Arda)」と呼ばれる。
これにはマンウェヴァルダウルモヤヴァンナアウレナーモニエンナオロメの八人が含まれる。

こちらも元々はメルコールを含めて九人だったが、叛逆によって除外された。

アルダの諸力

ヴァラールによるアルダの形成と、中つ国からの撤退

アイヌアの音楽を奏でた後、エアに下ったアイヌアの中で、特に主導的な役割を果たしたのがヴァラールであり、中でもアルダの形成において中心的な役割を担ったのがマンウェウルモアウレであった。ヴァラールは彼らの下にマイアールを集めてアルダの形成を進めていったが、メルコールとその下に集まった悪霊達による絶えざる妨害に遭った。そのため、ヴァラールによるアルダ建造の計画は、常に変更と挫折を余儀なくされた。とはいえ、トゥルカスによってメルコールが一旦放逐されると、ヴァラールはアルダの形成を成し遂げた。

アルダが形を成すと、ヴァラールは世界を照らす光として二つの灯火を築き、中つ国アルマレンに住まった(灯火の時代)。しかし虚空から舞い戻ったメルコールによって二つの灯火が破壊されると、これ以上アルダが傷を被ることを恐れたヴァラールは西の果てにあるアマンへ撤退する。
この時にメルコールが招いた騒乱と破壊のため、ヴァラールが元々抱いていたアルダの構想は二度と実現不可能となった。

二つの木の時代におけるヴァラール

アマンへ撤退したヴァラールはそこにヴァリノールを築き、防壁としてペローリの山脈を積み上げた。ヤヴァンナは新たにヴァリノールを照らす光として二つの木を生み出す。
ヴァルダテルペリオンの雫から星々を作ると、中つ国のクイヴィエーネンエルフが誕生する。オロメ中つ国に遠征した際、クイヴィエーネンでエルフを発見し、彼らがメルコールの暗闇に脅かされているとの報をヴァラールにもたらした。そのためヴァラールはエルフを救い出すため、軍勢と共に進撃してメルコールを打ち破り、捕囚としてアマンへ連行し三紀の間幽閉することを決める(力の戦い)。

メルコールの脅威が取り除かれると、ヴァラールはエルフをアマンへ連れてこようとしたが、全てのエルフがそれに応じたわけではなかった(詳細はエルフの項目を参照)。
アマンに渡った上のエルフは、その地で直接二つの木の光とヴァラールの教えを受け、大いに才能を開花させた。一方でヴァラールは、中つ国に残ることを選んだエルフや、その他の中つ国の住人に対しては、なるべく介入しない方針をとっていた(オロメやウルモヤヴァンナといったごく一部のヴァラだけが、上古にもたびたび中つ国を訪れた)。

しかし三紀の刑期を終えて釈放されたメルコールは、エルフの間に不和を撒いてヴァラールから引きはがそうと目論み、その悪意が露呈すると二つの木を枯死させてヴァリノールに暗闇をもたらす。シルマリルを奪われたフェアノールはメルコールをモルゴスと呼んで追跡を誓い、ノルドール族を扇動して中つ国へ帰還した。
ヴァラールは当初、ノルドール族の造反を黙認したが、かれらが同族殺害を犯すに及んでついに怒り、マンドスによってヴァラールの宣告が下される。ヴァラールはヴァリノール隠しによってアマンと中つ国の往来を遮断し、中つ国においてモルゴスを敵として戦う者達に救いの手が差し伸べられることはほとんどなかった。

月と太陽の創造第一紀

しかし、ヴァラールは完全に中つ国を見棄てたわけではなく、ヤヴァンナの歌とニエンナの涙によって生じた二つの木の最後の花と果実から、ヴァラールはそれぞれ太陽を築き、新たに中つ国を照らす光として送り出した。また、ウルモマンドスの宣告に抗い、中つ国の民へさまざまな助力を行った。
第一紀末にエアレンディルアマンへの航海を達成し、モルゴスと戦う中つ国の民への救助と憐れみを乞うと、ヴァラールはそれを聞き入れ、三度目となるヴァリノールの軍勢を派遣してアングバンドを攻撃し、モルゴスを打ち破って捕らえ、虚空へと放逐した(怒りの戦い)。

マンドスの呪いは停止され、エルフには再びアマンへ渡ることが許されるようになる。

第二紀のヌーメノールの創造と破壊

ヴァラールは、人間の中で唯一モルゴスを敵として戦ったエダインに報いるため、海底からヌーメノールの島を持ち上げてエダインに与えた。ヌーメノール人はヴァラールから与えられた恩寵によって、中つ国の人間を遥かに凌駕する技量と寿命を持つにいたる。しかしヴァラールは、かれらが人間には許されない“不死”を望むようになるのを防ぐため、かれらにものが朽ちることのない西方(アマン)へ渡航することを禁じた(ヴァラールの禁)。
にも関わらず、ヌーメノール人の心には次第に影が忍び寄り、かれらは自分達には許されていない“不死”を妬むようになる。堕落したヌーメノール人はエルフやヴァラールを敵視するようになり、とうとうサウロンに誑かされて、力ずくで不死を奪うためにアマンへ進軍してくるにおよび、ヴァラールはアルダの統治権を一時返上してイルーヴァタールの裁きを求めた。

結果イルーヴァタールによってヌーメノールは沈められ、それにとどまらずアルダの構造は大変革を被って球形に作り替えられた。アマンは人間には到達できない世界の圏外に取りのかれたが、このためにヴァラールの中つ国に対する影響力はさらに減少することになった。

第三紀以降のヴァラールと中つ国

ヴァラールは、第三紀以降の中つ国の歴史には、ほとんど、あるいはまったく関わっていないと考えられている。だがサウロンと戦う中つ国の住民を助けるため、イスタリを送り出した。

君、幾許か知らむ アマンの地に 西方の諸王の 密かに集いたるを。 …
嘗てありし西方より 微睡む人の耳へ 風はそを伝えけむ、 夜の影蔽える
静寂に、 便りをもたらす 忘れられし地 また、過ぎ去りし時より
数多の歳月を越え 尋ぬる想いに応う。
長上王は 全て忘れたるに非らず。 彼見給いけむ サウロンこそ禍の種なれ、と……*5

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • イルヴァタールがキリスト教の神ヤハウェだとするとヴァラールは大天使にあたる。 -- ホビット 2008-11-24 (月) 14:16:13
    • 「アルダの諸力」(the Powers)…キリスト教神学の「力天使(Powers)」をつい連想してしまいますね…。 -- 2014-02-16 (日) 01:44:56
  • 性別はあったんじゃないでしょうか。アイヌリンダレに「あるものは男の、あるものは女の姿をとる。この気質の違いは彼らが初めからもっていたものであり...(略)」とあります。 -- 2009-06-26 (金) 00:08:45
  • ギリシャ神話で言うならマンウェがゼウス、ウルモがポセイドン、マンドスがハデス、メルコールがクロノスになる -- 2010-01-09 (土) 14:00:49
    • ヴァラールはたぶんギリシャ神話の神々を元にしていますが、メルコオルはキリスト教のルシファーから作られたものですな。あと教授の専門から考えてゲルマン神話も入っていると思うけどよくわかりません -- 2010-12-07 (火) 01:25:31
    • アウレがヘファイストス、ヴァルダがヘラ、エオンウェがヘルメス、ヤヴァンナがガイア、トゥルカスがアレスになる -- 2010-01-09 (土) 14:05:19
      • ヤヴァンナはデーメテール、トゥルカスはヘラクレスの方がイメージ的により近く感じます。 -- 2010-06-19 (土) 12:20:21
      • アレスは司るものからいくとエオンウェの方が近いような。気質は全然違いますが。 -- 2013-01-29 (火) 12:04:55
  • 選出基準が良くわからない人たち。ヴァーナとネッサは普段何をしているのだろう -- 2012-03-01 (木) 00:51:29
    • ネッサは踊りを披露したり、エルフと一緒に振り付け考えたりしてんじゃね。エルフって歌ったり踊ったり好きそうだし。ヴァーナは姉ちゃんと一緒にアマンでガーデニングでもしてるんだろう。姉貴は樹木担当、妹は花担当に分かれて。 -- 2012-03-01 (木) 10:58:29
    • ヴァーナはアルダの活力に、ネッサは祭祀的な部分(アルマレンでのアルダ落成の祭りで踊った、とありますし)にそれぞれ関係する中心的なアイヌなのではないかと想像。まあ、末席のヴァラは上席のマイアと境界が曖昧になっているところはあるのかもしれません。 -- 2012-12-31 (月) 06:00:22
  • ヴァラール達が目に見える肉体の姿を取る時の大きさはどれくらいなんでしょうか?ウルモはスマウグを片手でねじ伏せそうな巨人に描かれてる挿し絵が多いですが… -- 2014-02-12 (水) 20:20:34
    • 正確な大きさはわからないよ。教授はメルコールを巨人(ogre-size)と書いてるけど、教授の考える巨人ってどのくらいなのか原作からはよく読み取れないし。フィンゴルフィンが一騎打ちできる程度だから、そこから何とか推定できるかなぁ? -- 2014-02-12 (水) 22:40:43
    • かれらが取る姿の「大きさ」は、物質世界に及ぼす影響の「大きさ」にあたるのではないかなと思ったりします。トゥオルの前に現れたウルモの描写が実際巨大な印象を受けるのは、それがまさに彼の力が最大かつ暴力的な形で発揮される海において姿を見せたからで、逆に内陸の泉のような、海とは別種の水の力が働くところでは、それに応じるように彼は水のせせらぎの声や夢としてのみ顕現します。同じ様に、アラマンで姿を現したマンドスが力強く恐ろしげだったのは、それがまさに彼の権能が最大限発揮される「宣告」の場面だったことを反映しているのではないでしょうか。メルコールも、単身で全てのヴァラを相手に戦っていた頃は「頭を雲の上に出し、海を渡る山のよう」と、文字通り他のヴァラールを押しのける威容ですが、フィンゴルフィン相手に一騎打ちするはめになった時にはその弱った立場を反映するように体格もフィンゴルフィンを圧する程度としか読み取れません。これは例えば夢幻を与えるオローリンがもっぱら「目に見えない姿」を取ったこととも無関係ではないと思います。まとめるとアルダにおいてアイヌアが取る姿は、その場面でかれらが発揮する影響力の大きさと種類に比例するのではないでしょうか。 -- 2014-02-13 (木) 00:03:18
      • ならアマンでは全員、形を纏うときは最大最強の姿形なんでしょうか。 -- 2014-02-13 (木) 05:53:22
      • 審判の輪に集う時は物理的な威力を発揮する場面ではないため、最大最強の姿を取る必要はないと思います。むしろ王者として集う場面であるため、恐ろしいというよりは高貴で威厳ある姿なのではないでしょうか。逆に進軍の時などは、最大最強の姿を取るでしょうね。 -- 2014-02-13 (木) 18:05:52
      • うーん、どのみち想像でしかないので反論ということもありませんが、その考え方だと自然の力がヴァラールに影響を及ぼしているようで、ちょっと違和感を感じます。むしろウルモが穏やかな状態だからこそ川も穏やかに流れ、ひとたび怒りや威圧的な態度になれば、鉄砲水やら増水やらするのではないでしょうか。 -- 2014-02-17 (月) 10:48:14
      • ヴァラールはいわゆる「自然界の精霊」的なものとは若干異なるように思います。というのは「アイヌアはアルダの圏内に入るとその法則に束縛される」と記述されているからで、つまりヴァラールと自然現象とはそれぞれ独立しているわけです。ヴァラールと言えども無節操に自然を操れるわけではないらしい。
        ヴァラールのアルダにおける力は、創造の歌でかれらが担った役割(パート)に比例すると取れる節が随所にあります。歌で果たした役割の大きさ・位置・心を懸けた要素・行動がほぼそのままアルダにおける力・地位・職掌・行動と対応している。まさしくアイヌアの歌はかれらにとっての「宿命」にあたる(HoMeより)わけです。ここから何故ヴァラールが自然法則に束縛されるのかも明らかでしょう。無節操に荒れ狂い、他者の領域を侵犯しようとするのはメルコールとその追従者達が犯した「堕落」に他なりません。
        最後に、アイヌアが纏う肉体は、エルフや人間が纏っているような物質的なものではなく、精神を外部に投影したものであると書簡に述べられています。それは物質世界への影響力を具現化したものであるため、力を最大限発揮するには肉体化している必要があるが、肉体を傷つけられると影響力を損ねられ弱体化する、とも。Sil.には「かれらの形は...目に見える世界についてかれらが抱いている知識から出たものである」との記述があります。これらは上述の、歌における役割とアルダにおける力との関係にぴったり符号します。
        長々と恐縮ですが以上の点から、ヴァラールの肉体の姿は、かれらが発揮することを「許された」領域や場面(アイヌアの歌は「歴史」でもあります)に左右されるのではないかと考えた次第です。 -- 2014-02-22 (土) 17:12:52
      • なるほど。しかし一方で、(ヴァラではなくマイアですけど)オッセの気性の激しさのために海が荒れ狂うという記述もあるわけで、自然現象が独立しているとも言い難いように思います。いろいろ解釈できて面白いですね。 -- 2014-02-23 (日) 01:10:23
      • それは、オッセだけが「一度メルコールの軍門に下ったことがある」と記述されていることと無関係ではないと思われます。 -- 2014-02-23 (日) 16:07:18
    • 要するに体の大きさは自由に変えられるということですね? -- 2014-02-13 (木) 09:35:59
      • うーん、ちょっと違います。その場面ごとに取れる姿の振れ幅が決まっていて、その範囲内である程度自由な姿を取れる、ということです。たとえば内陸の穏やかな水しかない場所では、ウルモは海で見せたような威圧的な姿は取れない、というような。別の言い方をすれば、かれらが担う「役割」に応じた姿を取る、ということです。役割というのはアイヌアの音楽においてかれらが果たした「パート」です。 -- 2014-02-13 (木) 18:08:11
    • 彼らの最大最強の姿はどんな形なんだろう。想像力が乏しいなりに考えたけど、マンウェが巨大な竜巻、ウルモが津波、アウレが溶岩みたいなのが限界だった。モルゴスは・・・・ブラックホール? -- 2016-10-25 (火) 13:05:52
  • 中つ国の種族を調べたが、細かく分類されすぎて分からなかった。 おおまかに中つ国の種族をすべて教えてください。お願いします。 -- 2014-03-02 (日) 21:20:03
    • アイヌア、エルダール(エルフ)、エダイン(人間)、ドワーフ、オーク、あとは龍や大鷲などなど。 -- 2014-03-02 (日) 22:17:43
      • ホビットを忘れちゃだめですよ -- 2014-03-03 (月) 06:32:10
      • アイヌア、イルヴァータルは神、エント(木の髭たち)やビヨルンさんの一族、正体不明のトムボンバディル、いつの間にかやって来た大蜘蛛ウンゴリアントの子孫たち、モルゴスが作ったオーク やトロルもお忘れなく! -- 2014-03-03 (月) 07:25:55
      • ありがとうございます! 参考になりました -- 2014-03-03 (月) 18:22:20
  • 教授はヴァラールにキリスト教的な重要なモチーフを割り振ったように思われます。風は旧約・新約聖書で聖霊と関連付けられ、水は洗礼から分かるように清めの象徴、火は重要な神の力のモチーフ。マンウェ、ウルモ、アウレがアルダ形成の中核だったのも、そこの辺りが教授の念頭にあったせいではないでしょうか。 -- 2014-12-18 (木) 03:01:00
  • キング・オブ・エジプトの神々は人間の姿でも3mくらいの背丈があった。上古のエルフの背丈がそれと同じくらいだから、ヴァラールは人間型になっても5m以下には縮小できないのではと観てて思ってしまった -- 2016-10-25 (火) 12:56:50
  • 個人的にこの絵が一番原作者のイメージ(人の姿にはなれるが肉体は持たない)を上手く表現できてると思うhttp://s8.pikabu.ru/post_img/2016/03/09/5/og_og_145750352326664700.jpg -- 2017-02-15 (水) 03:41:17
  • 威厳ある恐ろしい姿ってどんな姿? -- 2017-05-26 (金) 02:30:03
    • 教授はキリスト教の三位一体(トリニティ)を信じる心と結びついた表現としてヴァラールを書いたと書簡で言ってますので、シンプルに読めば三位一体的な威厳と恐ろしさなのではないかと。 -- 2017-05-26 (金) 12:22:26
      • クリスチャンとしての弁明みたいなものが全くないとも言えないのでは。異教的な神話体系を準創造したことに多少の葛藤はあったでしょうし。クリスチャンではないので全くわかりませんけど。 -- 2017-12-01 (金) 13:00:25
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 複数形。単数形ヴァラ(Vala)。女性形ヴァリエア(Valier)、女性単数形ヴァリエ(Valie)
*2 ただしメルコール(モルゴス)は自分が生み出した邪悪な存在に力を分け与えるうち、やがて自由に姿を装う能力を失って、肉体に縛られるようになった
*3 シルマリルの物語』「アイヌリンダレ
*4 クウェンヤで「いと高き者たち(the Exalted)」の意
*5 終わらざりし物語』「イスタリ」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 11:57:16 (195d)