このページは古英語より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

ローハン語

概要

カテゴリー言語
スペルlanguage of Rohan, speech of Rohan

解説

ローハンの民であるロヒアリムの言葉。北方の人間たちの言葉の一派で、アンドゥインの谷間の上流域や谷間の国でも似た言葉が使われていた。

「それはロヒアリムの言葉でしょう?」と、レゴラスがいいました。「何故って、この土地自身に似ていますからね。豊かで起伏があるかと思えば、ここの山脈のように厳しくいかめしい。」*1

作中、この言葉はトールキンによって全て古英語に「翻訳」されている(後述)。

ホビットの言葉との関連

第三紀中葉、ロヒアリムの祖であるエオセオドアンドゥインの谷間の上流域に定住しており、同時期近隣にはホビットの祖先が暮らしていた。当時のホビットは近隣の人間の言葉を習い覚えて使用していたらしく、彼らがエリアドールに移住してアルノール西方語を母語とした後も、kast, trânといった古いローハン語と共通する要素が見られる単語がホビット特有の地方語として残っていた。こういった語については、メリアドク・ブランディバックの論文『ホビット庄の古語および古名』で考察されているという。

このためホビットは西境の赤表紙本を編纂する際、ローハン語の中で理解できる語彙の一部を自分たちの言葉に翻訳して表記することを試みた。(これは下記の固有名詞の一覧にあるように、一部を現代英語化することで不完全ながら「再現」されている)

ローハン語の原語

追補編』や『終わらざりし物語』には、古英語に「翻訳」される前のローハン語の原語がいくつか記載されている。

kastu
ホビットの言葉ではkastであり、その訳語がマゾム(Mathom)。
trahan
ホビットの言葉ではtrânであり、その訳語がスミアル(Smial)。
kûd-dûkan
ホルビトラ(holbytla)の原語で、穴に住む者(hole-dweller)の意味。ホビットの言葉ではクドゥク(kuduk)であり、その訳語がホビット(hobbit)。
ローグ(róg)
ウォーゼ(Wose)の原語。単数形であり、複数形はローギン(rógin)。

以下は『The Peoples of Middle-earth』に記載されている語。

lohō-, lō-
(horse)の意味。古英語で馬の意味のeoh, éo-に訳される。
Lohtūr
エオセオド(Éothéod)の原語。
Lōgrad
古英語に訳せばÉo-marc、現代英語ではHorse-markとなる。ゴンドールシンダール語に訳した語がローハン(Rohan)である。
tūrac-
セオデン(Théoden)の原語。王(king)の意味。

古英語(こえいご)(Old English)

アングロサクソン語(Anglo-Saxon)とも呼ばれる。西ゲルマン語の一派で、現在の南デンマークと北ドイツにあたる地域に住んでいたアングル人、サクソン人、ジュート人といったゲルマン人たちによって、5世紀から11世紀頃に話されていた。(Wikipedia:古英語

トールキンはこの言語の研究に秀でており、作中ではこの言葉をローハン語としてほぼそのまま使用している。

ホビットのことばや名前を現代風にし、耳に親しみやすいものにしようと、上述のような試みをしているうちに、わたしはいっそう深みにはまりこむことになった。西方語に関連のある人間の諸言語も、やはり英語に関連のある形に変えるべきであると思われてきたのである。そこでローハン語は古英語に似せるようにした。なぜならローハン語は(遠くは)共通語に、(近くは)北方のホビット族が昔使っていたことばに関連があり、共通語の中の古語に擬せられるからである。*2

固有名詞の一覧

ローハンの人名についてはロヒアリムを参照。

地名
スペル邦訳の書籍での表記備考
Aldburgアルドブルグ
Dunharrow馬鍬砦現代英語に直した名
Dimholtおぼろ林
Dunland褐色人の国
Dwimorbergドゥイモルベルグ精霊山のこと
Dwimordeneドウィモルデネ「幻の谷」の意味。ロスローリエンのこと。
Eastemnet東エムネト
Eastfold東谷、東の谷
Edorasエドラス「宮廷」の意味とされる。
Entwadeエント浅瀬wadeは現代英語に直した部分
Entwashエント川washは現代英語に直した部分
Entwoodエント森woodは現代英語に直した部分
Fenmarch沼地fenは沼沢地、marchは境の土地の意味
Firien Wood
Firienholt
フィリエン森
フィリエンホルト
フィリエンは「山」、ホルトは「森」の意味。
ここのフィリエンはハリフィリエンの略。
Firienfeldフィリエンフェルドfeldはfieldの意味。
Folde谷地(やち)
Glǣmscrafuグレームシュラフ「輝きの洞窟」の意味。燦光洞のこと
Greylinグレイリン直訳は「やかましい奴」
エオセオドの民が付けた名
Grimsladeグリムスラーデグリム(Grim)という名の人物に関連がある地名
Halifirienハリフィリエン「聖なる山」の意味。
Hornburg角笛城
Horrowdale馬鍬谷現代英語に直した名
Írensagaアイレンサガ
Isenアイゼン「鉄」の意味。
Isengardアイゼンガルド
Langflood長き川エオセオドの民が付けた名
Langwell長き源エオセオドの民が付けた名
Meduseldメドゥセルド
Meringメリング「境」の意味。
Mundburgムンドブルグミナス・ティリスのこと
Orthancオルサンクシンダール語だが、ローハンの古語では偶然「狡猾な心」を意味する
Riddermark
Mark
騎士国(リダーマーク)
マーク
Snowbourn雪白川現代英語に直した名
Starkhorn荒角山
Stoninglandストニングランドゴンドールのこと
Sunlendingスンレンディングアノーリエンのこと
Súthburgスースブルグ角笛城の以前の名
Thirihyrneスリヒルネ
Underharrow下馬鍬(しもまぐわ)現代英語に直した名
Upbourn川上(かわかみ)現代英語に直した名
Westemnet西エムネト
Westfold西谷、西の谷
Wold高地(ウォルド)
種族名
Eorlingasエオルの家の子ロヒアリムの自称
Éothéodエオセオド「馬の民」の意味。
Dunlendings褐色人
Entエント「巨人」の意味
Helmingasヘルムの家の子ギャムリング角笛城の兵を呼んだ名
holbytla, holbytlanホルビトラ、ホルビトランホビットのこと
mearasメアラス
orcオーク
Woseウォーゼドルーエダインのこと
の名
Arodアロド
Felarófフェラロフ
Firefoot火の足現代英語の名
Hasufelハスフェル
Shadowfax飛蔭現代英語に直した名
Snowmane雪の鬣現代英語に直した名
Stybbaスティッバ
Windfola風の道windは「風」、folaは「子馬」の意味。
その他
Bémaベーマヴァラのオロメのこと
dwimmerlaik化けもの(ドウイマーレイク)エオウィン魔王を呼んだ名
éoherëエオヘレ全軍召集された騎兵隊のこと
éored軍団(エオレド)騎兵隊のこと
Greyhame灰色衣ガンダルフの別名
Gúthwinëグースヴィネエオメルの剣
Herugrimヘルグリムセオデンの剣
Holdwineホルドヴィネエオメルがメリーに与えた名
Láthspellラススペル「凶報」の意
Púkel-menプーケル人ゴブリン、悪霊」の意
Scathaスカサの名
simbelmynëシンベルミネ忘れじ草のこと
Wormtangue蛇の舌グリマの別名。現代英語に直した名

他、セオデンを称えた以下の言葉がある。

ウェスツ セオデン ハル

Westu Théoden Hál

Iron Crown Enterprisesによる設定

「ロヒリク、ロヒアリク(Rohirric)」と呼ばれる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • で、それを知らなかった某訳者がwoldを高地にしたりといったあほな間違いを…… -- 2008-10-25 (土) 20:13:39
    • 古英語を使用したのは「普通の言葉(英語)のなかに残っている古い言葉(古英語)」という雰囲気を出したかったからであり、これを日本語でどう扱うべきかは、新版の後書きで田中明子氏が触れていた通り難しいです。日本語に訳して発音通りのルビを振るというのも一つの手段でしょう -- 2008-10-27 (月) 08:45:40
    • ローハン語にそのまま当てはめているのですから、雰囲気を出すためというよりも別の言語である、として扱われていたのではないでしょうか -- 2008-10-27 (月) 14:43:20
      • 教授がローハン語の「翻訳」に古英語を当てはめたのは、ホビットの話す西方語にローハン語の影響があるからで、それを英語と古英語の関係になぞらえて表現しようとしたためであると追捕編で語っています。ですから「まったく別の言語」というわけではなく、この関係を日本語でどう表現すればよいかは実際難しい問題でしょう。 -- 2009-10-15 (木) 21:03:56
  • うーん、地名だけじゃないし、シンダールと西方語もごちゃまぜだし、西方語=ゴンドールの言葉でもないし...もう少し整理した方が良いのでは? -- 2011-05-11 (水) 10:49:32
    • そう思われたのならぜひご自身で修正してみましょう、そのためのwikiです -- 2011-05-11 (水) 19:13:59
      • そうも思ったのですが、表を追加した方を尊重して、とりあえず意見表明までにしてみました。反応なければ自分で修正するつもりでしたよ。 -- 2011-05-12 (木) 00:53:40
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔』「黄金館の王」
*2 追補編』「F II 翻訳について」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-19 (日) 17:09:01 (490d)