このページはブランディバック家より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

ブランディバック一族

概要

カテゴリー人名
スペルBrandybuck Family, Brandybucks
異訳ブランディバック家
その他の呼び名オールドバック家(Oldbuck family)、オールドバック一族(Oldbucks)
種族ホビット

解説

ホビットの豪族。メリアドク・ブランディバックの属する家柄。ストゥアの流れをくんでおり、川舟で遊ぶ習慣があるなど、ホビットの間では変わり者の一族として知られていた。
かつては東四が一の庄沢地の国に住んでオールドバックを名乗っており、ホビット庄の初代セイン沢地のブッカの子孫を称していた。第三紀2340年頃(ホビット庄暦740年頃)、家長のゴーヘンダード・オールドバックブランディワイン川の東岸にブランディ館を建造し、家名をブランディバックに改めた。以来ブランディバック一族はブランディ館を本拠とし、家長は館主と呼ばれる。
ブランディバック一族が定住したブランディワイン川と古森の間の一帯はバック郷となった。

  • 翻訳について
    追補編』によると、ブランディバック(Brandybuck)は西方語のBrandagambaの英訳*1である。Brandaは「境の土地(borderland)」の意味なので、Brandagambaを英語に訳すとMarchbuckになるが、ブランディワインの翻訳に合わせてブランディバックと訳された。

コメント

コメントはありません。 Comments/ブランディバック一族?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 同じく旧姓オールドバック(Oldbuck)はZaragambaの英訳

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-20 (金) 08:21:18 (2714d)