このページはフロドより転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

フロド・バギンズ

概要

カテゴリー人名
スペルFrodo Baggins*1
その他の呼び名指輪所持者
エルフの友
山の下
フロドの旦那(Master Frodo)
九本指のフロド(Nine-fingered Frodo, Frodo of the Nine Fingers)
ダウア(Daur)*2
種族ホビット
性別
生没年ホビット庄暦1368年(第三紀2968年)9月22日~不明*3
ドロゴ・バギンズ(父)、プリムラ・ブランディバック(母)、ビルボ・バギンズ(養父)
兄弟なし
配偶者なし
なし

解説

指輪物語』の主人公。指輪の仲間の一人で、指輪所持者
ホビットの冒険』の主人公ビルボ・バギンズの養子で、財産継承者。ビルボとの関係は厳密には「伯父と甥」ではなく、「フロドの母の、母方のいとこがビルボ」また「フロドの父の、父方のはとこがビルボ」ということになる。ビルボより78歳の年少。

111歳の誕生日に姿を消したビルボから袋小路屋敷の財産とともに、彼が前の冒険で手に入れた「魔法の指輪」を相続する。やがてガンダルフによってそれが冥王サウロンの失われた「一つの指輪」であることが明らかになると、指輪をこの世から失わせるためにホビット庄を旅立った。
性格は非常に聡明であり、ゴクリの一件ではガンダルフから伝えられた慈悲の心を示すとともに、威厳あるいかめしい姿も見せた。ビルボからはエルフ語を教わるとともにエルフとの交友を学んだエルフの友であり、クウェンヤなど上古の知識にも一部通じている。

指輪戦争の終結後、ビルボから西境の赤表紙本を引き継いで指輪戦争の記録を主に執筆するとともに、伝承集編纂の仕上げをする。だが、指輪破壊の任務で受けた傷は中つ国では癒えることがなく、サムワイズ・ギャムジー袋小路屋敷や赤表紙本といった全ての財産を遺すと、第三紀の終わりに西方へと去っていった。

『ずんぐりして背が低く、ほっぺたが赤い。これだけじゃたいして役に立つまいな。たいていのホビットに当てはまることじゃから、バーリマン君。だがこの者は一部のホビットたちよりは背が高く、大部分のホビットたちより色が白い。また口と顎の間にくぼみがある。目もとの晴れやかないきのいいやつだ。』*4

鏡をのぞいてみると、驚いたことに、記憶にある自分よりずっとやせ細った姿が映っていました。伯父のビルボと一緒にホビット庄をほっつき歩いたこの甥の若い頃の姿に驚くほど似ていましたが、鏡の中のその目はフロドをしみじみと眺めていました。*5

不意にかれは、致命的な傷を受けたあと、エルロンドの館で眠ったまま横になっていた時のフロドを思い出しました。あの時ずっと看取りを続けながら、サムは時折りかれの内部からかすかに光が射すように思われるのに気がつきました。今やその光は一層鮮明となり一層強まっていました。フロドの顔は安らかでした。恐怖と心配はその痕をとどめていませんでした。しかしその顔は年老いて見えました。年老いてしかも美しく見えました。あたかも長い年月をかけて形を刻み上げてきた(のみ)のあとが、以前は隠されていた多くの美しい線となって今現われ出たかのようでした。といっても、目鼻立ちに変化が起こったわけではありません。*6

生い立ちから一つの指輪を相続するまで

ドロゴ・バギンズプリムラ・ブランディバックの息子として生まれるが、幼い頃に両親を川船の事故で亡くし、母方の一族の住むブランディ屋敷に引き取られて少年時代を過ごした。
やがてビルボ・バギンズの最も親しい友人となり、21歳の時に彼の養子に迎えられて袋小路屋敷で暮らすようになった(フロドとビルボは誕生日が一緒であり、ビルボはそれをフロドを引き取る口実にも使っている)。

ビルボの影響であろう、フロドはエルフにまつわる話や、彼の冒険の話などを好み、エルフ語を教わってクウェンヤをも少し理解するなど、ホビットにしては相当な博学となる。彼の仕事が何だったのかについての言及は無いが、バギンズ家は恐らく袋小路屋敷近辺の地主だったのではないかと推察される。

第三紀3001年の9月22日、ビルボは111歳、フロドは33歳で成人となる誕生会の宴の席上で、ビルボはホビット庄から姿を消す。フロドのもとには袋小路屋敷とその家財、そして指にはめると姿が消える「魔法の指輪」(一つの指輪)が残されていた。
こうしてフロドは袋小路屋敷の後継者となったが、ホビット庄の暮らしを愛する一方で、内心ではビルボと共に旅に出なかったことを後悔するようになる。そして東街道を往来する旅人やドワーフたちや、森の中を灰色港へ向けて旅立つエルフたちとすら親しく言葉を交わすようになる。
そして指輪の影響によってそれを相続した33歳の時から、外見が老けることがなくなった。

一つの指輪を身に帯びての旅立ち

大いなる年第三紀3018年)の4月、10年ぶりのガンダルフの訪問を受けたフロドは自分の相続した指輪がサウロンの探し求める恐るべき「一つの指輪」であることを知らされる。そのため指輪とホビット庄を守るため、単身裂け谷へ避難することを決意。話を盗み聞きした忠実な庭師サムワイズ・ギャムジーも従者として同行することになった。
騒動となることを避けるためにフロドは袋小路屋敷を売却して堀窪に引っ越すことにし、そこから密かにホビット庄を旅立つ手はずを整える。だが、情報収集に出たガンダルフがそのまま戻らなかったことで、フロドは導き手のないまま旅立つ必要に迫られた。

9月23日の夕刻、ようやくホビット村を発ったフロドは、サムペレグリン・トゥックと共に堀窪へ向かったが、道中黒の乗手に追跡される。
末つ森ではギルドールの一行に出会い、「旅の危険を承知で自らついてこようとする者がいるのであれば、共に行くべきである」と助言される。畦更では、フロドにとっては因縁のあったマゴット爺さんから思わぬ温かい支援を受けた。
無事堀窪に到着してメリアドク・ブランディバックフレデガー・ボルジャーとも合流したフロドは、そこで自分の計画がサムを通じてピピン、メリー、フレデガーら彼の身を案ずる友人たちに承知されていたことを明かされる。彼らの厚意を断り切れなかったフロドはその申し出を了承。翌日、サム、メリー、ピピンと共に裂け谷へ向けてホビット庄を後にした(フレデガーは堀窪に留まってフロドの身代わりを務める役を引き受けた)。
古森から塚山丘陵に行くまでに、一行は柳じじい塚人に次々と襲われるが、トム・ボンバディルゴールドベリの助けを得る。

なんとかブリー村に到着した一行は、躍る小馬亭馳夫ことアラゴルン二世に出会う。ガンダルフの手紙もあってアラゴルンを信用したフロドは、ふたたび黒の乗手(ナズグール)の脅威が迫る中、彼の先導で裂け谷へ向けた最後の行程に踏み出した。
だが3018年10月6日、風見が丘で5人のナズグールに襲撃されたことで、フロドは恐怖のあまり一つの指輪を指にはめてしまい、魔王モルグルの刃で刺される。フロドがエルベレスの御名を唱えて抵抗したために刃は心臓を逸れたが、その呪魔は彼を幽界に引き寄せていった。
アラゴルンはアセラスで用いて傷の進行を遅らせつつ、道中グロールフィンデルの助けも得て裂け谷へ急行。ブルイネンの浅瀬を前にフロドは仲間たちと引き離され、間一髪ナズグールの手に落ちるかに思われたが、エルロンドガンダルフブルイネンを氾濫させたことで難を逃れる。

指輪所持者としての使命を帯びた再度の旅立ち

裂け谷エルロンドの治療を受けたフロドは、ひとまずはモルグルの刃の傷から癒される。そこでサルマンの許から脱出したガンダルフ、客人として「最後の憩」館に住まうようになったビルボと再会。
エルロンドの会議の席上ではサウロンの脅威と一つの指輪の処遇があらためて検討され、指輪を滅びの罅裂に投げ込むしか自由の民の希望がないことが確認される。これはほとんど望みのない任務だったが、フロドはその任務を自ら引き受ける。こうしてフロドはあらためて指輪所持者に指名され、彼を助けるべく指輪の仲間が結成された。
出発前、フロドはビルボからつらぬき丸ミスリルの胴着を譲られた。

3018年12月25日に裂け谷を出発した一行は、エレギオンを通って赤角山道を越えようとするも吹雪に阻まれ、モリア横断を決行する。だがそこで一行の統率者であったガンダルフを失ってしまう。
アラゴルン二世の導きでロスローリエンにたどり着いた一行は、ケレボルンガラドリエルの歓待を受けるとともに、ガラドリエルによってあらためて旅を続ける決意を試された。フロドとサムはガラドリエルの奥方から水鏡の魔法による忠告と予言のヴィジョンを受ける。この時フロドは、ガラドリエルが長年一つの指輪を欲していたこと、その指にあるのがエルフ三つの指輪の一つネンヤであることを看破した。
ガラドリエルは旅立つ一行にそれぞれ贈り物を与え、フロドはエアレンディルの星の光が集められた玻璃瓶を与えられた。

だがここで指輪の仲間は、全員がどの道を取るべきか、誰がフロドの任務に最後まで同行するか、意見が割れるようになる。フロドは内心では直ちにモルドールに向かうことが正しいと悟っていたが、恐怖心から決意を固めることができずにいた。
しかしパルス・ガレンボロミアが指輪の魔力に屈し、自分を見失ってフロドから力ずくで指輪を奪おうとするに及び、フロドは仲間たちを守るためにも単身でモルドールに向かうことを決意。サムだけはフロドの意図を察して追いすがり、同行することとなった。

サムとゴクリとのモルドールへの旅

モルドールを目指す途上のエミン・ムイルで、フロドとサムモリアから一行を尾行していたゴクリを捕らえる。フロドはゴクリに、命を助ける代わりにモルドールまでの道案内をすることを誓わせた。この時サムは、かつて見たことがない威厳と迫力をもってゴクリに接するフロドに驚いており、またフロドはいとしいしとこと一つの指輪にかけて誓ったゴクリに対し、指輪はその誓いをねじ曲げてゴクリを滅ぼすかもしれないと警告・予言している。
だがフロドはゴクリをスメアゴルと呼んで慈愛をもって接し、スメアゴルは彼を「いい旦那」と呼んで慕うようにすらなっていく。これはガンダルフに慈悲を説かれたことや、自ら指輪の重荷を担う者としてスメアゴルの苦しみを理解できることに拠っていた。

ゴクリの案内によって二人は死者の沼地を抜けて黒門に到達したが、そこは眠らぬ目の厳重な警備が敷かれており通行不能であった。そこで「別の道」があると言い出したゴクリの案内で、キリス・ウンゴル(ゴクリはその名を言おうとしなかった)へ向かう。
その途中のイシリアンで、三人はイシリアンの野伏を率いて同地を警護するファラミアに出会い、ボロミアの死を知らされる。ファラミアはフロドとサムを丁重に扱い、ヘンネス・アンヌーンで歓待するとともに取り調べを行い、一つの指輪とその任務のことを聞き出した。賢明なファラミアはあえて誘惑に身を晒すことはでず、フロドとサムの信頼をかちえ、二人はファラミアから援助を受けることになった。
またファラミアはその後捕らえられたゴクリについて、彼がかつて人を殺めたことがあるのを見て取り、フロドにゴクリの約束を信じないよう忠告した。

ファラミアたちの予見した通り、ゴクリは結局は誓いをねじ曲げてフロド達を裏切り、トレヒ・ウンゴルシェロブに引き渡して二人を見捨てる。
3019年3月13日、フロドはつらぬき丸玻璃瓶でシェロブの巣を突破したが、追いついてきたシェロブの毒針に噛まれ、仮死状態に陥った。
サムはフロドが死んだものと思い、任務を続けるためいったん指輪を引き受けるが、横たわるフロドを発見したオーク達の言葉から真実が明らかとなる。フロドはキリス・ウンゴルの塔に連れ去られて装身具を奪われた(これらは黒門の戦いにおいて西軍の大将たちを脅迫するのに使われた)が、サムによって救出され、彼から再び指輪を取り戻した。

サムとの滅びの山を目指した最後の旅

二人はオークの兵士に変装してキリス・ウンゴルを後にし、いよいよモルドールに進入した。それまで、指輪を破壊しなければならないという強靱な意志の元に旅を続けていたフロドだが、次第にその精神は指輪に蝕まれてゆく。

二人はエフェル・ドゥーアスモルガイの間を走る道に沿いつつ北に向かい、モルドールの平野に降りる道を探したが見つからなかった。途中でオークの一隊に見つかってしまうが、変装が功を奏してそのまま強行軍の一員となる。アイゼン口を前にしてようやく二人は隙を見て隊を離脱することに成功した。
その後二人はモルドールの平野を滅びの山目指して一直線に進んでいったが、過酷な旅による心身の疲弊、滅びの山に近づくにつれて刻一刻と力と重さを増す一つの指輪、またその道はバラド=ドゥーアに坐するサウロンにも近づく道であったため、それが投射する恐るべき脅威、それらによってフロドの意志の力は刻一刻と追いつめられていった。

滅びの山サンマス・ナウアを前にして、ずっと二人の後を追っていたゴクリは二人の目的をようやく悟り、最後の攻撃を試みたが、指輪を握るフロドには屈せざるを得ず敗残者となる。この時フロドは「今度この身に触れることがあればお前が滅びの火に投げ込まれるぞ」と警告・予言している。
とうとう滅びの罅裂に到達したフロドだが、そこで運命は下り、フロドは一つの指輪に屈してしまう。指輪を破壊することはせず、それは自分のものだと宣言したフロドは指輪を指にはめるが、その瞬間サウロンはフロドの存在と居場所を察知。さらにゴクリが指輪を奪おうと襲いかかった。フロドはもみ合った末にゴクリに右手の薬指*7ごと指輪を食いちぎられ、一つの指輪を失う。だが指輪を取り戻したゴクリは歓喜のあまりバランスを崩して指輪もとろも滅びの罅裂に落下した。
こうして第三紀3019年3月25日、指輪所持者の任務は達成されて一つの指輪は破壊され、サウロンその王国は滅亡した。

指輪の破壊とともに滅びの山は噴火して崩壊。二人に逃げ場はなく命を落とすことを覚悟したが、溶岩に囲まれてとうとう意識を失ったところを、かれらを探して飛来したガンダルフの乗るグワイヒア大鷲たちによって救われた。

フロドの傷はアラゴルンによって癒され、意識が回復した二人はコルマルレンの野においてガンダルフや他の指輪の仲間たちと再会し、栄誉礼を受ける。
サムは、薬指を失ったフロドのことを片手を失った英雄隻手のベレンになぞらえ、昔話をねだる子供たちから「九本指のフロド」と呼ばれるようになるかもしれないと話していたが、この時実際にゴンドールの吟遊詩人によって「九本指のフロドと滅びの指輪の物語」が作られ吟じられた。

ゴンドールからホビット庄への帰還

フロドは仲間と共にミナス・ティリスで行われたエレスサール王(アラゴルン)の戴冠式と結婚式に参加する。
フロドはホビット庄への帰路につく前に、アラゴルンと共にゴンドールの王妃となって中つ国に残ることになったアルウェンから、一つの指輪の消滅によってビルボの中つ国での寿命は尽きようとしており、ビルボは指輪所持者として西方へ旅立つことになるであろうこと、一つの指輪の重荷によってフロドの負った傷もまた、中つ国においては癒され難いものであることを予言され、傷の記憶がフロドを苦しめるようであれば彼もまた指輪所持者として西方へ赴くことができると告げられた。アルウェンはエルフの石と宵の明星の形見にとして、少しでも傷から来る苦痛を和らげることができるよう、失われた一つの指輪に代わって白い宝石をフロドの首にかけて与えた。

その後フロド達は帰りの道中で裂け谷へ立ち寄り、老いのため裂け谷に留まっていたビルボに再会。フロドはビルボから彼が手掛けていた伝承集の編纂の仕事の続きと、指輪戦争についての記録をまとめることを託されて赤表紙本を渡された後、3019年10月末にホビット庄へと帰郷した。

帰り着いたホビット庄は、サルマンとその手下のごろつきによって支配されていたが、フロドはサムメリーピピン旅人たちとともに、サルマンたちを追放するためのホビットの反乱を指揮する。彼らは水の辺村の合戦に勝利してサルマンの手下たちをホビット庄から駆逐したが、フロドは争いを好まず心を痛め、ついに自ら剣を抜くことはなく、むしろ血気にはやるホビットたちを抑制する立場に立った。
フロドはサルマン自身も殺さずに追放することを望んだ。サルマンはフロドに憎しみと敬意を表しつつ、フロドは健康も長寿も得られないであろうが、それは自分のせいではないと予言した。その直後、サルマンは自らが虐げていた手下のグリマに刺し殺されてしまった。

これで指輪戦争は完全に終結。フロドはロベリアから返還された袋小路屋敷に戻った。また庄長である小足家のウィルがサルマンの手下によって監禁され衰弱していたため、フロドは庄長の助役を一時引き受け、主にサルマンたちによって荒廃させられたホビット庄の復興を指導するサムに助言を行った。

使命の達成後の不調とアマンへの旅立ち

フロドはサム及びサムと結婚したローズ・コトン袋小路屋敷に迎え入れて共に暮らし、サムの娘エラノールの名付け親にもなった。他の旅人たちが名士としての名望を高めていく一方で、フロドは静かな暮らしを望んでほとんどホビット庄の話題になることはなく、その中でビルボに託された西境の赤表紙本の執筆を続ける。

だが、フロドは一つの指輪の喪失感と、指輪戦争によって受けた傷(モルグルの刃による傷、シェロブによる傷)に苦しめられ続け、特に毎年それぞれの傷を負ったのと同じ日に病んで臥せるようになった。
第三紀最後の年となる3021年の9月29日、フロドは袋小路屋敷その他一切の財産と幸せをサムに譲り、赤表紙本の完成を託すと、彼とともにホビット村を旅立つ。サム、メリー、ピピンに見送られ、同じく指輪所持者であるビルボと三つの指輪の守護者たち(ガンダルフエルロンドガラドリエル)と共に、灰色港より船に乗って大海を渡って西方へと去った。

略歴

画像

アラン・リー作画によるフロドとガンダルフ アラン・リー作画によるフロド、サム、ゴクリ

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

俳優イライジャ・ウッド
日本語吹き替え浪川大輔

年齢設定については特に触れられていない。映画では、ビルボが旅立ってからフロドが旅立つまでの18年間が短縮されているため、原作設定よりも若いと思われる。
また、滅びの罅裂ではゴクリに指輪を奪われたあと、取り返そうともみ合っているうちに、はずみでゴクリのみが滅びの罅裂に落下。フロドも危うく落ちかけたが、サムによって引き上げられ九死に一生を得る。
失った指は、左手の人差し指になっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるフロド・バギンズ『ロード・オブ・ザ・リング』におけるフロド・バギンズ『ロード・オブ・ザ・リング』におけるフロド・バギンズ

グッズ

映画『ホビット』における設定

俳優イライジャ・ウッド
日本語吹き替え浪川大輔

『思いがけない冒険』において、ビルボ111歳の誕生日の日、袋小路屋敷からガンダルフを迎えに出て行く場面が描かれており、『ロード・オブ・ザ・リング(旅の仲間)』冒頭と繋がるようになっている。

画像

『ホビット』におけるフロド・バギンズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

フロド達指輪の仲間を出立するのを冒険者が見送るクエスト、パルス・ガレン及び死者の沼地でのフロドを追体験するセッションプレイがある

画像

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるフロドとガンダルフ Concept_Frodo_1280.jpg

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ゴクリを「殺してしまえばよかったのに」と言ったフロドが、故郷を破壊したサルマンを放逐し白の賢者を彼もってして「成長した」とまで言わしめる。はやるピピンやメリーに対し一歩引いた見地から思慮深いアドバイスを送るバランサー。ホビット庄掃討編のフロドは決然としていながら角がとれた年長者で実に格好いい -- 2015-05-31 (日) 01:21:08
  • 指輪破壊寸前で指輪に執着したフロドは、サウロンとの勝負にも屈したかに見えた。しかし運命はそれを望まなかった。フロドの努力が実った。 -- 2015-06-05 (金) 17:22:38
    • 指輪を使って何か事を成そうと言う構想が有った訳では無いですからね、要は一時的錯乱に過ぎないので指輪が消滅したらすぐ正気に還れた -- 2016-09-25 (日) 22:17:53
  • フロドを含むホビット達は名誉を求めた訳でも英雄になりたかった訳でもない。だからこそ彼らの無私の心、行動は美しいのだと思う。 -- 2015-06-07 (日) 20:29:59
  • フロドの使命がどれだけ無理ゲーだったか例えるなら、ポーンでチェックメイトをかけるようなものか? -- 2015-11-20 (金) 17:57:04
    • もっと落差があると思いますよ。カマキリが猫に挑むような感じかと。 -- 2015-11-20 (金) 21:27:55
      • うちの猫はカマキリに鼻引っ掻かれてビビって逃げ出したよ……。 -- 2015-11-20 (金) 21:55:38
      • ミジンコVSクジラくらい・・・ -- 2016-01-05 (火) 13:56:52
  • フロドはホビット庄で成人となった後どんな仕事に就いていたのだろう。農作業してる描写は無いし、まさかニート...羨ましい。 -- 2017-02-07 (火) 03:59:20
    • マンションの大家や土地の賃貸人をニートとは言わんよ -- 2017-02-07 (火) 07:58:32
  • たららーらららら〜。ららら〜ら〜らーらら〜ららら〜 -- 2017-04-25 (火) 22:33:36
  • フロドが西方へ去る時、原作でも船に乗る直前までサム達はフロドが行く事を知らなかったんですか? -- 2017-07-26 (水) 20:48:33
    • どうしても別れなければならない事情・・・、があるのでしょう。最初はそうなると思ってなかったような。 -- 2017-07-28 (金) 09:58:20
    • 映画の演出(直前)はまとめてあるから、本とはやや違います。灰色港への旅は、特に丁寧に読み進めたくなる箇所です。 -- 2017-08-29 (火) 10:38:20
  • 「今度この身に触れることがあればお前が滅びの火に投げ込まれるぞ」←これ指輪がしゃべったんだと思ってた -- 2017-11-15 (水) 01:45:28
  • 指輪のことが無ければ結婚して子どももいたんだろうか。 -- 2017-11-25 (土) 20:00:37
    • フロドと結婚してもサックビルの嫌がらせとか、近隣住民の陰口とか、めちゃくちゃ辛い思いしそうだな。第一、当のフロドが相当な変わり者だから奇異に見られるのは避けられない。 -- 2017-12-17 (日) 02:41:26
      • そうとう、ねたみが激しいねー。フロドが主人公だから? -- 2017-12-18 (月) 11:32:57
      • ビルボが奇異に見られようが我関せず -- 2017-12-18 (月) 15:24:55
    • 指輪のことがなくても、ビルボの後を追いたいという願望がありましたからやはり結婚はしなかったのではないかと思います。 -- 2017-12-18 (月) 16:16:14
  • フロドはビルボみたいに勇敢ではなく、物悲しげで繊細な感じ。 -- 2018-03-11 (日) 09:12:31
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 原語の西方語での表記はMaura Labingi。Mauraを翻訳したFrodoは古英語のfródに由来し「経験による叡智」(wise by experience)を意味する。
*2 栄誉礼の歌に見える、フロドの名をシンダール語で呼んだもので、正確な意味は不明。一方、同名の庭師家のフロドのシンダール語名はIorhaelとされる。
*3 ホビット庄暦1421年(第三紀3021年)9月29日、53歳で中つ国を去る
*4 指輪物語 旅の仲間 上』「十 馳夫」 ガンダルフバーリマン・バタバーに語った、フロドの人相書き。
*5 『旅の仲間 下』「一 数々の出会い」 モルグルの刃の傷から回復した後のフロドの様子。
*6 二つの塔 下』「四 香り草入り兎肉シチュー」 イシリアンで眠るフロドを見るサムの心象。
*7 日本語版『指輪物語』では中指となっているが、third fingerの誤訳

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-11 (日) 13:44:59 (106d)