このページはおぼろ谷より転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

ナンドゥヒリオン

概要

カテゴリー地名
スペルNanduhirion
その他の呼び名おぼろ谷(Dimrill Dale)、アザヌルビザール(Azanulbizar)

解説

シンダール語での呼び名で、共通語ではおぼろ谷クズドゥルではアザヌルビザールと呼ばれる。
霧ふり山脈カラズラスファヌイゾルケレブディルの三つの山の南にある、山脈の主脈と東に突き出た支脈に挟まれた谷。谷間の中にはモリアの東門、ケレド=ザラムの湖、銀筋川の泉があり、谷間の北側にある峡谷の奥には短い滝が連続して落ちる段々滝がある。『unfinished index』によると、この滝がDimrill(おぼろな小川)の名の由来であり、滝の水はケレド=ザラムの湖に注ぐ*1

第三紀2799年にはここでナンドゥヒリオンの合戦が行われた。合戦後にドワーフは仲間の戦死者を火葬にするために大量の木を伐採したため、以降の谷間に木は生えなかった。
3019年(大いなる年)の1月15日には、指輪の仲間モリアを抜けてこの谷に到達した。

おぼろ谷口 (Dimrill Gate)

ナンドゥヒリオンの谷にあるモリアの東側の出入り口のこと。モリア東門(East-gate of Moria)、大門(Great Gates)とも呼ばれる。
両開きの扉と巨大な門柱を備えたアーチ状の門で、門の前には谷へ降りる古い大きな石段がある。第三紀末頃にはこの門の扉は壊れて開いたままになっており、こちら側からは容易にモリアに入り込むことができた。

おぼろ谷登路 (Dimrill Stair)

「おぼろ谷登り道」とも訳される。霧ふり山脈の峠道である赤角山道からナンドゥヒリオンの谷へ下る道。谷間の北にある段々滝のそばに刻まれている。

画像

アラン・リー作画によるナンドゥヒリオンとケレド=ザラム

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、モリアのナンドゥヒリオン側入り口 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における、ナンドゥヒリオンとケレド=ザラム

コメント

コメントはありません。 Comments/ナンドゥヒリオン?

コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 'Dimrill: name of a stream and falls flowing down mountain-side from the N[orth] into Mirrormere'

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-12 (火) 06:29:19 (377d)