このページはエレッセアより転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

トル・エレッセア

概要

カテゴリー地名
スペルTol Eressëa
異訳トル・エレスセア
その他の呼び名離れ島(Lonely Isle)、エレッセア(Eressëa)

解説

クウェンヤ離れ島の意。単にエレッセアとも呼ばれる。エルダマール湾に浮かぶ島で、アマンの一部。
島にはアヴァルローネの白い塔が聳えている。

そして時折、大気が澄みわたり太陽が東にある時、かれらは遠く西方を見渡して、遥かな岸辺に白く輝く都市と大きな港と塔を望見することがあった。*1

離れ島が作られるまで

二つの木の時代中つ国からアマンエルフを移住させることを考えたヴァラールの意志を受け、ウルモ大海の真ん中にあったこの島を根こぎにして動くようにし、船の代わりにした。彼は大いなる旅を行くヴァンヤール族、ノルドール族、テレリ族をこの島に乗せて大海を往復し、エルフ達をアマンへと渡らせたが、シリオンの河口沖の浅瀬に乗り上げた時にこの島の東端は分断されて残り、バラール島になった。
しかし島がテレリ族を乗せて大海を西へと航海していた時、エルフを愛するオッセの呼びかけを聞いたテレリ族は、ウルモに頼んで航海を中断してもらう。その結果この島は、エルダマール湾にただ一つ浮かぶことになったので、「離れ島」トル・エレッセアの名で呼ばれた。
後にアルクウァロンデに移るまで、テレリ族(ファルマリ)は長くこの島に留まった。島の中心にはガラシリオンの実生であるケレボルンの木が植えられた。

中つ国との繋がり

第一紀が終わった後は、中つ国から渡ってきた多数のノルドール族、シンダール族がここに住んだ。第二紀には、この地のエルフはヌーメノールまで航海し、ヌーメノール人と交易を行った。ケレボルンの実生であるニムロスもこの頃ヌーメノールへ持ち込まれた。
ヌーメノールから目の聡い者が西方を望むと、人間には禁じられたエレッセアの港アヴァルローネの白い塔が見えたという。

第三紀が終わった後に中つ国を離れたエルロンドガラドリエルも、この地に住んだといわれる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ガラドリエルやエルロンドは、アマンから離脱したエルダール(あるいはその子孫)だったから、本土ではなく島にしか戻れなかったのでしょうか?森の奥方や最後の憩の館の主はそれぞれ父と再会できたのか、ちょっと気になります。 -- カイト
    • UTだったと思いますが、ガラドリエルは「浄罪」のためトル・エレッセアに留まった、とあったはずです。
      • 「浄罪」というと、やはり彼女は本土へは渡れない感じですね。だとするとフィナルフィンの方がテレリの船に渡してもらって娘に会いに行く、ということになりそうです。 -- カイト
      • 浄罪はガラドリエルが自分から進んでやったことだから、「帰還エルフは本土へ渡れない」って訳ではないと思います。少なくとも怒りの戦いが終わった後にヴァラールが「おまいらもういいから帰って来い」ってな感じだったんで -- 2008-03-04 (火) 02:28:47
    • トル・エレッセアに戻ったエルフは望めばアマンにも渡れるという記載があったし、例外は無いと思われ。 -- 2008-10-04 (土) 08:52:28
    • さすがにエルロンドは父親と会うのは難しそう... -- 2010-01-12 (火) 10:51:49
      • 両親(エアレンディル夫妻)にはアマンでなら会えるよ。当然会ってるだろうね。 -- 2010-04-23 (金) 10:52:46
      • エルウィングが鳥たちに空を飛ぶ方法を教えてもらったのも、エアレンディルの永久に終わらない虚空の船旅(つまり世界の終わりまで地上に戻れない)には同行できなかったので、エアレンディルがこの世の空に戻っている時間である夜明けと夕暮れに自分がエアレンディルの船まで飛んでいけるようにしたという意味なので、エルロンドはエルウィングには会えたかも知れませんが、自分も飛べるようにならないとエアレンディルに会うのは難しいでしょう。 -- 2010-05-19 (水) 20:04:04
      • 海の男エアレンディル父さんは本当にお空のお星様になっちゃいましたからねえ・・・時間はたっぷりあるしそのうちエルロンドもお母さんに飛び方を教わって会いに行ったりしてw -- 2013-02-02 (土) 23:50:49
  • エルロンドは、奥さんのケレブリアンには会えたのでしょうか。何処にも記載はなさそうですが、会えてたらいいなー。 -- 2014-07-31 (木) 21:26:41
  • エルロンドやガラドリエルがこの地に住んだという記述はどこに載っているのでしょうか? -- 2015-02-14 (土) 01:18:40
  • 初期稿では、ウルモの代わりまたは一緒に鯨の王が惹いたんでしたっけ。 -- 2018-03-21 (水) 09:36:11
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 シルマリルの物語』「アカルラベース

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-21 (水) 09:36:11 (65d)