このページはウルクより転送されました。日本語表記規則についてはトップページを参照してください。

ウルク=ハイ

概要

カテゴリー種族
スペルUruk-hai
その他の呼び名ウルク(Uruks)
大オーク(Great Orcs)
戦闘部隊(the fighting)

解説

「夜明けがどうした?」かれらは嘲っていいました。「おれたちは戦闘部隊ウルク=ハイだ。おれたちは夜であろうと昼であろうと、天気がよかろうと嵐になろうと、戦いを止めないぞ。おれたちは殺しに来た。日の光だろうと月の光だろうとかまうことねえ。夜明けがどうした?」*1

暗黒語で「オーク族」の意*2。だがこの語は普通、第三紀に現れた大型の兵隊オークのことを指す。普通のオークよりも大柄で、太陽光に対する耐性があり、力も強かった。
モルドールサウロンの軍勢と、アイゼンガルドサルマンの軍勢とにそれぞれ見られたが、どちらかが起源なのか、あるいは別々に造られたものなのかは不明。

モルドールのウルク

「大力の黒オーク」、「モルドールの黒いウルク」とも呼ばれる。
かれらは第三紀2475年、執政デネソール一世の時代にモルドールから初めて現われてイシリアンを襲った。この戦いでオスギリアスは廃墟と化し、これ以後ゴンドールは絶えずウルク族との戦いに悩まされることとなった。
モリアマザルブルの間指輪の仲間を襲撃したオークにも、モルドールのウルクが混じっていた。また、フロドサムはモルドール国内でオークの行軍を指揮するウルクの奴隷監督や、バラド=ドゥーアから来た重武装のウルクの部隊と遭遇した。

アイゼンガルドのウルク

サルマン配下のアイゼンガルドのウルクは、「アイゼンガルド組のオーク(Isengarders)」*3などと呼ばれる。
彼らの武装は他のオークとは全く異なるもので、広刃の短い剣と、人間の物と変わらない大きさのイチイの弓で武装し、盾と冑には白の手や白いルーン文字のSの印を帯びていた。

その存在が外部の者にはじめて確認されたのは大いなる年(3018年)に入ってからのことで、ウグルクに率いられた部隊がサルマンの密命を帯びてパルス・ガレンにて指輪の仲間を襲い、ホビットをアイゼンガルドへ連れ去ろうとした。
ウルクはアイゼンの浅瀬の合戦角笛城の合戦のサルマンの軍勢にも見られたが、おそらく他のオークと同様フオルンによって殲滅されたものと思われる。

木の鬚は、太陽の光に影響されない彼らをサルマンによって堕落させられた人間か、オークと人間を掛け合わせた存在と推測した(半オークとの関係は不明)。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

主にアイゼンガルド軍のオークとして登場。アイゼンガルド地下の泥の中から膜に包まれた状態で生み出される。肌は赤黒く、筋骨隆々で大柄。
アイゼンガルドで製造された武具を帯び、白い手形(白の手)を甲冑や顔に付ける。盾や旗印にも白の手が描かれている。
映画オリジナルキャラクターであるラーツもウルクである。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照(コメントページ直接編集もこちら)

  • ハーフオーク⇨人間とオークの混血  アイゼンガルドのウルクハイ⇨ハーフオーク+サルマンの妖術  モルドールのウルクハイ⇨選抜された大柄のオーク モルドールの黒ウルク⇨改良型ウルクハイ? -- 2015-04-02 (木) 21:32:29
    • 半オークやウルクといった呼称には多分に他称としての用例がまじっていますからね。たとえば木の鬚の語る「半オーク」はほとんど白の手のウルク=ハイと同じものを指している節がありますが、メリーやピピンらホビットの目撃した「半オーク」の中には「正規の」ウルク=ハイとは差があるように見える者も混じっています。アイゼンガルド組が自称している「ウルク=ハイ」と、追補編や地の文などで使われている「ウルク=ハイ」の内実にもおそらく差があるでしょう。用語の数とぴったり対応した種類がいるわけではないと思われます。漠然と「大柄の戦闘用のオークの総称」であって、そこからグラデーション状に種類が分布していると考えた方が当たっているのではないでしょうか。 -- 2015-04-02 (木) 23:24:38
      • なるほどなるほど、納得です。個人的には(サルマンの干渉の疑いがある?)アイゼンガルドのウルク=ハイと、モルドールのウルク=ハイには明確な境界線が有るような気がします。 -- 2015-04-02 (木) 23:38:41
  • 映画オリジナルキャラのウルクハイとして「ロック」と「バグロル」のページがありますが、この情報源はどこなんでしょうか? -- 2015-04-02 (木) 22:50:55
  • 映画では原作と違いエルフの弓矢にも全く怯まない奴ら。 -- 2015-04-03 (金) 17:23:25
  • 半オーク⇒人間+オーク  ウルク=ハイ⇒謎の技で作られたオークの大型種  オログ=ハイ⇒ウルク=ハイ+トロル とかじゃね -- 2015-05-18 (月) 23:03:01
  • シャドウ・オブ・モルドールでは敵の主力は彼ら。アイゼンガルドのウルク=ハイと違い姿が千差万別になっていてそれぞれに職業もあるそうだ。 -- 2015-06-30 (火) 17:27:23
  • 白ウルクはいないの? -- 2015-11-07 (土) 12:40:46
  • いつかオリンピックでニュージーランドを聖火が通るときがきたら、思い出してください。命と引き換えに排水口を吹き飛ばした彼のことを。 -- 2016-03-13 (日) 01:24:07
  • サルマンのウルク=ハイ(重装歩兵)とロヒアリム(歩兵)を比べたらウルク=ハイの方が強いですよね。某非公式ゲームでは下馬ロヒアリムのほうが攻撃力ステータスが高くてモヤモヤしているのですが。 -- 2016-03-13 (日) 04:48:23
  • ゲームだと滅茶苦茶強かった。エントに顔面に石ぶつけられても生きてるし。 -- 2016-06-10 (金) 02:58:38
  • 映画のウルク=ハイの剣は、自由の民の剣と比べるとどっちが強いんだろう。剣というより鈍器に近いかもしれないけど使いづらそう。 -- 2016-06-11 (土) 00:30:20
    • 鋳造した鉄板を切削して刃をつけただけみたいだったし、かなりの粗製濫造だったからねえ。数を揃えるのが最優先だったのか、サルマンに作刀の知識がなかったのか。 -- 2017-09-20 (水) 22:09:30
コメント: (他のコメントへの返信は、そのコメントのラジオボタンにチェックしてください)

*1 指輪物語 二つの塔 上』「七 ヘルム峡谷」
*2 ウルク(uruk)はオーク、ハイ(hai)は種族・集団を表すfolkの意味。『The Letters of J.R.R.Tolkien』のLetter 144には、オークの名前について名はシンダール語ではオルフ(複数形イルフ)、暗黒語ではウルクです。(The name has the form orch (pl. yrch) in Sindarin and uruk in the Black Speech.)とある。
*3 他の邦訳に「アイゼンガルドのオーク」、「アイゼンガルドの一党」

トップトップ   編集編集 凍結凍結 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-17 (火) 22:23:27 (189d)