#author("2018-06-04T00:39:51+09:00","","")
#author("2018-08-18T21:29:06+09:00","","")
* 広腰族 [#o17c048f]
** 概要 [#r161f7a3]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Broadbeams|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#qa5d319e]

『[[The Peoples of Middle-earth]]』に記載されている[[ドワーフ]]七氏族の一つ。その父祖は[[青の山脈>エレド・ルイン]]の北部で、同じドワーフの氏族である[[火の鬚族]]の父祖と共に目覚めたという。
『[[The Peoples of Middle-earth]]』に記載されている[[ドワーフ]]七氏族の一つ。その父祖は[[青の山脈>エレド・ルイン]]の北部で、[[火の鬚族]]の父祖と共に目覚めたという。

父祖が目覚めた場所を考慮すると、恐らく[[上古]]の時代に[[火の鬚族]]と共に[[ドルメド]]山の近くに[[ノグロド]]、[[ベレグオスト]]を築き、[[ベレリアンド]]の[[エルフ]]達との交易で繁栄したドワーフと思われる。しかし、この二つの都市がそれぞれどちらの氏族が築いたものなのかは明らかにされていない。
[[ベレリアンド]]が崩壊した後、広腰族と[[火の鬚族]]の生き残りの多くは[[カザド=ドゥーム(モリア)>モリア]]へ移住して[[長鬚族]]と合流したと思われる。『[[追補編]]』では[[トーリンの仲間>トーリンとその仲間]]のうち、[[ビフール]]、[[ボフール]]、[[ボンブール]]の三人はモリアのドワーフの出だが[[ドゥリンの一族]]ではないとされており、この記述に従えば三人は広腰族か[[火の鬚族]]の出身である可能性もある。
父祖が目覚めた場所を考慮すると、恐らく[[上古]]に[[火の鬚族]]と共に[[ドルメド]]山の近くに[[ノグロド]]、[[ベレグオスト]]を築き、[[ベレリアンド]]の[[エルフ]]との交易で繁栄したドワーフと思われる。しかし、この二つの都市がそれぞれどちらの氏族が築いたものなのかは明らかにされていない。
[[ベレリアンド]]が崩壊した後、広腰族と[[火の鬚族]]の生き残りの多くは[[カザド=ドゥーム(モリア)>モリア]]へ移住して[[長鬚族]]と合流したと思われる。『[[追補編]]』では[[ビフール]]、[[ボフール]]、[[ボンブール]]の三人はモリアのドワーフの出だが[[ドゥリンの一族]]ではないとされており、この記述に従えば三人は広腰族か[[火の鬚族]]の出身である可能性もある。

** 派生作品における設定 [#e4a56433]

***[[Iron Crown Enterprises]]』の設定 [#df97db46]

広腰族に該当する氏族として、始祖の名を取って「ドワーリンの一族」(Dwálin's folk)と呼ばれる氏族が登場する。

ドゥリンの一族、バヴォールの一族、ドワーフの第三氏族で、ドルメド山の北側にべレグオストを築いた一族とされる。彼らの父祖の名はドワリン(Dwálin)といい、ドワーフとしては並外れた長命を与えられ、第一紀の大半の期間を通して一族の王であり続けた。
[[ニアナイス・アルノイディアド]]の時、ドワーリンの一族のドワーフ達は、恩義のあった[[マイズロス]]をはじめとする[[ノルドール]]の味方として戦った。この戦いは[[エルフ]]の大敗に終わり、ドワーリンの息子の王[[アザガール]]も討ち死にした。しかし、べレグオストの軍勢は他の軍が敗走する中で踏みとどまって戦い、[[グラウルング]]に手傷を追わせて追い返した。その結果[[自由の民]]は全滅を免れた。
その後もドワーリンの一族はエルフの友であり続け、ノグロドのスラールの一族が、[[シルマリル]]と[[ナウグラミーア]]を巡り戦争を起こした時も、同胞のドワーフを制止しようとした。しかし、その後に起こった[[怒りの戦い]]の余波によってべレグオストは崩壊。第二紀に入り、一族の生き残りは[[エレド・ルイン]]の残存地域に新しい居住地を築いたが、その数も規模も[[第一紀]]の頃と比べると非常に小さなものとなった。
第二紀、ザグラガソル(Zagragathol)の王子ラーリン(Ralin)は、[[アウレ]]からドワーリンに授けられ、その後行方不明になっていた大石鎚(Great Stone Hammer)を見出だし、二人目の鎚の王(Seven Lords of the Stone Hammer)となった。ラーリンの仲間として[[半エルフ]]のバルド、ランダエ・リンヴァイレ(Randae Linvaire)、チィンタ・カリ(Chinta Kari)、[[ウォマウ]]の[[野伏]]タシュ・エナモ(Tash Enamo)が同行し、一行は探索の途上で[[ウンゴリアント]]の末裔エアゴス(Eagoth)や堕落した[[アヴァリ]]の魔術師アルダニエン(Ardanien)、モウルマエルガクス(Mourmaelgax)、ジルドフォス(Jirdfos)を倒した。

***『[[The Lord of the Rings RolePlaying Game]]』の設定 [#of4feba7]

広腰族という名称そのものは使用されていないが、青の山脈で目覚めたドワーフとして「リンナルの一族」(Linnar's Folk)と呼ばれる氏族について言及されており、その身体的特徴が、彼らが広腰族であることを示唆している。

:歴史|[[ベレグオスト]]は彼らの国とされ、[[グラウルング]]と戦った[[アザガール]]もリンナルの一族となっている。べレグオストの滅亡後も、その王家は青の山脈に留まることを選び、しばらくの間はその地で一族の数が再び増えるのを待った。[[第二紀]]の半ばになり、[[力の指輪]]を受け取った王は新たな富を求めて[[エリアドール]]北部及び[[フォロドワイス]]に進出し、新たな都市バラズビザール(Barazbizar)((後の[[カルン・ドゥーム]](Carn Dûm) ))を築くが、それも[[アングマール]]の勃興と[[アルノール]]の衰亡に伴う戦乱の中で失われ、王家も断絶した。その後は[[長鬚族]]と合流し、[[モリア]]滅亡後はその多くが[[くろがね連山]]に向かった。彼らはその地で鍛冶師となり、殆ど失われていた祖先の甲冑制作の技術を復元し、[[ナイン二世]]やその息子の[[ダイン二世]]の軍勢に供した。他にも[[エレド・ルイン]]に戻った者たちもおり、[[トーリン二世]]は彼らの力を借りて[[トーリンの館]]を築いた。また、リンナルの一族の[[ビフール]]、[[ボフール]]、[[ボンブール]]は[[トーリンの仲間>トーリンとその仲間]]に加わり、[[はなれ山]]への遠征に参加した。
:外見|全[[ドワーフ]]の中で最も鈍重で、その多くが肥満している。その臀部は他の氏族からはしばしば笑いものにされた。赤ら顔で髪の色は黒や茶色、赤が多い。
:能力|血の気が多く好戦的な[[ウーリの一族>火の鬚族]]とは反対に冷静かつ慎重で、深く物事を熟慮する性格。他の氏族なら矜持を傷つけられ、憤るような事でも容易には怒らず寛大で、富に対する執着も少ない。これは彼らの聡明さと言うよりは忍耐強さに由来する気質で、ドワーフが持つ技術への探究心や愛着によって培われたものである。[[ノグロド]]のドワーフ達が[[エルフ]]と戦争を起こした後もエルフの友であり続けた。
:文化|多くの者が大食という悪癖を持っており、彼らを過度に肥満させる原因となっている。ウーリの一族が優れた武器の鍛え手として知られたのに対し、広腰族は優れた甲冑の鍛え手として知られていた。身分の上下を問わず質素な服装で、外見から見分けるのは難しかった。
:人物|
|~スペル|~読み|~人物|
|Linnar|リンナル|一族の祖。べレグオストの建設者。|
|Narvi|[[ナルヴィ]]|リンナル一族随一の石工。モリアの西門を築いた|
|Bruni|ブルーニ|アングマールの谷にバラズビザールを築く|
|Bor|ボール|リンナル一族最後の王。[[魔王]]の侵略によりカルン=ドゥームが奪われた時に死んだ|

** コメント [#m8c1ad73]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS