#author("2017-10-03T22:29:11+09:00","","")
#author("2017-11-07T03:46:58+09:00","","")
* 天文 [#lf87d358]

[[エア]]に存在する天文関連用語の一覧。

** [[エア]]に存在するもの [#s7d3857e]

[[エル(イルーヴァタール)>イルーヴァタール]]によって[[エア]]そのものが創られた後、エアに降り立った[[ヴァラール]]によって[[アルダ]]とその上層である[[メネル]]が形成された。その遥か後、[[ウンゴリアント]]によって枯らされた[[二つの木]]の最後の花と果実から、[[ヴァラール]]によって月と太陽が作られた。
世界が球形になった後、[[中つ国]]と[[アマン]]は目に見えない[[まっすぐの道]]によって繋がれている。アルダは[[外なる海>エッカイア]]に取り巻かれ、それと[[虚空]]との間を[[夜の壁]]が隔てている。

-[[メネル(天)>メネル]]
-[[イルメン]]
--[[月]]
--[[太陽]]
--[[明星(エアレンディルの星)>エアレンディルの星]]
-[[アルダ(地球)>アルダ]]
--[[アルダの赤道]]

-[[まっすぐの道]]

-[[エッカイア(取り巻く海)>エッカイア]]
-[[夜の壁]]
--[[夜の扉]]

-[[世界の圏]]

** エルフの到来に備えて作られた星と星座 [#j793537c]

[[二つの木の時代]]に[[ヴァルダ(エルベレス)>エルベレス]]は[[エルフ]]の到来に備えて、[[テルペリオン]]の雫を用いて以下のより明るい星々を新たに作った。

-[[カルニル]]
-[[ルイニル]]
-[[ネーナール]]
-[[ルンバール]]
-[[アルカリンクウェ]]
-[[エレンミーレ>エレンミーレ(天文)]]

また[[ヴァルダ>エルベレス]]は古い星々を集めて以下の星座を作り、天空に置いた。

-[[ウィルワリン]]
-[[テルメンディル]]
-[[ソロヌーメ]]
-[[アナルリーマ]]
-[[メネルマカール(オリオン座)>メネルマカール]]
-[[ヴァラキアカ(北斗七星)>ヴァラキアカ]]

*** 惑星についての一説 [#z6646a34]

『[[Morgoth's Ring]]』によると、[[トールキン]]のある草稿では、エルフの到来に備えて作られた明るい星々が[[金星>エアレンディルの星]]と[[地球>アルダ]]を除く太陽系の惑星であることが示唆されている。すなわち[[ルイニル]]を除く星の名前の上に括弧内の文字が書かれているという。

-[[カルニル]] (M)
-[[ネーナール]] (取り消されたN)
-[[ルンバール]] (S)
-[[アルカリンクウェ]] (Jup)
-[[エレンミーレ>エレンミーレ(天文)]] (M)

ここから[[クリストファー・トールキン]]は[[カルニル]]を火星(Mars)、[[ルンバール]]を土星(Saturn)、[[アルカリンクウェ]]を木星(Jupiter)、[[エレンミーレ>エレンミーレ(天文)]]を水星(Mercury)と推測している。ただし[[ルイニル]]と[[ネーナール]]をそれぞれ天王星(Uranus)と海王星(Neptune)のどちらかに当てはめることは控えている。((その理由として、肉眼での観察が難しく、天球の他の星々より暗い天王星と海王星が「より明るい星々」に含まれ得るか否か、また[[ネーナール]]に一旦書かれたN(Neptune?)の文字が何らかの理由で取り消されたことを挙げている。))

** その他の星 [#p911c56f]

-[[ヘルルイン]]
-[[ボルギル]]
-[[レムミラス]]

** 外部リンク [#Links]

- [[別冊赤表紙本 ミドルアース天文ガイド:http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/bessatsured/hoshi/index.htm]]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS