#author("2018-03-06T21:43:51+09:00","","")
#author("2018-03-22T17:32:14+09:00","","")
* &ruby(ちから){力};の&ruby(ゆびわ){指輪}; [#o1aada8e]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|Rings of Power|
|~異訳|魔力の指輪|
|~その他の呼び名|偉大な指輪、大いなる指輪(Great Rings)|

** 解説 [#Explanation]

『[[一つの指輪]]』『[[三つの指輪]]』『[[七つの指輪]]』『[[九つの指輪]]』の総称。強大な魔力を秘めた指輪。一つの指輪は[[サウロン]]によって、三つの指輪は[[ケレブリンボール]]によって、その他の力の指輪はサウロンの助力を受けた[[グワイス=イ=ミーアダイン]]によって作られた。

>三つの指輪は、空の下なる[[エルフ]]の王に、&br; 七つの指輪は、岩の&ruby(やかた){館};の[[ドワーフ]]の君に、&br;九つは、死すべき&ruby(さだめ){運命};の[[人の子>人間]]に、&br; 一つは、暗き&ruby(みくら){御座};の[[冥王]]のため、&br;影横たわる[[モルドール]]の国に。&br; 一つの指輪は、すべてを統べ、&br; 一つの指輪は、すべてを見つけ、&br; 一つの指輪は、すべてを捕らえて、&br;  くらやみのなかにつなぎとめる。&br;影横たわるモルドールの国に。((力の指輪についての伝承の歌))

>『[[九つ>九つの指輪]]も、[[七つ>七つの指輪]]も、[[三つ>三つの指輪]]も、それぞれそれにふさわしい宝石がはまっておった。しかし、[[一つの指輪]]は違う。それは丸くて飾りがない。まるで[[そのへんのつまらない指輪>力の弱い指輪]]と同じだ。しかし、その[[作り手>サウロン]]はその指輪に銘を入れた。練達の士であれば、おそらく今でもそれを目で見、読むことができるだろう。』((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]]」「エルロンドの会議」 [[ガンダルフ]]が[[エルロンドの会議]]にて語った[[サルマン]]の言葉))

** 歴史 [#History]

>「はるかな昔、[[エレギオン]]で、[[エルフ]]の指輪が数多く造られた。魔法の指輪というやつじゃ。むろん、種類はいろいろあった。あるものは非常に強力であったし、あるものはさほどでもなかった。 [[力の弱い指輪]]は、技がまだ未熟であった頃の試作品にすぎなかった。それらは[[エルフの細工師ども>グワイス=イ=ミーアダイン]]にとっては、くだらないものでしかなかった――しかしそれさえ、限られた命しかもたぬ者には、やはり危険だと思われるがの。まして、偉大な指輪、魔力の指輪となれば、その危険は破滅的ともいえるほどなのじゃ。」((『旅の仲間」「過去の影」 ガンダルフの言葉))

[[第一紀]]が終わり、[[マンドスの呪い]]が停止された後も[[中つ国]]を去りがたく留まっていた[[ノルドール]]は、荒廃し移ろいゆく此岸(中つ国)への嘆きと、[[西方>アマン]]の至福への憧れから、世界を癒し、かつ豊かにする力と技を望んでいた。一方で[[モルゴス]]の凋落後も中つ国に隠れ潜んでいた[[サウロン]]は、見捨てられた世界を自らの望む形に再建しようとし、そのために[[自由の民]]を意のままに動かすことのできる手段を欲していた。
ノルドールの願望を見抜いたサウロンは、意図と正体を隠してかれらに接近。その働きかけによって[[エレギオン]]で制作されたのが、試作品として作られた多くの[[力の弱い指輪]]と、完成作であった十九個の''偉大な指輪''である。
ノルドールの願望を見抜いたサウロンは、意図と正体を隠してかれらに接近。その働きかけによって[[エレギオン]]で制作されたのが、試作品として作られた多くの[[力の弱い指輪]]と、完成作であった十九個の''大いなる力の指輪''である。
しかしその知識はサウロンから提供されたものであり、それらには彼の悪しき意図が吹き込まれていた。やがてサウロンは[[モルドール]]の[[オロドルイン]]において、すべての力の指輪を支配する''[[一つの指輪]]''を完成させる。
上掲の力の指輪についての詩は、その際にサウロンが口にしたのを、遠く離れたエレギオンで[[ケレブリンボール]]が耳にして、後世に伝えられたものである。

サウロンの歌うことばを知った[[エルフ]]達は彼の正体と意図に気付き、かれらの''[[三つの指輪]]''を隠して使用しなかった。そこでサウロンはエレギオンを攻め滅ぼし、力ずくで指輪を奪い取ろうとした。
ケレブリンボールは拷問にかけられ、''[[七つの指輪]]''と''[[九つの指輪]]''はサウロンの手に落ちる。だがケレブリンボールは三つの指輪の所在だけは明かさないまま死に、それらはサウロンの魔の手を免れた。サウロンは手中に収めた七つと九つに手を加えて邪悪に歪めると、それぞれを[[ドワーフ]]と[[人間]]の王侯に分配し、中つ国への支配力を増大させる。

[[第二紀]]の終わり、エルフと人間の[[最後の同盟]]によってサウロンは辛うじて打ち倒され、一つの指輪は彼の手から奪い去られる。しかし一つの指輪は破壊されなかったため、指輪に込められたサウロンの力は生き続け、一つの指輪に支配されている他の力の指輪の効力も作用し続けた。
[[第三紀]]に復活したサウロンは、九つの指輪を掌握し、さらに七つの指輪のうち三つを取り戻したために、再び中つ国の大部分を支配できるだけの力を得る。

第三紀末の[[指輪戦争]]で一つの指輪が破壊されると、すべての力の指輪も次第にその効力を失っていくことになった。

** 効果 [#Effects]

元来、力の指輪は[[エルフ]]の願いである、[[中つ国]]の荒廃を癒し、美しく価値あるものを時の流れから保護するという目的のために作られた。そのため全ての力の指輪には共通して、時による老いや衰えを遅延させ、またそのものが生来持っている力を高めるという効果があった。
だがそれは同時に、その者が抱いている願いや欲望をも強くするという危険性をはらんでおり、[[人間]]のような限りある命の者にとっては破滅的に危険なものであった。

サウロンが手を加えた七つと九つの指輪は、使用者を彼の支配する「幽界」に引きずり込むことで、その姿を不可視にし、同時にその者が本来見ることのできない領域の物事を見られるようにするという力を併せ持つことになった。

[[九つの指輪]]を与えられた[[人間]]は、指輪の力に助けられて強大な権勢を振るうにいたったが、いずれも最後にはサウロンの陥穽にはまってその意志に隷属する[[ナズグール]]となった。
[[七つの指輪]]を与えられた[[ドワーフ]]は、頑強な性質のために完全にはサウロンの思い通りにならず、影の存在と化すことはなかった。だが富への欲望をかき立てられ、富を得る手段として指輪を使ったために、富による破滅を招いた。
[[三つの指輪]]を隠した[[エルフ]]達は、サウロンの手に一つの指輪がある間は、決して公然と使用しなかった。だがサウロンが一つの指輪を失っていた[[第三紀]]の間、これら三つの指輪はエルフの拠点や[[自由の民]]を守護し存続させるために、密かに使用された。それゆえ、もし一つの指輪がサウロンの手に戻れば、三つの指輪の作用もまたサウロンに支配されてしまうことになる。

力あるものが[[一つの指輪]]を使用すると、これら十九の指輪によって為された全てのことを把握し、かつ思いのままに捻じ曲げることができ、またその使用者の考えそのものをも読み取って支配することができた。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS