#author("2018-07-07T00:18:09+09:00","","")
#author("2018-07-07T00:29:53+09:00","","")
* ムマキル [#nfe72fc6]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[動物]]|
|~スペル|mûmakil|
|~異訳|ムーマキル|
|~その他の呼び名|じゅう(oliphaunt)|

** 解説 [#Explanation]

単数形ムーマク(mûmak)。[[ハラド]]に棲息する巨大な獣。現代の象に似たような動物と考えられるが、象よりもずっと大きい。[[ハラドリム]]はムマキルを調教し、背中に攻城櫓(war-tower)を乗せて、戦いに連れて行った。

>かれと同じものは今ではもう[[中つ国]]を歩いてはいません。この末の世にまだ生きているその同類の中に、わずかながらありし昔のかれの胴まわりと堂々たる姿の記憶が留められているに過ぎません。 … その大きな脚ときたらまるで大木のよう、とてつもなく大きな耳は帆のように広がり、長い鼻は今にも打ってかかろうとする大蛇のように持ち上がっていました。小さな赤い目は怒り狂っています。角のような形をした上向いた牙は金の帯輪で巻かれ、ぽとぽとと血を滴らせていました。かれを飾っていた緋色と金色の飾りものもずたずたに切れて体の周りにはためいていました。攻城やぐらそのものと見える物の残骸が山のような背中にのっていました。猛り狂って森を通り過ぎる間につぶされてしまったのです。そしてかれの首の上の方に死に物狂いにまだしがみついている小さな人影と見えたのは――[[スワート人]]の中では大男ともいえる力ある戦士の体でした。((『[[指輪物語]] [[二つの塔]]』「香り草入り兎肉シチュー」))
>かれと同じものは今ではもう[[中つ国]]を歩いてはいません。この末の世にまだ生きているその同類の中に、わずかながらありし昔のかれの胴まわりと堂々たる姿の記憶が留められているに過ぎません。 … その大きな脚ときたらまるで大木のよう、とてつもなく大きな耳は帆のように広がり、長い鼻は今にも打ってかかろうとする大蛇のように持ち上がっていました。小さな赤い目は怒り狂っています。角のような形をした上向いた牙は金の帯輪で巻かれ、ぽとぽとと血を滴らせていました。かれを飾っていた緋色と金色の飾りものもずたずたに切れて体の周りにはためいていました。攻城やぐらそのものと見える物の残骸が山のような背中にのっていました。猛り狂って森を通り過ぎる間につぶされてしまったのです。そしてかれの首の上の方に死に物狂いにまだしがみついている小さな人影と見えたのは――[[スワート人]]の中では大男ともいえる力ある戦士の体でした。((『[[二つの塔]]』「香り草入り兎肉シチュー」))

[[指輪戦争]]では、[[イシリアン]]で[[ファラミア]]の率いる[[野伏>イシリアンの野伏]]が[[ハラドリム]]と戦ったときに一頭のムーマクが現れる。また[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]の包囲戦には多数のムマキルが投入され、攻城櫓(siege-tower)や機械装置などの牽引にも使われた。
[[ロヒアリム]]の[[馬]]はムマキルを怖れて近づこうとせず、[[エオメル]]達はハラドリムに苦戦を強いられた。また、[[黒根谷]]の[[ドゥイリン]]と[[デルフィン]]はムマキルの目を射抜こうとして踏み潰された。このようにムマキルは[[ゴンドール]]と[[ローハン]]の軍勢を苦しめたが、最終的には[[ペレンノール野の合戦]]で全滅した。

*** じゅう (oliphaunt) [#w45ac049]
*** じゅう (Oliphaunt) [#w45ac049]

この動物の存在は[[ホビット]]の間にも伝承・おとぎ話として伝わっていたようで、かれらはこれを''じゅう''と呼び、[[サム>サムワイズ・ギャムジー]]が[[じゅうについての歌>じゅう(詩歌)]]を歌っている。
この動物の存在は[[ホビット庄]]にも伝承・おとぎ話として伝わっており、[[ホビット]]はこれを''じゅう''と呼び、[[サム>サムワイズ・ギャムジー]]が[[じゅうについての歌>じゅう(詩歌)]]を歌っている。
サムは[[イシリアン]]で現実にじゅうを目にして感動したが、南方から連れて来られたじゅうは全て[[ペレンノール野の合戦]]で滅ぼされたと後に聞いてがっかりしている。

なお英語のoliphauntとは象の古称で、しばしば象牙の角笛のことも指す。

*** 「ハラドのことば」 [#b9b0316c]

邦訳『[[追補編]]』の固有名詞便覧には「ムマク、ムマキルはハラドのことばである。」とあるが、[[トールキン]]がそのように断言している記述は存在しない。ただし『[[The Peoples of Middle-earth]]』に収録された草稿には以下の記述がある。

>Of the speech of Men of the East and allies of Sauron all that appears is múmak, a name of the great elephant of the Harad.&br;(東方の人間とサウロンの同盟者たちの言葉で登場するのはムーマクだけで、ハラドの大きな象の名前である。)

*** 画像 [#hd4d0835]

&ref(AlanLee-30-TheOliphaunt.jpg,,25%,アラン・リー作画によるムーマク);

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

#amazon(B000B7E7M4)
Oliphauntは''オリファント''とそのまま音訳されている。
非常に巨大な獣として描かれている。現実の象と異なり、牙は三対六本。牙と牙の間に、敵をひっかけるための縄が張られていたり、足の周りに敵を近寄らせないためのスパイクがまかれたりしているなど、武装が強調されている。
怯える[[馬]]の表現が困難だったためかアクションを優先したためか、[[ロヒアリム]]の馬がムマキルを恐れる様子はない。

** [[Iron Crown Enterprises]]による設定 [#ICE]

豊かな自然が広がる[[ハラド]]の南半分の地域が主な生息地となっている。中には、そのまま「ムーマクの国」を意味するムーマカン(Mumakan)という名前の国もあり、ムマキルを操るのに長けた[[ハラドリム]]が住んでいた。[[ナズグール]]の一人である[[インドゥア]]はかつてこの国の君主で、[[ムーマク]]の主とも呼ばれていた。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

&ref(ScreenShot00393.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるムーマク);

** ゲーム『[[シャドウ・オブ・モルドール]]』における設定 [#a425319b]
直接の登場はないが、同作にて紹介されている「グレートビースト」と呼ばれる大型動物がムマキルの遠縁種であるという。同様の呼称をされる生物が、実写映画『王の帰還』のペレンノール野の合戦にて見られたが、全く異なる種族である。

姿こそムマキルと似ていないが、体高は10.7m弱になる(実写映画のオフィシャル・トランプカードに記載されていたムマキルの体高と同じである)。戦争が近づくにつれて規模が拡大する暗黒軍において、運搬用に使役される動物達の中でも際立っている。また、突進すればトロールですら粉砕される程の攻撃力を持つので、武力としての使役もありえる。地響きを起こしながら進むので、追跡は簡単だが、この強力な生物をもしかしたら狩れるのかもしれないのは、グラウグかカラゴルの大群ぐらいだろうとされている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS