#author("2017-10-22T12:34:55+09:00","","")
-この項目は、種族のホビット(Hobbit)について解説しています。
#author("2018-01-25T17:17:52+09:00","","")
-実写映画のホビット(The Hobbit)については、[[ホビット(映画)]]を参照してください。
----
* ホビット [#r40e5cdb]
#contents
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Hobbits|
|~その他の呼び名|小さい人(Halflings)、小さい人たち(Little Folk, Little People)、ホルビトラン(Holbytlan)、ペリアンナス(Periannath)|

** 解説 [#Explanation]

『[[ホビットの冒険]]』『[[指輪物語]]』主人公の[[ビルボ・バギンズ]]や[[フロド・バギンズ]]らが属する種族。
一般の[[人間]]よりもずっと小柄な小人で、地面に掘った穴の住居に住み、多くの者はたっぷりの食事と平穏な日常を何より愛する。だが、容易に逆境に屈しない芯の強さも隠し持っていた。

この種族がどうやって[[中つ国]]に生まれたのかは、[[アイヌリンダレ]]などには示されておらず、[[上古]]の歴史にも登場していないため、来歴ははっきりしていない。ただ、[[人間(イルーヴァタールの乙子)>人間]]の一支族であるのは間違いがないとされている。
奇妙な生き物に満ちていた当時の[[中つ国]]にあって、ホビットは内向的で[[ドゥーネダイン]]や[[エルフ]]の歴史に係わることがほとんどなかったため、[[ホビット庄]]のある[[エリアドール]]付近を除き、その存在は他の種族にまったく知られていないか、あるいは無視されていた。ただ[[ロヒアリム]]の間に「北方には、地面に穴を掘ってその中に住む、小さい人がいる」という伝承がわずかに伝わっているのと、[[ゴンドール]]に「ペリアンナス(小さい人達)」という語彙が残されている程度であった。
奇妙な生き物に満ちていた当時の[[中つ国]]にあって、ホビットは内向的で[[ドゥーネダイン]]や[[エルフ]]の歴史に係わることがほとんどなかったため、[[ホビット庄]]のある[[エリアドール]]付近を除き、その存在は他の種族にまったく知られていないか、あるいは無視されていた。ただ[[ロヒアリム]]の間に「北方には、地面に穴を掘ってその中に住む、ホルビトランがいる」という伝承がわずかに伝わっているのと、[[ゴンドール]]に「ペリアンナス」という語彙が残されている程度であった。

賢者達の中で[[灰色のガンダルフ>ガンダルフ]]だけはホビットと親しく交流し、ホビット学に暁通するに至っていた。

>「ああ、フロドよ!」ガンダルフは感嘆の声をあげました。「ホビットというのは、まことに驚嘆すべきともがらじゃ。わしがかねていっておった通りじゃぞ。ホビットの暮らし方ぐらい一カ月もあれば知り尽くせる。ところが、百年つき合ってみたって、いざという場合のホビットたちには驚かされるほかはないな。」(((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]] 上』「二 過去の影」 [[ホビット庄]]を救うため旅立つ決意を固めた[[フロド]]への[[ガンダルフ]]の言葉。))
>「ああ、フロドよ!」ガンダルフは感嘆の声をあげました。「ホビットというのは、まことに驚嘆すべきともがらじゃ。わしがかねていっておった通りじゃぞ。ホビットの暮らし方ぐらい一カ月もあれば知り尽くせる。ところが、百年つき合ってみたって、いざという場合のホビットたちには驚かされるほかはないな。」(((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]]』「過去の影」 [[ホビット庄]]を救うため旅立つ決意を固めた[[フロド]]への[[ガンダルフ]]の言葉。))

** 特徴 [#med6b9a7]

:外見|~美しいというより、人の好い顔立ち。髪の毛は巻き毛で、色は茶色(ごく稀に金髪)。[[ストゥア]]族のみ顎鬚が生え、その血を濃く受け継ぐ[[東四が一の庄>四が一の庄#East]]の住人は顎に和毛を生やす。作品中での描写はないが、[[トールキン>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]はホビットの耳が少し尖っていると設定していたことがある((『[[The Letters of J.R.R.Tolkien]]』 Letter 27(1938年)。アメリカで『[[ホビットの冒険]]』を出版する[[ホートン・ミフリン]]社からホビットのイラストを求められたことへの返信。それによると、ホビットのイメージは[[人間]]の姿であって「妖精的」な兎ではなく(not a kind of 'fairy' rabbit)…耳は僅かに尖っていて「[[エルフ]]的」(ears only slightly pointed and 'elvish')とある。))。
:外見|~美しいというより、人の好い顔立ち。髪の毛は巻き毛で、色は茶色(ごく稀に金髪)。[[ストゥア]]族のみ顎鬚が生え、その血を濃く受け継ぐ[[東四が一の庄>四が一の庄#East]]の住人は顎に和毛を生やす。作品中では触れられていないが、耳は[[エルフ]]のように尖っている((『[[The Letters of J.R.R.Tolkien]]』 Letter 27(1938年)。アメリカで『[[ホビットの冒険]]』を出版する[[ホートン・ミフリン]]社からホビットのイラストを求められたことへの返信。それによると「耳は僅かに尖っていてエルフ的(ears only slightly pointed and 'elvish')とある。))。
身長は[[第三紀]]末では3フィート以上4フィート以下(約90~120cm)だったが、現代では2フィート以上3フィート以下(約60~90cm)と縮んでいる([[ランガ]]の項も参照)。大抵は太って腹が出ている。ホビットの間では痩せることは異常事態と見なされた。
足は臑から下が毛で覆われており((「足の裏に毛が生えている」というのは誤訳))、足裏が革のように丈夫なため、靴は履かずに裸足で過ごす。ただし東四が一の庄では、雨でぬかるむ日には[[ドワーフ]]の長靴を履く。
寿命は90~110歳程度。33歳で成人と見なされる。
:能力|~身を隠す技に熟達しており、普通の[[人間]]や[[ドワーフ]]では不可能なほど密やかに動き、いざとなれば素早く姿をくらませることができる。視力と聴力も鋭い。
:能力|~寿命は90~110歳程度。33歳で成人と見なされる。
身を隠す技に熟達しており、普通の[[人間]]や[[ドワーフ]]では不可能なほど密やかに動き、いざとなれば素早く姿をくらませることができる。視力と聴力も鋭い。
力は強くなく蛮勇を奮うこともないが、特に精神的な耐久力が高く、困難な状況や外圧に対しては驚くほどの頑強さを示し、いよいよの時は大胆不敵となる。やむを得ず戦う時には投石が得意で、また鋭い視力をもった優秀な射手にもなる。
手先は器用だが、過剰な細工物や工芸品に打ち込むということは少なく、水車や手漕ぎ車といった仕掛け以上に複雑なものを発明しようとはせず、好まなかった。
泳げない者が多いため、一般的に水場や舟に乗ることなどを恐れ([[ストゥア]]族や、その流れをくむ[[ブランディバック一族]]などはこの限りではない)、海を「死のしるし」と捉えていた(もっとも実際に海を見て、その話を聞かせたというホビットは皆無に等しかった)。塔のような、二階以上の高さのある建物も好まず、高い場所にいると落ち着かなかった。
:文明・文化|~素朴な農耕民族。狩猟を行うものは弓矢を使う。食べることを好み、可能なら一日に6回食事をする。そのため料理も得意であり((もっとも全員が生肉を直接さばくことができたわけではないようで、肉は通常、さばいた状態で取引されていた。[[ビルボ・バギンズ]]は[[大鷲]]の巣で大鷲から食べ物として動物を与えられたとき、肉がさばけないため、[[ドワーフ]]に料理を任せていた。))、時間の多くを食料を生産することと消費することに費やす。また[[パイプ草]]を吸うという芸当はホビットから始まり、他の種族に広がっていった。
親戚血縁関係を重視する。お茶会やパーティを頻繁に開くことを好み、自分の誕生日には他人に贈り物をする習慣がある。“今すぐ使うことはないが、捨てる気にはならないもの”を[[マゾム]]と呼んで溜め込む習性があり、マゾムを贈り物にすることも多い。首府の[[大堀町]]には、寄進されたマゾムを収めた[[マゾム館]]があった。
争い事を好まない。[[第三紀]]末には非常に内向的な種族になっており、[[ホビット庄]]の外の世界のことにはほとんど関心を示さなくなっていた。元来は[[アルノール]]の法などに由来する古くからのしきたりと、平凡な生活を非常に愛し、そこから外れるような行動を白眼視する傾向が強い(中でも[[トゥック一族]]は、ホビットの中でも変わり者が多いことで知られていた)。
争い事を好まない。[[第三紀]]末には非常に内向的な種族になっており、[[ホビット庄]]の外の世界のことにはほとんど関心を示さなくなっていた。元来は[[アルノール]]の法などに由来する古くからのしきたりと、平凡な生活を非常に愛し、そこから外れるような行動を白眼視する傾向が強い([[トゥック一族]]は、ホビットの中でも「変わり者」が多いことで知られていた)。
[[ホビット庄]]には中央政府的な組織は存在せず、必要なことはもっぱら豪族が各自で処理していた。数少ない公職に[[庄長]]があり、庄長は[[庄察長>庄察]]と郵便局長を兼ねていたが、平常時の職務はほとんど無いに等しい。この他に[[アルセダイン]]王の職権を代行する[[セイン]]があり、議会と軍隊を召集する権限を持っていたが、第三紀末には名誉職と化している。また、[[ホビット庄暦]]という独自の暦を使用している。
:住居|~緩やかな丘の斜面に、穴を掘って住居とした[[ホビット穴]]に住むことを好む。丸いドアと円い窓がホビット穴の特徴だった。屋敷と呼べるほど巨大なホビット穴を[[スミアル]]という。[[ビルボ・バギンズ]]、[[フロド・バギンズ]]の住居である[[袋小路屋敷]]もスミアルである。
やむを得ず地上に家を建てることもあるが(作業用の仕事場はいつも地上に建てていた)、できるだけホビット穴に似せて丸いドアと窓を付け、ずんぐりと横に膨らんだような外見にした。その場合でも城や塔のような、巨大で二階以上の高さのある建物は造らず、好まない。建築の技術は[[ドゥーネダイン]]からもたらされたものと思われるが、[[エルフ]]からもたらされた可能性もあるとされる。
:歴史|~他の種族の歴史には登場せず、彼ら自身による歴史も存在しないか散逸したため、詳しいことはわかっていない。
記録を遡れる限り、[[第三紀]]の初めから中頃にかけては[[アンドゥイン]]の谷間に住んでいたらしい。近隣には[[北国人]]([[ロヒアリム]]の祖先)がおり、彼らの文化や[[言語>ローハン語]]より少なからぬ影響を受けたことがわかっている。1050年ごろから(おそらく[[緑森大森林]]の[[影>死人占い師]]を恐れて)西方への移動をはじめ、複数のルートに分かれて[[エリアドール]]に入った。1300年頃には[[ブリー郷]]にその最古の居住地を築く。
1601年、[[アルセダイン]]王[[アルゲレブ二世]]より許可を得て、ブリー郷から[[マルコ]]と[[ブランコ]]の兄弟に率いられた多くの者が[[バランドゥイン]]川より西の土地へ移住し、[[ホビット庄]]が作られる。これ以降、ホビットは名目上はアルセダインの臣下であり続け、アルセダイン王の主権を認めて、ホビット庄内の[[街道>東街道]]と[[ブランディワイン橋]]の整備を行い、王の使者の通行を妨げないことを要求されたが、それ以上のこと(納税など)は求められなかった。アルセダインの法をホビット流に取り入れたのもこの頃と考えられる。
1974年の、[[アルセダイン]]が[[アングマール]]に滅ぼされた[[フォルンオスト]]での戦いには、ホビット達はアルセダイン王の救援のために弓の名手達を送り出したと主張している(このことは人間の記録には残っていない)。だが、その弓の名手たちは誰一人帰らなかった。また、翌1975年のアングマールが滅ぼされたフォルンオストの合戦に行った者もいた。
アルセダインの滅亡後は本格的に自治をはじめ、王による統治の代行者として、族長たちの中から[[セイン]]を選出するようになった。2340年には[[ゴーヘンダード・オールドバック]]が[[ブランディワイン]]川の東岸に入植し、[[バック郷]]が形成される。セイン職ははじめ[[オールドバック一族>ブランディバック一族]]が務め、後に[[トゥック一族]]が務めるようになったが、次第に名誉職と化していった。
1636年の[[やみ病(悪疫)>悪疫]]の大流行や、2758年の[[長い冬]]にはホビットも大きな被害を受けたが、おおよそ[[第三紀]]の終わりにかけて[[ホビット庄]]は平和と繁栄を享受し、外の世界の事件や戦乱に心を煩わせることがなくなっていった。2747年には[[ゴルフィンブール]]が引き連れる[[オーク]]の一隊が[[北四が一の庄>四が一の庄#North]]に侵入してきたが、ホビットたちは[[バンドブラス・トゥック]]に率いられ、[[緑野の合戦]]でオークを撃退している。緑野の合戦は、3019年に[[水の辺村の合戦]]が行われるまで、ホビット庄で行われた最後の合戦であった。
一方でホビット庄は、特に[[指輪戦争]]が近づいてくる頃には、密かに[[野伏]]によって守られていたが、ホビット達はそのことを知らなかった。
[[エレボール]]遠征と[[五軍の合戦]]、および指輪戦争によって、ホビットの存在ははじめて他種族に注目されるようになり、ホビット自身も[[旅人たち]]の影響が中心となって、自らの歴史や文化への興味に目覚めていった。[[第四紀]]には、[[エレスサール王>アラゴルン二世]]の下で[[再統一された王国]]にホビット庄も再編されたが、ホビット庄は保護されて自治を維持し、後に人間の立ち入りも禁止された。
現代でもホビットは彼らが当時から住んでいた地域、すなわち旧世界の北西部(ヨーロッパ)に住んでいる。だが今ではすっかり衰退してしまい、数も大変少なくなっている上、臆病な隠れ潜む民となっているため、発見するのは困難である。
:氏族|~主に[[ハーフット]]、[[ファロハイド]]、[[ストゥア]]といった氏族があったが、第三紀末にはほとんど混血している。ハーフット系がホビット庄民の大部分を占めるが、[[トゥック一族]]や[[ブランディバック一族]]など、ファロハイドやストゥアの特徴を強く受け継いでいる者達もあった。
:言語|~[[アンドゥイン]]の谷間にいた頃は、近隣に住んでいた[[北国人]]の言葉である、[[ローハン語]]の古語に近い言葉を使っていたと思われるが、[[エリアドール]]への移住に伴い[[西方語]]を使い始め、[[ブリー郷]]に定住する頃には本来の言葉は廃れていった。だが、彼らの西方語にはホビット庄独特の響きや用法があり、[[アルノール]]や[[ローハン]]、[[ゴンドール]]等のそれとは違いがあった。また一部の古い固有名詞や名前には、ローハン語の響きのある彼ら自身の言葉が残っていた([[マゾム]]、[[スミアル]]など)。一方それとは別に、[[ストゥア]]族の流れを汲む者たちが用いた風変わりな名や語もあった。これはストゥア族が[[褐色人の国]]の近くに住んでいた時に用いていた、[[褐色人]]の言葉に近い言語に由来する。
文字を書く習慣は、[[アルノール]]の[[ドゥーネダイン]]から学んだと思われる。文字を理解するホビットは全体の半数程度だが、その者達はしげしげと親戚縁者に手紙を書いた。
:偏見|~他の種族とほとんど関わりを持とうとしない。かつては[[人間]]や、[[街道>東街道]]を東西に旅する[[ドワーフ]]と交流があったが、それもどんどん少なくなっていった。しかし[[ブリー郷]]のホビットは[[人間]]と共に暮らしている。ホビットは人間のことを「[[大きい人]]」と呼び、しばしばその鈍重さを馬鹿にした。また一般的に、[[エルフ]]とかかわりを持つことを怖れる([[ファロハイド]]はこの限りではない)。

*** 主なホビット [#f12d5e44]

- [[ビルボ・バギンズ]]([[指輪所持者]])
- [[フロド・バギンズ]]([[指輪所持者]])と[[指輪の仲間]]、[[旅人たち]]となったホビット
-- [[サムワイズ・ギャムジー(サム)>サムワイズ・ギャムジー]](一時的に[[指輪所持者]]となった)
-- [[メリアドク・ブランディバック(メリー)>メリアドク・ブランディバック]]
-- [[ペレグリン・トゥック(ピピン)>ペレグリン・トゥック]]
- [[フレデガー・ボルジャー]]
- [[ハムファスト・ギャムジー]]
- [[トム・コトン]]
- [[ローズ・コトン]]
- [[マゴット]]
- [[オソ・サックビル=バギンズ]]
- [[ロベリア・サックビル=バギンズ]]
- [[ロソ・サックビル=バギンズ]]
- [[テド・サンディマン]]
- [[バンドブラス・トゥック(牛うなり)>バンドブラス・トゥック]]
- [[ゲロンティウス・トゥック(トゥック翁)>ゲロンティウス・トゥック]]

** 種族名について [#x116d8f8]

ホビット(hobbit)とは、彼らが自らの種族を表すのに使った言葉で、元々は[[ローハン語]]の''ホルビトラ''(holbytla)、複数形''ホルビトラン''(holbytlan)に由来していたと考えられている。他の種族からは主に[[西方語]]で''小さい人''(halfling)と呼ばれた(直訳は「半分の者」であり、この呼称に関しては[[ランガ]]の項を参照のこと。ただし、ホビット自身にしてみれば自分たちは何も半分(half)ではないため、このような呼称はあまり好まなかった)。
ホビットたちが[[ゴンドール]]を訪れたときには、[[シンダール語]]で「小さい人」の意である''ペリアン''(perian)と呼ばれた。ペリアンは単数形で、複数形はペリアイン(periain)((邦訳『[[指輪物語]] [[王の帰還]]』ではPeriainの語が「ペリアンたち」と訳されている。))、種族名は''ペリアンナス''(Periannath)である。
ホビットたちが[[ゴンドール]]を訪れたときには、[[シンダール語]]で「小さい人」の意である''ペリアン''(perian)と呼ばれた。ペリアンは単数形で、複数形はペリアイン(periain)((邦訳『[[指輪物語]] [[王の帰還]]』ではPeriainの語が「ペリアンたち」と訳されている。))、集合名詞は''ペリアンナス''(Periannath)である。

''ホビット''とは、[[ホビット庄]]および[[ブリー村]]で用いられた''クドゥク''(kuduk)の名を[[トールキン>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]が英訳したものにあたる。クドゥクは、元々の[[ローハン語]]で「穴に住む者(hole-dweller)」の意の、kûd-dûkanが語源と考えられている。このkûd-dûkanを[[古英語]]として表現したのが「穴の家を造る者(hole-builder)」の意のホルビトラである。
''ホビット''とは、[[ホビット庄]]および[[ブリー村]]で用いられた''クドゥク''(kuduk)の名を[[トールキン>ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]が英訳したものにあたる。クドゥクは、元々の[[ローハン語]]で「穴に住む者(hole-dweller)」の意の、kûd-dûkan(クドゥ=ドゥカン)が語源と考えられている。このkûd-dûkanを[[古英語]]として表現したのが「穴の家を造る者(hole-builder)」の意のホルビトラである。
小さい人(halfling)にあたる[[西方語]]の原語は''バナキル''(banakil)であった。

||~ローハン語での呼称|~ホビットの自称|~西方語での他称|~シンダール語での呼称|h
|~[[西境の赤表紙本]]における原文表記|kûd-dûkan|クドゥク(kuduk)|バナキル(banakil)|ペリアン(perian)|
|~トールキンによる翻訳表記|ホルビトラ(holbytla)|ホビット(hobbit)|小さい人(halfling)|ペリアン(perian)|

*** ハーフリング(小さい人) [#Halfling]

ハーフリングは、「小さい人」の英語表記であるHalflingをそのまま片仮名にしたもので、一部の翻訳ではこの表記になっている。この表記は、トールキンによるもの以外の作品でも使われており、特にテーブルトークロールプレイングゲーム『ダンジョンズ&ドラゴンズ([[Wikipedia:ダンジョンズ&ドラゴンズ]])』の種族名として有名。これは一説には、ホビットという名前を使用することを著作権の問題で避けたためとも言われている。
一方、映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』『[[ホビット>ホビット(映画)]]』では、Halflingの言葉が使われているところも軒並み「ホビット」と訳されている([[ラーツ]]が'Halflings'を捕らえろと部下に命じている場面など)。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

[[プレイヤーの種族>ロード・オブ・ザ・リングス オンライン#race]]として選択が可能。マップには[[ホビット庄]]が再現されているほか、原作の設定を独自に解釈し、[[エテン高地]]や[[エネドワイス]]にも、小さなホビットの集落がある。
また冒険に出かけた、主に[[トゥック一族]]のホビットのNPCを、ホビット庄の外で見かけることがある。

** 備考 [#s67e9ea1]

インドネシアのフローレス島で2003年に発見された、小型のヒト属の可能性がある化石はホモ・フローレシエンシス(Homo floresiensis)と命名されているが、ホビットの異名がある(([[Wikipedia:ホモ・フローレシエンシス]]))(([[ニュース - 古代の世界 - 走りは苦手なホビット、やはり新種か - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト(ナショジオ):http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=5229628]]))。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS