#author("2018-06-24T18:02:36+09:00","","")
#author("2018-06-24T18:06:48+09:00","","")
* ブルイネン [#wbf98cc0]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Bruinen|
|~その他の呼び名|&ruby(なるかみがわ){鳴神川};(Loudwater)|

** 解説 [#Explanation]

''鳴神川''の[[シンダール語]]名。[[霧ふり山脈]]を発し、[[裂け谷]]から流れ出て、[[ミスエイセル]]に合流する川。
ブルイネンを渡るには、基本的に[[ブルイネンの浅瀬]]を通らなければならない(([[アラゴルン二世]]によると、北へ回り込むことで[[裂け谷]]へ行けるかもしれないが、彼でも道を知らないという。))。この川は[[エルロンド]]の支配下にあり、彼は必要とあれば川を増水させて浅瀬の通行を遮断することができた。

*** 地図上の二つの川 [#lbb2cb95]
『[[指輪物語]]』本文中の描写ではブルイネンは[[裂け谷]]の谷底を流れる川である可能性が高い。『[[旅の仲間]]』で[[アラゴルン二世]]が「裂け谷から流れ出る鳴神川」((「闇夜の短剣」'the Loudwater that runs out of Rivendell'))と言及し、[[「最後の憩」館]]での[[ビルボ]]の部屋は「その部屋は南に面していて、ブルイネン川の峡谷を南に見おろしていました。」((「数々の出会い」'It opened on to the gar dens and looked south across the ravine of the Bruinen.'))と説明され、[[フロド]]は「音高く流れるブルイネン川の台地の庭」((「エルロンドの会議」'the terraces above the loud-flowing Bruinen'))を歩いたと述べられている。
『[[指輪物語]]』本文中の描写ではブルイネンは[[裂け谷]]の谷底を流れる川である可能性が高い。『[[旅の仲間]]』で[[アラゴルン二世]]は「裂け谷から流れ出る鳴神川」((「闇夜の短剣」'the Loudwater that runs out of Rivendell'))と言及し、[[「最後の憩」館]]での[[ビルボ]]の部屋は「その部屋は南に面していて、ブルイネン川の峡谷を南に見おろしていました。」((「数々の出会い」'It opened on to the gar dens and looked south across the ravine of the Bruinen.'))と説明され、[[フロド]]は「音高く流れるブルイネン川の台地の庭」((「エルロンドの会議」'the terraces above the loud-flowing Bruinen'))を歩いたと述べられている。

一方、出版された地図上でブルイネンは途中で合流する二つの川筋が描かれており、上記の『旅の仲間』での描写に基づくと南の川が裂け谷を流れるブルイネンの本流で、北の川が支流として理解できる。
だが『[[ホビットの冒険]]』の「荒地のくにの地図」は、[[下書き>地図#g7242194]]では南の川のすぐ側に裂け谷があるが、出版された地図では北の川が太めに描かれ、あたかもそちらが本流のようである。
『[[The Return of the Shadow]]』によると、[[トールキン]]は『[[ホビットの冒険]]』のコピーの一つにおいて、地図上の北の川に'Bruinen or Loudwater'、南の川に'Merrill'((ただしこの名は[[クリストファー・トールキン]]の推測である。語頭のMe-と語末の-llは確かだが、それ以外は読み取りにくいという。また、この名は他には見られないという。))と書き込んでいた。
『指輪物語』の執筆時にトールキンが描いたあるスケッチの地図では、まず黒インクで二つの川筋が描かれ、南の川の側に裂け谷があるが、Bruinenの名は北の川に沿って書かれている。この地図では川筋が青チョークでなぞり書きされているが、チョークの線では南の川が北の川に上流で合流するように変更されている((具体的には[[トル・ガレン]]を囲む[[アドゥラント]]のような川筋))。これについて『The Return of the Shadow』では両方の川をブルイネンとする意図があったのかもしれないが、確かなことは言えないとしている。
『指輪物語』の執筆時にトールキンが描いたあるスケッチの地図では、まず黒インクで二つの川筋が描かれ、南の川の側に裂け谷があるが、Bruinenの名は北の川に沿って書かれている。また、この地図では川筋が青チョークでなぞり書きされているが、チョークの線では南の川が北の川に上流で合流するように変更されている((具体的には[[トル・ガレン]]を囲む[[アドゥラント]]のような川筋))。これについて『The Return of the Shadow』では両方の川をブルイネンとする意図があったのかもしれないが、確かなことは言えないとしている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS