#author("2018-05-11T10:12:18+09:00","","")
#author("2018-07-25T21:46:42+09:00","","")
* バーリン [#rae9b1aa]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Balin|
|~異訳|バリン|
|~その他の呼び名|モリアの領主(Lord of Moria)|
|~種族|[[ドワーフ]]([[長鬚族]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2763~†2994(享年231)|
|~親|[[フンディン]](父)|
|~兄弟|[[ドワーリン]](弟)|

** 解説 [#Explanation]

[[ギムリ]]の祖父[[グローイン>グローイン(ファリンの息子)]]の兄である[[フンディン]]の息子(ギムリの父の従兄)。弟は[[ドワーリン]]。
『[[ホビットの冒険]]』において[[ビルボ]]と旅をした[[13人のドワーフ>トーリンとその仲間]]の一人。鬚は白く、赤い頭巾を被っていた。

*** エレボールの遺臣 [#q9661b71]

バーリンは盛時の[[山の下の王国]]の民であり、[[第三紀]]2770年に[[スマウグ]]が[[エレボール]]に襲来した時、[[スライン二世]]とその息子の[[トーリン二世]]らと共に脱出する。スラインらが[[褐色人の国]]を放浪していた時も彼らに付き従い、2799年の[[ナンドゥヒリオンの合戦]]にも参加。戦いが終わると一党は褐色人の国に戻るが、やがて[[エリアドール]]を放浪し、2802年に[[青の山脈]]に移住した。

2841年、[[スライン二世]]が[[エレボール]]に向かおうとした時、バーリンは[[ドワーリン]]らと共にその従者となるが、道中スラインは行方不明になる([[ドル・グルドゥア]]の[[死人占い師]]に捕らわれた)。バーリン達はスラインを空しく捜索したが見出せず、青の山脈のトーリンの許に戻った。

*** 『[[ホビットの冒険]]』におけるバーリン [#yacf116e]

2941年、バーリンは[[ビルボ・バギンズ]]と共に[[エレボール]]へ遠征した[[13人のドワーフ>トーリンとその仲間]]の一人となる。この遠征に参加した時点で13人の中では[[トーリン二世]]に次ぐ年長者だった。お茶の時間に[[袋小路屋敷]]に押しかけた際には、食後に[[ドワーリン]]と同じくヴィオラを演奏している。

一行の中では見張り役を務め、これがきっかけになってビルボと特に親しい仲となる。
バーリンは自慢の見張りをビルボにいとも簡単にすり抜けられてしまったことで、ビルボを高く評価するようになった。これは実は[[一つの指輪]]を使って体が透明になっていたためなのだが、それを打ち明けられてからもバーリンのビルボへの好意は変わらなかった。
ビルボが[[スマウグ]]に対して「たるにのるぞう」と名乗ったせいで[[エスガロス]]が襲撃されたのではないかと気に病んだ時には、ビルボを励まして強く弁護している。

彼は[[五軍の合戦]]でも生き残り、再興された[[山の下の王国]]に移住。
その後もビルボとの交友は続き、2949年には[[ガンダルフ]]と共に[[袋小路屋敷]]のビルボを訪問した。

*** 『[[指輪物語]]』で明かされるバーリンの運命 [#x61da5e8]

[[山の下の王国]]に腰を落ち着けた[[ドワーフ]]達だが、やがて若いドワーフを中心として父祖の地である[[モリア]]を奪回する機が熟したとの声が聞かれるようになる。[[ダイン二世]]は難色を示したが、バーリンは彼らの声に押されてて一族の者のうち一部を率いてエレボールを後にし、モリア復興を試みた。(その中には[[オーリ]]と[[オイン>オイン(ファリンの息子グローインの息子)]]も含まれていた)
[[グローイン>グローイン(グローインの息子)]]によると、バーリンには失われた[[七つの指輪]]の一つを見つけたいという目論見もあったという。

バーリンの一党は2989年にモリアに入ってそこを占拠していた[[オーク]]を駆逐、一時はバーリンが''モリアの領主''を名乗るほど順調に復興を進める。だが新手のオークの襲来によって一党は窮地に陥り、バーリンは2994年11月10日に[[おぼろ谷]]へ[[鏡の湖]]を覗きに出かけた際、オークに射殺されて非業の死を遂げた。その遺体は[[マザルブルの間]]に設けられた墓所に葬られた。(詳細は[[マザルブルの書]]を参照のこと)
バーリンの一党は2989年にモリアに入ってそこを占拠していた[[オーク]]を駆逐、一時はバーリンが''モリアの領主''を名乗るほど順調に復興を進める。だが新手のオークの襲来によって一党は窮地に陥り、バーリンは2994年11月10日に[[おぼろ谷]]へ[[鏡の湖]]を覗きに出かけた際、オークに射殺されて非業の死を遂げた。その遺体は[[マザルブルの間]]に設けられた墓所に葬られた(詳細は[[マザルブルの書]]を参照のこと)。
これらの顛末は[[大いなる年]]の3019年1月15日に[[指輪の仲間]]がモリアに潜入してバーリンの墓を発見するまで、外部の者には不明のままだった。

[[ビルボ]]は[[別れの宴>ビルボの別れの宴]](3001年)で[[ホビット庄]]を離れた後、一度エレボールまで旅をしているが、その時すでにバーリンはモリアで行方不明となっていたため、ビルボとバーリンの再会は果たせなかった。

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

[[ギムリ]]には"cousin"と表現されており「いとこ」と訳されているが、「親類」などとすべきものの誤訳。
バーリンが[[モリア]]で音信不通になっている経緯などは省略されており、ギムリは(原作とは異なり)モリアでバーリンに出会えると確信していた。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|[[ケン・ストット]]|
|~日本語吹き替え|[[稲垣隆史]]|
#amazon(B00BN11NL0)
#amazon(B00BN11POK)
原作では、[[トーリン>トーリン二世]]より17歳年下だが、映画ではトーリンよりも年上に描かれている。トーリンの老家臣的な立場として、助言などを行っている。また、短気な者が多い仲間たちを諌める役割も担っている。
かつて[[スロール]]が囚われた黄金に対する執着を直接見ており、トーリンも同じ事になる([[スマウグ]]の黄金病にとりつかれる)のではないかと懸念するようになる。トーリンは彼自身もそんな祖父の暗部を見ていたため、自分はそうならないと否定していたが、結果的にはバーリンの懸念通りになってしまった(『思いがけない冒険』[[エクステンデッド・エディション]]では、同様の懸念を[[エルロンド]]も示している場面がある)。

『決戦のゆくえ』[[エクステンデッド・エディション]]では、[[五軍の合戦]]で[[フィーリ]]、[[キーリ]]、[[ドワーリン]]と共に山羊が引く戦車に乗って、[[アゾグ]]の元へ向かう[[トーリン>トーリン二世]]を追う。だが[[ワーグ]]の攻撃で戦車を引く山羊を次々と失ったため、ドワーリン達を残った山羊に乗せて行かせ、自分は戦車に残り、戦車に搭載された連弩で追ってくる敵を引き受けた。
下記画像左手。

&ref(balin_dwalin.jpg,,50%,バーリン(左)とドワーリン(右));

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

&ref(ScreenShot00185.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるバーリンとドワーリン(五軍の合戦前));  &ref(ScreenShot00031.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるバーリンの墓石);

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   編集編集 差分差分 バックアップバックアップ 添付添付 複製複製 名前変更名前変更 リロードリロード   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS