* &ruby(なか){中};つ&ruby(くに){国}; [#p58252c0]
#contents

** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Middle-earth|
|~異訳|ミドルアース|
|~その他の呼び名|エンドール(Endor) &br; エンドーレ(Endórë) &br; エンノール(Ennor) &br; &ruby(しがん){此岸};(Hither Lands) &br; 外なる地(Outer Lands)|

** 解説 [#Explanation]

[[アルダ(地球)>アルダ]]の中央にある大地。[[大海]]を隔てた西には[[アマン(至福の国)>アマン]]があり、東の海を隔てた東には[[太陽の地]]がある。
「中の陸地」(Middle Land)を意味する[[クウェンヤ]]の''エンドール''または''エンノーレ''、[[シンダール語]]の''エンノール''((『[[指輪物語]] [[旅の仲間]] 下』 「一 数々の出会い」に登場する[[エルベレス]]の歌に、「ガラズレムミン エンノラス」(galadhremmin ennorath)つまり「中つ国の木々織りなす地」の節がある))の[[西方語]]訳。彼岸たるアマンに対して''此岸''と呼ばれ、またその外に捨て置かれた地であることから''外なる地''とも呼ばれる。

『[[ホビットの冒険]]』及び『[[指輪物語]]』は、中つ国の北西部にある[[エリアドール]]、[[ロヴァニオン]]、[[ローハン]]、[[ゴンドール]]、[[モルドール]]といった地域が舞台。『[[シルマリルの物語]]』の舞台の中心となった[[ベレリアンド]]も中つ国北西部にあったが、ベレリアンドの大部分は、[[第一紀]]末に[[怒りの戦い]]にて崩壊、大海の下に水没してしまった。

主な地理については[[地図]]の項目を参照。

** 歴史 [#s3934896]

*** [[灯火の時代]] [#lbe083db]

中つ国は元々、[[イルーヴァタールの子ら]]の住処とするべく[[ヴァラール]]が[[アルダ]]の中央に建造した陸地だった。
[[灯火の時代]]、ヴァラールはやがて目覚める子らと共に暮らすため、中つ国の中央にあった[[アルマレンの島>アルマレン]]に住み、その南北に[[イルルイン]]と[[オルマル]]という[[二つの灯火]]を立てて世界を照らした。

だがアルダの支配を目論む[[メルコール]]は、北の果てに[[鉄山脈]]と[[ウトゥムノ]]を築き、二つの灯火を破壊。その衝撃で中つ国も大きく破壊された。
ヴァラールは、メルコールとの争いによってこれ以上中つ国が破壊されることを恐れ、[[大海]]の西にある[[アマン]]へ撤退した。これ以後、中つ国は長い間メルコールの支配下に置かれることになる。

*** [[星々の時代]] [#xd743b55]

[[アマン]]で[[ヴァラール]]は新たな光として[[二つの木]]を生み出したが、中つ国にその光は届かず、暗闇と星空の下に捨て置かれた。そのためアマンの[[二つの木の時代]]は中つ国にとっては[[星々の時代]]である。
この大半の期間、中つ国は[[ウトゥムノ]]に君臨する[[メルコール]]の事実上の支配下にあり、彼が生み出す無数の悪によって侵食されていた。

やがて中つ国の東方にあった[[クイヴィエーネン]]湖のほとりで[[エルフ]]族が目覚める。
すると、ヴァラールはメルコールの暗闇からエルフを救出するため[[力の戦い]]を起こした。この戦いで中つ国の北西部は甚だしく破壊されたが、ウトゥムノは破られ、メルコールは捕縛されてアマンへ連行された。
ヴァラールは中つ国からアマンへ移住するようエルフに勧告したが、全てのエルフがそれに応じたわけではなく、途中で旅を止めて中つ国に留まる者も多かった。(詳細は[[エルフ]]の項目を参照)
メルコールの悪もまた完全に一掃されたわけではなかったが、主人が不在の間はなりを潜めていた。そのため星空の下、中つ国に留まった[[暗闇のエルフ]]たちは比較的平穏に暮らすことができた。

しかしこの時代の終わりに、アマンで二つの木を殺害して[[シルマリル]]を奪ったメルコールが、中つ国へ逃亡してくる。帰還したメルコールは[[アングバンド]]を拠点として勢力を再建し、再び中つ国の支配を目論んだ。
[[モルゴス]]と呼ばれるようになったメルコールを追い、[[ノルドール・エルフ>ノルドール]]の大部分も中つ国に帰還してくる。かれらはモルゴスへの復讐とシルマリル奪還、そして未踏の中つ国に自由な王国を打ち立てることを目指していた。

*** [[太陽の第一紀>第一紀]] [#jae0d603]

[[月]]と[[太陽]]が登った後、[[人間]]も中つ国の[[ヒルドーリエン]]で誕生したが、その運命は人間自身にゆだねられた。
中つ国の[[ベレリアンド]]は[[宝玉戦争]]の舞台となり、[[エルフ]]や[[エダイン]](モルゴスに従属しなかった[[人間]])などと、モルゴスの配下の[[サウロン]]、[[バルログ]]、[[オーク]]や[[龍]]、そして[[東夷]]などモルゴスに従属する人間が戦った。
[[太陽の第一紀>第一紀]]の最後に行われた[[怒りの戦い]]でモルゴスは捕らえられたが、一方で[[サウロン]]や、[[バルログ]]、[[龍]]、[[オーク]]、[[トロル]]の一部はなおも逃げ延び、後の災厄となる。また中つ国北西部の[[ベレリアンド]]の大部分は激しい戦いによって水没し、[[エレド・ルイン]]付近が中つ国北西部の新たな西境となった。戦いの後、多くの[[ノルドール・エルフ>ノルドール]]が[[アマン]]へと戻ったが、中つ国を去りがたく思うものはなおも残った。


*** [[第二紀]] [#ff326119]

中つ国に残った[[ノルドール]]を中心とするエルフは、[[灰色港]]、[[リンドン]]、[[エレギオン]]などに住まった。一方[[ベレリアンド]]を失い、モルゴスとの戦いという苦難に耐えた[[エダイン]]には、ヴァラールから報酬として[[ヌーメノール]]の島が与えられる。大多数のエダインが、中つ国からヌーメノールへと渡った。
モルゴスの僕の中で最も力あるものだった[[サウロン]]は、中つ国で勢力を築いた。サウロンは[[エレギオン]]を滅ぼしたが、中つ国に残った[[エルフ]]や、[[ヌーメノール]]に渡った[[ドゥーネダイン]]の攻撃を受けて何度か敗北する。そして強大な勢力となったヌーメノールの捕虜となって、サウロンは中つ国から連れ去られた。その間中つ国は一時の平和を享受したが、サウロンの甘言によってヌーメノール人は、節を獲得しようと[[アマン]]を攻撃したため、[[イルーヴァタール]]の手によって世界は作り替えられ、[[ヌーメノール]]は海底へと沈み、アマンは世界の圏外、[[まっすぐの道]]を通らないと辿り着けない場所に移され、世界は球体に作り替えられた。
ヌーメノールと共に滅びたサウロンは、その霊魂が中つ国に戻ってきて再び形を取り、[[モルドール]]を拠点とするようになる。そして、ヌーメノールの破滅を逃れて[[亡国の民の王国]]を築いた人間と、中つ国に残っていたエルフは[[最後の同盟]]を結び、サウロンと戦う。その結果サウロンは敗れたが、その力の源である[[一つの指輪]]は破壊されずに残った。

*** [[第三紀]]以降 [#vb2d68d8]

[[一つの指輪]]が破壊されなかったためサウロンは復活し、[[ドル・グルドゥア]]や[[モルドール]]などを拠点として再び勢力を拡大した。
[[亡国の民の王国]]のうち、[[北方王国]][[アルノール]]は分裂し、やがてサウロンの意思の元[[アングマール]]に現れた[[魔王]]によって滅ぼされる。以後北方の[[ドゥーネダイン]]は荒野をさすらう[[野伏]]となり、[[エリアドール]]の人口は大きく減って、生き残った人々は細々と自治を続けた。
一方[[南方王国]]の[[ゴンドール]]は、一時はかつての[[ヌーメノール]]を想起させるほどに勢力を拡大したが、戦乱や疫病によって次第に国力は衰え、やがて[[モルドール]]に帰還したサウロンとの戦いが始まる。最終的にサウロンが滅びたのは[[第三紀]]末、[[指輪戦争]]が起こり、[[一つの指輪]]が破壊されてからである。
サウロンが滅び、[[指輪所持者]]が中つ国を去って[[第四紀]]に入っても、中つ国の東方や南方にはサウロンの勢力の残党が残っており、なお戦いは続いたが、中つ国北西部は西方の王こと[[エレスサール王>アラゴルン二世]]によって平定され、平和を獲得した。
中つ国には、[[灰色港]]や[[裂け谷]]、[[闇の森]]、[[ロスローリエン]]などに[[エルフ]]が残っていたが、彼らは次々と[[アマン]]へと去っていったため、エルフと人間の運命は隔てられた。また他の種族も衰退していったことにより、次第に中つ国は人間の世界となっていった。

** 現実の地理との関係 [#x1fde2e9]

[[ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン]]は、『[[ホビットの冒険]]』『[[指輪物語]]』『[[シルマリルの物語]]』を「有史以前の地球の物語」と想定しているため、中つ国は現在のユーラシア、アフリカ大陸にあたる。
その中で、[[ホビット庄]]はトールキンの故国であるイギリスと緯度、経度が同じように設定されている。またトールキンは、[[ゴンドール]]の[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]はベネツィアに相当し、[[ペラルギア]]はコンスタンティノープルに相当すると発言したことがある。

*** 名称について [#c7a23f76]

Middle-earthという言葉については、古英語で「中の地」(世界、大地、人間の世界)を意味するmiddanġeard、北欧神話の[[Midgard>Wikipedia:ミズガルズ]]などに由来している。
日本語訳の「中つ国」は、古事記に登場する[[&ruby(あしはらのなかつくに){芦原中国};>Wikipedia:葦原中国]]という言葉を由来としている。だが、一部の資料ではそのまま「ミドルアース」と片仮名表記されることもある。

** グッズ [#Goods]

#amazon(B009ZBBAUO)
#amazon(B00BAVSW4O)
#amazon(B00BJKGBZS)
#amazon(B00CPK57JC)
#amazon(B00J8V4ZP8)

** 画像 [#rec7662a]

&ref(Middle-earth_ICE.jpg,,25%,Iron Crown Enterprisesによる中つ国全土地図(北西部以外はICEの独自設定));

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)

トップトップ   新規新規 一覧一覧 単語検索単語検索 最終更新最終更新   ヘルプヘルプ   最終更新のRSS最終更新のRSS